子どもとの関わり方

「無ければ作る!!」子どもたちにはそんな価値観を伝えたい!

昨日土曜日、家で晩御飯を食べていた時のこと。

ひと段落ついて、お酒を飲んでいた夫が「ポテトチップスある?」と聞きました。(お酒のつまみにするため。)

夫は度々買ってくるのですが、私&子どもで食べたため残っていませんでした♪
毎度のことなので、夫は何もいいません(笑)

そして、その後の子どもの行動に、親として「こんなふうに育っていってほしいな」と感じました。


ないなら作る!それだけのこと

「(ポテトチップス)ないねー」と言っていると…

2年生の娘が「なら作る!作ってもいい?」と言い出しました。

夜8時過ぎでしたが、土曜日ということもあり、私は「いいよー」としぶしぶOKしました。(晩御飯に揚げ物をしたので、準備が簡単だったということもあります)

年長の長男も一緒に、二人でポテトチップス作りをはじめました♪

(わが家はフライドポテトをよく作り、「ポテトチップスも手作りできるんだよ~」という話はしたことがありました。)

▼フライドポテトについてはこの記事に書いています。

私が夏休みを機嫌よく過ごせるようになった10個の理由こんにちはミモザです^^ 長い長い夏休みが、もうすぐ終わりますね。 といっても娘の小学校は今週から4時間授業。 ああや...

 

スライサーでスライスしたじゃがいもを油にいれて。
なかなかいい感じ♪

しばらくすると・・・
おお!こんがりいい色!そしてポテトチップスになってる!

ののじおたもですくって、しっかり油をきって。
娘、なかなかいい手つき♪※お皿に新聞紙&キッチンペーパーをひいたのも子どもたち

 

 

簡単なアドバイスと、子どもに危ない作業だけは私がやり、ポテトチップスが完成しました!
家族みんなで美味しく食べました!ちょっと塩が多かったね~くっついてるね~などと言いながら^^

はじめは、正直、今から料理するのやめてよ~!と思ったのですが…

子どもたちの「(ポテトチップスが)ないなら作る!」という発想に、私も夫も、そういうことを大事にしてほしいなあと思いました。

翌朝もまた、ポテトチップスづくり

娘は、今朝も自分でじゃがいもを取り出し、ポテトチップスづくりをはじめました。

スライサーでスライスして
安全に気を付けながら、全部自分でやりました。

昨日の、「じゃがいも同士がくっついてしまう」という反省点をふまえ、一枚一枚入れていました。
途中「ママは箸で(くっつかないように)混ぜて」という依頼を受けました(笑)

しかし、昨日以上にくっついたという…
混ぜすぎはよくないよう…でも美味しかった☆

その後、少し残っていたじゃがいもを水にさらすと、揚げてもくっつかなかったので、入れる量が関係してるのか、でんぷんが関係してるのか…上手に作れる方法を子どもたちと模索してみます。

できたら記事にします☆


私も夫も、普段から家で料理をしている

私も夫も、食べることが大好きで、料理に関しては、親が家で作っている姿を子どもたちもよく見ていると思います。

外食で美味しいものを食べたときも、まず「家でつくれないか?」を考えます。

だからこそ、子どもたちも「やってみよう」と思ったのかもしれません。

世界の狭い子どもたちにとって、親の影響は大きいです。

料理を好きになってほしいなあという思いから、興味をもったことは、なるべくやらせてきました。
いやあ、片付けのことなどを考えると、やってもらわないほうがラクです…(-_-;)
しかし、それでは「料理を好きになって」と言っても無理だろうなあと、どうにかやってきました…。
もちろんスムーズにいくことなんてなく、イライラすることも多かったです(笑)

「ないから無理」ではなく「ないならないで何かやってみる」

親として、できるだけそんな姿を、子どもには見せていきたいと思いました。

おわりに

現代は、ものに溢れ、子どもたちも「あって当たり前」という環境に慣れているのかもしれません。

しかし、今回のポテトチップスづくりのように、一から何かをつくるという行動は、創造力をかき立てられ、あれこれ試行錯誤し、子どもは本来ワクワクするものです。(親は大変かもしれませんが)

親として、与えることばかりを考えるのでなく、

「ないこと」「足りないこと」から”何かを生み出す”楽しみも伝えていきたいと思いました。

 

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

POSTED COMMENT

  1. さとりん より:

    ないならないで作る、とってもいいですね^^
    我が家も幼稚園のジャガイモ掘りで
    今ジャガイモがたくさんなので作ってみたいと思いました!
    手作りのポテトチップス、おいしいですよね!!

    • ミモザ より:

      さとりんさんも、ポテトチップスを手作りした経験があるんですね!!
      普段買って食べるものを自分で作ったという経験や、作ったもので家族が喜んでくれたという経験は、子どもの意欲をさらにかき立てますね☆
      自分たちで堀ったジャガイモを使ってのポテトチップス作り、最高ですね(≧▽≦)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です