わが家の工夫・対応策

子どもはよく分かってる!?「本当に優しいママ」とは?

「テレビばっかり見ちゃだめよ(ゲームばっかりしちゃだめよ)!」

「おやつ食べすぎ!」

子どもたちに何度も何度も同じようなことを言って、子どもたちは親がどんな気持ちで言ってるかなんて、ちっとも分かっていないんだろうな~?

そう思っていませんか?

私もつい最近までそうでした。

しかし、子どもたちに"ある質問"をしてみることで、何がよくて何が悪いか、意外と分かってるんだ~!と思ったことがありました。

「本当に優しいママ」について考えてみたいと思います。


「ず~っとユーチューブ見ていいよ!」それって本当に優しいママ?

昨年度の冬休み、当時年少だった次男は、マイコプラズマ肺炎になりました。

なかなか熱が下がらず、なるべくゆっくり寝かせたかったため、上の子二人には多くの時間をテレビを観て過ごしてもらいました(大半はユーチューブ)。

よくないな~と思いつつも、冬休み中の期間限定だったため「まいっか」と思いながら。

そんなとき、ふと「もしママが、ず~っとユーチューブみていいよ!って言ったら、どう?それって優しいママかなあ?」と上の子二人に聞いてみました(当時長女小2、長男年長)。

すると、二人とも即答で「ダメー!優しいママじゃない」と。

「え、どうして?ユーチューブ大好きでしょう?ず~っとみていいよ!って言ったら嬉しくないの?」と聞くと、「だって目が悪くなるもん」と。

子どもたち、ユーチューブ(テレビ)を観るのは大好きで、こちらが何も言わないと永遠に見続けますが…

ずっと観るのはよくないと分かっていて、「ずっとみていいよ!」と言われるのは、それはそれで困惑!?するようです!

そして、そんなふうに言うママ(親)が本当に優しいママではないことは理解しているようです!

「おやつ、い~っぱい食べていいよ!」それって本当に優しいママ?

上記の質問をして、「面白いな~(子どもって意外と分かってるんだ~)」と思った私は、もう一つ質問をしてみました(私も意地悪ですね~)!

それが「おやつ、い~っぱい食べていいよ!っていうママって本当に優しいママかな?」という質問です。

すると、子どもたちは、この質問にも首を振り、「優しいママじゃない!」と言うのです。

私はさらに「ママが、チョコも、アメも、ポテトチップスも、お腹いっぱい食べていいよ!って言ったら嬉しくないの?」と言ってみました(どこまでも意地悪な私)。

すると、子どもたちは、やっぱりそれは「本当に優しいママじゃない」と言い、「(おやつ食べ過ぎたら)虫歯になる」とか「ご飯が入らなくなる」などと、理由もちゃんと分かっていました。


おわりに

子どもたちは、いつもいつも親の言うことを聞くわけではありません(聞かない方が多いですよね!笑)。

たまに「本当にこっち(親の)気持ち分かってんの!?」と思うこともあります。

そんなとき、子どもたちに「〇〇って本当に優しいママかな?」と聞いてみると、発見があるかもしれません。

わが子は、今も、テレビ大好き!おやつ大好き!

しかし、

  • 「テレビを観過ぎるのはよくない」
  • 「おやつを食べ過ぎるのはよくない」

そんな共通認識があるだけで、対応の仕方(関り方・声掛けの仕方)が変わってきます。

(言うことを聞くか聞かないかは別として)子どもたちが「何がよくて何が悪いのか」理解していることを知るだけで、親として、少し冷静になり、大目に見ることができます

子どもが本当はどう思ってるか、意外な発見があるので、ぜひお子さんに質問してみてください☆

 

コロナによる長引く休校で、親のストレスも増えると思います。

テレビの時間は普段より(学校があっている時より)長めですが、長時間はみせません。

理由は、子どもたちもちゃんと分かっています(十分な理解があるわけではないかもしれませんが)。

ちゃんと話し合って、テレビやゲームの時間を設定したいですね。

ちなみにわが家は、15:30~17:30が家で遊ぶ時間で、その時間はテレビOK(観ても観なくてもよい)の時間です(土日は特に決めていません)。たまにそれ以外にもOKとすることがありますが、午前中はテレビはつけないようにしています(私がニュース等を観ることはあります。ただし、勉強時間等はつけません)。

また、ユーチューブに関しては、少し前に話して、子どもたち自身で「土日限定にする」と決めました。

子供とインターネット|990円を失って学んだネットの怖さ"子どもがインターネットに触れずに、これからを生きていく。" きっと、そんなことは難しいでしょう。 ならば、親としてできるこ...

テレビを観てくれている時間は、親にとってリラックスタイムでもあります(笑)(この記事も、テレビを観ている横で書いています♪)

試行錯誤しながら、自分の家庭に合ったやり方を見つけていきたいですね!

長引く休校…子供三人、わが家の一日の過ごし方新型コロナウイルスが猛威を振るい、全く終息の目処がつきません。 私が住んでいる福岡でも、緊急事態宣言が出ました。 2020年...

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#保存食 として買っておいたごはん。片付けをしていてよくみたら、一年前に賞味期限が切れてました😂たまに見直すことって大切ですね!
#さらしたまねぎ 。子どもたちに、かつおぶしとポン酢(わが家は#かけぽん )をかけて食べる食べ方を教えたら、すごーく美味しかったようで、3人ともおかわりしてました。海苔を乗せても美味しいけれど、それはまた今度♪
今年、小学生3人になったわが家。まだ一年生は帰りが早く、下校時間が三人一緒のことはなかったのですが、先日歓迎遠足があり、その日は初めてみんな下校時間が一緒。姉の号令のもと、運動場で待ち合わせをし、三人一緒に帰ってきました。姉曰く「めっちゃ楽しかった!」と。高学年になると、きょうだいで帰りたがらない、という話を聞くこともますが、まだそれはないよう笑 今日もなぜか全校4時間で帰ってくるので、朝、待ち合わせ場所を確認してました笑(写真は下校時ではなく、習い事の帰りです)家ではしょっちゅうケンカもしてますが、3人楽しく帰ってきてくれるのは嬉しいことです。#さんにんきょうだい
たまたまテレビをつけたら気になる番組が。本当に教員の仕事量はハンパないと思います。親になり改めて先生の存在って大きいなぁと思うので(勉強のこと、友達関係のこと…先生から学んくることいっぱい)、本当に先生たちが働きやすい環境であることを願います。
子どもたち三人それぞれ一学年ずつ上がり、三番目の次男は小一に☺️楽しく通っています。お姉ちゃんお兄ちゃんの存在も大きく、私も頼りにしています(お姉ちゃんが毎日靴箱まで送ってくれてるようです)。「全部好き!(どの教科の学習も好き)」「給食楽しみ!」「お友達できたよ〜」幼稚園同様何ごとも生き生きと活動しています。まだまだ赤ちゃんみたいなところもあるし笑、言うこと聞かないし笑、数日前は帰ってこないなーと思ったら運動場で遊んでるし笑(それについてはしっかり話をして、途中何かあったのかと心配になるからやめようと話をすると、翌日はちゃんと帰ってきました!)で相変わらずやんちゃな次男ですが、話題に事欠くことなく日々を送れることに感謝です。時間割も一生懸命やって、新しいことをどんどん学んでいく姿は頼もしいです。私自身も、幼い下の子がいる一人目の時よりもだいぶ落ち着いて時間割等みれます。
金曜日に熊本から福岡へ戻ってきました(夫は仕事のため先に新幹線で)。夫は仕事のため、私だけで大量の荷物を部屋まで運ぶのが憂鬱だなーと思っていたのですが、子どもたちが玄関までカート?を取りに行ってくれ運んでくれたので助かりました。いつの間にか大きくなってるんですねー。荷物の片付け中は子どもたちはずーっとテレビ観てましたが笑、私は途中でお菓子など食べながらゆっくり片付けました。「片付けて!」と言うと片付けない子どもたちにイライラするので笑、言わなくて正解でした笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です