みなさんは、家の中にある全てのモノに定位置を決めていますか?

私は、一つ残らず全部決めているかというと、そうではありません(汗)
(特に子ども関係のものは、子どもの成長に伴い収納場所を変えていく必要があるので、まだ試行錯誤中のものもあります)

それはひとまず置いておいて。


今日は、モノの定位置が決まっていてよかった!と思ったことについて書きます。




5才の長男も分かる!

毎週水曜日の生協(グリーンコープ)の配達。

8000円の予算内ギリギリまで注文しているので、毎回品物は結構な量になります。

一階まで取りに行きますが、いつも一度では持ちきれず、3回ほど往復することに。
(牛乳、卵、調味料、加工品はほぼ生協に頼んでいます)


普段は幼稚園に通っている長男も、先週の配達時は春休み中で家にいました。

すると、私が一階と玄関を行き来する間に、玄関に置いた配達品をどんどん所定の場所にしまっていました!


卵は卵ポケットに。
FullSizeRender
この一手間が、主婦にはとても助かる!


りんごは野菜室に。
FullSizeRender
おお、分かってるじゃん!


醤油はキッチンの引き出しに。
FullSizeRender
母もビックリ!



普段、お手伝いを頻繁にするわけではありませんが。

定位置が決まっているというのは、子どもにも単純明快!

迷うことなくしまえるのだと感じました。






3歳の次男も分かる!

最近、お風呂からスムーズに上がることはなく、しばらく一人で水遊びを楽しむ次男。
(私はキッチンで料理をしながら、たまに様子を見に行きます。わが家は、お風呂→晩御飯です。)


先日、いつものように様子を見に行くと…

すっぽんぽんで脱衣所の洗面台(ボールの部分)に立っているではありませんか(゚д゚)!
※写真はありません(笑)

そして、買ってあったデンタルフロスの袋を開け、中身を所定の場所入れているのです!
FullSizeRender
これ、次男が入れたものです。
(わが家は、手頃なものを使い捨てしています)


普段はいろいろやらかしてくれる次男ですが(笑)

幼い子どもでも、日常の中で視覚的にモノの場所を捉えている。

モノの場所が分かりやすいというのは、自然とお手伝いができると感じました。

きちんとモノの定位置を決め、迷わずにすむようにしたい
です。





おわりに

「モノの定位置」が決まっていると、
自分も
夫も
子どもも
みんな取り出しやすく戻しやすい。

家族みんなに易しい


また、自分のことが自分でできる、お手伝いしやすい環境にあるというのは、
誰か一人に負担がかかることが少ない。

家族みんなに優しい


私自身、収納場所を模索中のモノもありますが、
理想は、一つ残らず定位置を決めてしまうことだと思っています。


家の中は、家族みんなにとって"やさしい"場所でありたいですね^^

↑クリック嬉しいです☆