毎日の暮らしはこんなにラクになる!私が実践している方法5つ

子育てで、一番大変な時期は乗り越えたと思っていますが。

小学1年生・幼稚園年中・未就園児の3人がいる我が家はまだまだ大忙し!

子どもの成長も大きいですが、私自身も随分考えが変わり、毎日をラクに過ごせるようになりました^^

何事も自分が行動するのが一番早い!

今日は、私がやっている毎日をラクに過ごす方法を紹介します♪

1 自分が本当にやりたいことを書き出す

私が毎日やりたいことは2つだけ。

  1. なるべく穏やかに家族と関わること
  2. ティータイムや読書など好きなことをすること(最近はブログを書くこと!)

そのため、家事などしなければならないことはなるべく最低限に、短い時間に終えたいと思っています。


2 しなくていいことを見つける

・凝った料理
・手作りのおやつ
・毎日の散歩
・ママ友と頻繁にランチ
・テレビ鑑賞
・寝かしつけ後のコーヒータイム
・念入りな化粧
・毎日違う服を着ること
・頻繁な食材の買い物…

どれも、以前の私がやっていたことです。

しかし、本当にやりたいこと以外のこれらは、本当にしなくちゃいけないこと?

しなくていいことをリストアップするのは効果大です!

あれもしなきゃこれもしなきゃという考えから、これはしなくていい!という発想へ。思い切って毎日の生活から省いてしまいましょう!

3 家のものは必要十分な量にする

家具、洋服、食器、おもちゃ、どれも多いだけで家事が増えます

ものを持つということ=管理するということ

手入れや維持などそれだけ手間がかかります。

持たなければその手間自体がなくなり、その時間を好きなことに使えます。掃除も簡単♪

4 毎日必ずすることは紙に書いてルーティーン化する

脳は、次は何するんだっけ?と考えるだけで、エネルギーを消耗してしまうそうです。

余計なことにエネルギーを使うのはやめましょう。

毎日やることは、紙に書いて貼っておけば、後はそれを見て淡々とこなすだけ。

私が一日の中で一番忙しいのは朝。一度すべきことを紙に書いて整理しました。
キッチンに貼っています。順番にこなしていけば、忘れることもありません。

5 家電に頼る!

転勤族、ワンオペ育児。頼る人がいなかったら家電に頼りましょう!(もし頼れる人がいたらどんどん頼りましょう。きっと大変なのも今だけ。)

中でも大変なのが洗濯。

出るわ出るわ大量の洗濯物、一日も休むことができません。
洗濯機を回したはいいものの干すのも一苦労。
干してる最中に次男坊がいたずら…。
干し終える頃には昼前、ああもうお昼ご飯、お昼寝、今日も出かけられなかった…。

それが、ドラム式洗濯機を買ったら一変!

干さなくていいし、天気も花粉も関係ない。あの苦労はなんだったのか…。

午前中のお出かけがスムーズになりました。
朝のイライラが激減しました。

実は1ヶ月半前に購入しました。
ブログが書けるのもこのおかげ!

そして、毎日の掃除機かけはルンバ君にお任せ♪

ルンバ君が動き出したら私も自然と片付けのスイッチが入ります。
帰宅したらきれいになっていて気持ちも爽快!

たまに途中で止まっていることもあるけれど、我が家の働き者です(*´▽`*)

食器も食洗機に入れればピカピカツルツル。

大ざっぱな主人でも仕上がりは同じです♪長年悩んでいた手荒れもおさまりました。

家電はお金がかかると思うかもしれませんが、自分にとって何が大切なのか。

・必要なものにお金をかけ、必要ないものは買わない。
・優先順位の高いものにお金をかける

少し見直すだけで家計はうんと変わります。

家電は今の私になくてはならないもの。とても満足度の高い買い物でした。

おわりに

以上、毎日が以前よりラクになった、私が実践してることでした。

みなさんの暮らしが少しでもラクになりますように^^

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。