朝、という記事を書きましたが、まだまだあるな~と感じたので後3つ書いておきます。

FullSizeRender
道の駅で。センニチコウとキキョウ。
忙しいときこそ、花を買って元気をもらいます。
自分が管理できる花を選ぶのも重要なポイント。





1.お昼ご飯は手を抜く

夏休みに入って大変なのがお昼ご飯。

朝も、昼も、夜も、しっかり準備していては大変です。

分かってはいても、なかなか手を抜けずにいました^^;

私にとって一番の大事なことは‟機嫌よくいること”。
幼い子どもが3人いて、お昼ご飯もきちんと作って、機嫌よくいるなんて、私にできません!子どもたちもイライラして作ってもらうより、ご機嫌な方がいいよね☆

そのためには、お昼の一食はラクに考えようと決めました。

・カップラーメン
・レトルトカレー
・おにぎり
・ピザ
・ホットケーキ
(ホットケーキは絶対に子どもが参加するのでレベル高いです(笑))

こんなメニューが多かったです。


そうそう、中でも人気だったのがフライドポテト!子どもたちも何度もリピート♪
もちろんこの日のお昼のメニューはこれだけ!

作り方は

①じゃがいもを切り、油の中に入れる。(まだ火はつけない)
IMG_6131

②火をつける。(色づいてくるまでは火は強目で大丈夫)
IMG_6132

③たまに混ぜながら色づきをみる。あともう一歩。
IMG_6134

④きつね色になったら揚げる。(わが家はキッチンペーパーの上に乗せます)
IMG_6135

ののじオタモが大活躍!

⑤好みで塩をかける。(かけすぎに注意!)
IMG_5590
出来上がりの写真だけ取り忘れ、少し前の写真です^^;
コレは皮つき。でも子どもたちは皮はない方が好きです。





揚げ物といっても、油の中にじゃがいもを入れておけるので、午前中①の状態まで用意して出かけ、お昼に帰ってきて火をつけるとラクです!

ただたくさん食べるので2回は揚げます^^;


冷凍の揚げ物も、同じように火をつける前に食材を入れると、焦げずに中までしっかり火が通り、上手に揚がりますよ~^^





2.子どもがいてもパソコンを開く

子どもがいる時間には自分の好きなことはしない!と決めてしまうと、日中はパソコンを開けなくなってしまいます。

それを1か月以上も続けるなんて私には無理!

ストレスをためないためにも、‟2歳の次男がお昼寝している間は自分の好きなことをする時間!”と割り切りました。

子どもたちはその間、折り紙やおもちゃ、ゲームやテレビなど。





3.ゲーム&テレビも大目に見る

折り紙やおもちゃに夢中になり、テレビを一分も見ずに過ごせる日もあれば、そうでない日もあります。

子どもがゲームやテレビを見ている時間って、部屋も散らからないし、子どもも動かない(笑)

親にとっても少しホッとする時間です。


テレビにお守りをさせるな!とはよく言われますが、ワンオペ育児でそれをきっちり守っていたら、自分が壊れてしまいます。

夏休みだけ!と決めて、テレビやゲームの時間が長くても、目をつぶることにしました。





他にも

他にも、機嫌よく過ごせた理由として、

・晩御飯をパターン化している
・ドラム式以外にも家電に頼っている
(食洗機・ルンバ)
・早寝早起きして一人の時間を持つ

考えたらきりがありません。




おわりに

私が今年だいぶ機嫌よく過ごせたのは、これら少しずつの要素がいくつも重なっていると感じます。

一つ一つのことは小さくても、それが合わされば大きなものとなります。


反対に、機嫌よく過ごせない場合も、理由は小さなことの積み重ねかもしれません。

それを一つずつ取り除いていくことで状況は変わっていくはずです。


家事をしながら子どもをみるのは大変なことですが、じゃあずっと子どもの相手ができるかというとそうではありません。(私は(笑))

だからこそ家事を簡略化したり、人に頼ったり、家電を上手く利用したりして、ご機嫌に過ごしたいものです^^




こちらもどうぞ:








お読みいただきありがとうございました(*´▽`*)

にほんブログ村