子どもとの関わり方

親と子どもの理想的な関係は?

子どもを生み、しばらくすると、「親と子どもの理想的な関係ってどんなのだろう?」と考えたことはありませんか?

私も一時はあれこれ悩み、(よりよい親であるためには)一体どう接すればいいんだろう?どんな声掛けがいいんだろう?と考えたこともあります。

今回は、親と子どもの理想的な関係について、私の考えを書いてみたいと思います。


「これ」という答えはない!

タイトルに「親と子どもの理想的な関係は?」と書いておきながら、"答えはない"と述べましたが、これが最近の私の考えです。

なぜなら、親の性格もそれぞれ違う、子どもの性格ももちろん違う。

どんな関係性がいいのかなんて、一概に決めることはできないのだと思います。

  • 親は親、子どもは子ども、と、きっちり一線を引いた関係
  • 「友達親子」と言われるような仲のよい関係…

どのような形であっても、親と子どもが本当の意味で幸せに生きていけたら、結局は何だっていいのではないでしょうか?

以前は、「よい親でいなくちゃ」という考えに囚われ、理想の関係について考えすぎていたのかもしれません。

唯一、「会話できる」関係でいたい

では、親と子がどんな関係であってもいいかというと、そうではありません。

いろんな形はあったとしても、唯一「会話できる関係でいたい」と思っています。

  • 学校であったこと
  • 給食のこと
  • 友達や先生のこと
  • テレビやゲームのこと
  • 週末の予定のこと…

そんな他愛のないことを普段から会話できる、そんな関係でいたいと思っています。

普段から何気ない会話をしておくことで、困った時、悩んだときなど、話もできるのではないでしょうか。


親と子どもがスムーズに会話をするために

親と子どもがスムーズに会話をするために、一体どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

それには、「子どもなんだから」と子どもを下に見るわけでもなく、
「私のことはいいから」と自分を蔑むのではなく、
大人でも子どもでも、一人の人間として対等に話をすることが大切だと思います。

子どもとしゃべる=会話 ではありません。

子どもを対等に扱わないと、会話をしているようで、それは"命令"や"指示"になってしまうかもしれません(今思うと、一人目育児の時はこんなふうになっていました…。だから何だかうまくいかないなーと思っていました)。

子どもを、自分と対等な人間と思えるようになると、子育ては随分ラクになるなあと感じています。

おわりに

「親と子どもの理想的な関係」について、私の考えを書きました。

子どもとの何気ない会話って、本当に楽しいものです。

ある日の会話・・・

子:「ねえママ~今日の給食おいしかった!」
母:「何だったの?」
子:「え~っとね、〇〇が入ってて、△△で~」
母:献立表を見ながらメニューを確認する。
子:「今度作って~!」
母:「おっけ~☆」
先日は、長女も長男も『高野豆腐の卵とじ』がすごく美味しかったと言っていました!渋いな!

はたまた、

母:新しく買った服を着てみて、子どもたちの前に立って「どう?」
子:「似合う~」
と言わせてみたり(笑)

思春期になったら口をきかなくなるのかもしれませんが、それはその時にまた考えるとして、今は子どもたちと、家族と、会話を楽しみたいな~と思います☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

親子の会話|子供が気軽に相談できるよう、親ができることとは?親子の会話において、子供が気軽に相談できるようにするため、親が気を付けたいことについて書きました。些細なことですが、その積み重ねがよい親子関係を築いていくと考えています。...
頑張りすぎないでいい!子育てで大切にしたいたった一つのこと子育ては、頑張りすぎないほうが上手くいく!たくさんの失敗をして、今はそう思うようになりました。子育ての経験、また教員時代の経験をもとに、子育てに一番大切なことは何か考えます。...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#小二の長男 、ハサミを使って魚の内臓を取り出すなど下処理をしているのにびっくり!(私も基本しません)週末は夫と息子が料理することが多く私は別のことをしていますが、いつの間にかこんなことができるようになってたんですねぇ。夫、息子と料理ができて何よりだと思います。ちなみに夫と娘と長男は朝4時半に起きて朝釣りに行ってきました。私と次男は寝てました。
#カレーライス 。スイミングを習っていたときは帰ってすぐ食べられるように毎週カレーライスでした。夏休みは毎日大変なのでまたそれくらいのペースでカレーでもいいな〜と思います。#夏休みは大変 #夏休みはカレー
いつかのお弁当。この日は娘が社会見学の日で、夫・次男・娘三人分でした。海苔で作ったのは「誰?」って感じですね笑#子どものお弁当
子どもたちの大好きなカボチャスープの日。
#年長の次男 、今年は#せみとり に夢中です。意外にも、都会にも蝉っているんだ〜と思います笑 ブログを書こうと思いつつ、四六時中子どもたちがいるのでなかなかパソコンを開くタイミングがなく。あー夏休みって大変!早く二学期始まらないかな〜
#年長の次男 が#カンピロバクター食中毒 になり、次男はおかゆとうどんを食べることが多かったです。みんなで「たまにはうどんもいいね〜」と先週末の晩御飯は#肉ごぼ天うどん (使いそびれていた豆腐も一緒に揚げて)。家で作るうどん、好きな具材を好きなだけ乗せられるのでなかなかいいです。ちなみに実家のうどんはプラス海老天なども入っていてとても豪華です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です