GW初日だった28日、家族で大分へ行き、別府の温泉に入りました。

その時の記事:


男性・女性に別れ、私は娘と二人で入浴。


今日はそのとき感じたことについて書きます。





娘と二人で温泉に入って

主人・長男・次男と別れ、娘と二人「次はこっちに入ろう♪」「あっちに行ってくるね♪」とただただ楽しい時間でした。


二人になるとなーんにも怒ることなんてありません。
仮に何かあっても言えば分かります。





でも日常は...

それが3人になると・・・

・やることは多い
・余裕がなくなる
・子どもたちもパワーアップする(笑)

2歳の次男がこれはこれは元気いっぱいで^^;!!!

 IMG_3722
自分で椅子を持っていって水遊び。


はじめはどうにか他のことで気を紛らわそうと私も頑張っていましたが、もう諦めました…"(-""-)"


2日に1回はやっています。
いつまで続くのやら・・・


IMG_3721
家事をしていたらいつの間にかこれ…。(T_T)
散らばっているのはマスク。押し入れの枕棚に置いていたのに…2歳児の仕業。


IMG_3941
障子もビリビリ・・・(T_T) 怪獣さんです。





娘を見ていて思うこと

娘は今年から一年生になりましたが、何かにつけ気になるのは一番上の子ども。


そういう意味では子どもが2人、3人と増えても育児の大変さは2倍、3倍とはならないなと感じています。


少々激しい(と思っていた)娘。


・すねたり、ちょっとでも嫌なことがあると不機嫌。
・たまに物を投げる。(学校などではしませんが)


イライラしている自分を見ているようで、きっと気になってしまうんだと思います。


「もっとこうすればよかった。」「どうしてあんなことで怒ってしまってたんだろう。」と考えることは今でもあります。
(考え方をシンプルにといっておきながら子育てのことに関してだけはやっぱりたまにあります)


下の子たちがぐずっていてもうまく受け流している自分を見て、前はどうしてあんなに本気になっていたのかと・・・。


たぶん求めすぎていたんだと思います。


一人目の子どもでも穏やかに上手に関わっているお母さんをみると本当にすごいなと思います。


でも過ぎたことは戻りません。


育児はいつからでもやり直せる」という言葉を信じて、自分自身の関わり方を改めています。





娘がいたから今の私がある

一番気にかかるのは娘ですが、一番私を成長させてくれたのも娘。


きっと育児が順風満帆で悩みなどほとんどなかったら、こんなに自分自身について省みることもなかったと思います。


今こうしてブログを書いていることもなかったでしょう。


子どもときちんと向き合いたいと‟片付け”や‟家事の簡素化”に取り組むこともなかったかもしれません。





おわりに

こう考えると何がよくて何が悪いか分からなくなってきますが、娘は私に“もっと機嫌よく、ラクに生きなさい”ということを教えくれているのだと思います^^


私と子ども、一対一になると気づく子どもの成長。


なかなか難しいけれどこういう機会も時々必要だなと思った出来事でした。






こちらもどうぞ:










お読みいただき、どうもありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村