経験から学んだよりよい生き方

よりよい生き方をするために私が「しない」と心がけていること4つ

私は、本を読む中で、「効果的な生き方ってあるんだ!」ということを知りました。

そう、料理のレシピのように、生き方にも基本となるよりよい方法が存在する、と。

よりよい生き方ってあるんだね!『心配事の9割は起こらない』を読んで昨日、一冊の本を、あるお店に返しにいきました。 そのお店にはじめて行ったのは、次男が週2のお預かりに行くようになった約一年前(車で...
『7つの習慣』を読んで|今の私があるのはこの本に出会えたから『7つの習慣』という本をご存知ですか? これは、私にとって、とても大切な一冊です。 今の私があるのは、この本のおかげ...

たくさんの本を読んでいくと、よりよい生き方(幸せな生き方)には、共通点があることに気づきます(ブログではそれを少しずつ書いているつもりです。一度に書ける内容ではありません)。

事実、これまで当然のようにやってきた行動を少し変えるだけで、ラクに、楽しく生きれることを実感しています。

今回は、よりよく生きていくために、私が日頃から「しない」と心がけていること4つをご紹介します。


1.否定的な言葉を発しない

"言葉には、私たちが思っている以上の力がある。"

これは、多くの本を読んで感じることです。

「どうせ私には無理」
「何でこんなことしなきゃいけないの?」

数年前の私は、よくこのような言葉を発していました。

客観的に考えると、全然素敵なことではないのに…。当時は、当たり前のように使っていました。

否定的な言葉を発すると、周りに誰もいなくても、自分がちゃんと聞いてます。そして、さらに嫌な気分になるのです。

今思うと、自分で自分を楽しくない方向へ導いていました。

もちろん今でも、心の中では「めんどくさい」とか「やりたくない」と思うことはあります。

しかし、言葉には出さないように気を付けています。

実際にやり始めると、すぐに終わったり、気分良くなることがほとんどです。

発するのは、なるべくプラスの言葉にして、自分自身がご機嫌でいれるよう努めています。

2.人と自分を比べない

これも、以前はよくやっていました。

しかし、今は、

  • 一人一人得意不得意は違う
  • 自分にしかできないことがある
  • 人と自分を比べることに意味はない

そう思って過ごしています。

なぜそうやって過ごせるようになったかというと、それは「今自分に大切なことは何なのか」と考えるようになったからです。

頑張りたいこと、幸せな形、目指すこと…、それらは、一人として全く同じ人はいないでしょう。

それなのに、誰かと勝負する(比べる)、というのもおかしな話です。

私は、自分が大切にしたいことのために頑張る!

そう考えるようになったら、誰かと自分を比べるという土俵からは、自然と抜け出していました。

他人とではなく、「過去の自分」と「今の自分」を比べてみませんか?現在、夫の実家に帰省中です。 本日、私の実家、熊本へ。 後半は、自宅でのんびり過ごす予定です。 さて。 他人と自...

3.自分を責めない

  • 子供にごめん
  • ママが言い過ぎた
  • あの時こうしていれば…

子育てをしていたら、こんなふうに感じることは一度や二度ではないでしょう。

私も、数えきれないほどあります。

しかし、ある時思ったのです。

そんなふうに過去の自分を責めてばかりいて、一体何になるのか、と。

しっかり反省した後は、"今ここから"その反省を生かすのみ!

私が子どもだったら、「ママもういいから、これから気を付けて」と思うでしょう。

私が夫だったら、「もう分かったから、自分を責めるのはそれくらいにして、これから頑張ろうよ」と思うでしょう。

自分を責める暇があったら、今ここから気持ちを切り替えて頑張ろう。そう思うようになりました。

4.人を変えようとしない

『7つの習慣』に「影響の輪」という話があります。

簡単に説明すると、"物事には、自分がコントロールできるものとできないものがある"ということです。

天気、人の反応や態度、過去の失敗…これらはどう考えても自分にはどうしようもありません(自分でコントロールできないこと)。

一方、仕事への取り組み方、自分の言動や態度、健康管理…これらは自分次第で変えることができます(自分でコントロールできること)。

本では、"主体的な人は、影響の輪の領域(自分でコントロールできること)に労力をかけている"と言います。

前の私は、自分でコントロールできないことに囚われていました。だからこそ「思うようにならない」と、生きづらさを感じていました。

今は、「自分にはどうしようもないことがある」と覚悟を決め、自分にできることにフォーカスしています。

「あの人が~だったら…」
「子どもが~だったら…」
「夫が~だったら…」
私たちは他人を変えようと思いがちです。

しかし、やはり他人が100%自分の思い通りになるなんて思えません。

それならば、自分ができることをやって、その結果周りに影響を与える。そう考えるようになりました。

斎藤一人さんの"全ての人間関係は、相手に期待しない、変えようとしない修行"という言葉も、意とするところは同じでしょう。

今は本当に生きるのがラク。その理由を考える。少し前、こんな記事を書きました。 https://sarasaralife.com/archives/11922644.html ...
子育て中の専業主婦が『7つの習慣』から学んだ考え方私にとって出会えてよかった一冊『7つの習慣』。 ビジネス書として用いられることが多いようですが、今日は子育て中の専業主婦が読んだら...

おわりに

よりよい生き方をするために、私が「しない」と心がけている4つのことについて書きました。

  1. 否定的な言葉を発しない
  2. 人と自分を比べない
  3. 自分を責めない
  4. 人を変えようとしない

油断したら、「前の自分に戻ってしまうのかな~」と思ったりすることもありますが、やっぱり今の方がいい!弱気になったら、この記事を読みなおします^^

 

私たちは"習慣"から成り立っています。

当然、と思っていることも、いつの間にか身に着けた習慣であることがほとんどです。

習慣ならば変えられる!

考え方も、自分にとってよりよい"習慣"を身に着けていきたいですね☆

 

お読みいただきありがとうございました。

よりよい生き方ってあるんだね!『心配事の9割は起こらない』を読んで昨日、一冊の本を、あるお店に返しにいきました。 そのお店にはじめて行ったのは、次男が週2のお預かりに行くようになった約一年前(車で...
『7つの習慣』を読んで|今の私があるのはこの本に出会えたから『7つの習慣』という本をご存知ですか? これは、私にとって、とても大切な一冊です。 今の私があるのは、この本のおかげ...
今は本当に生きるのがラク。その理由を考える。少し前、こんな記事を書きました。 https://sarasaralife.com/archives/11922644.html ...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
小学生二人の#朝の流れ 。#コロナの影響で 毎朝の#体温チェック が必須です(②と③は入れ替わることも)。いろいろ試した結果、この順番が一番スムーズです。
幼稚園児の次男は既に夏休みですが。小学生の水筒を用意するついでに、一緒に用意しています。本人が好きな時に飲め、都度注いであげる必要もなく、外出時もすぐに持っていけます。#水筒の準備 #幼稚園児 #幼稚園児の水筒
実家から送ってもらった梅干しを小さな容器に移し替えました。#梅干し は夫の弁当にほぼ毎日入れるので使いやすくなり朝がラクになりました!#ウェック #ウェックのビンに梅干し #梅干しの容器
以前載せたレシピを少し変更しました(より美味しく簡単に)!今もわが家で週一回は食べる人気メニューです。#タンドリーチキン #タンドリーチキンのレシピ
土曜の夜に夫が夜釣で釣ってきた#アジ たち。#唐揚げ にして食べました。これまでは片栗粉をつけていたのですが、あいにく切らして。仕方なく小麦粉で作ったら、衣が薄付きでこちらの方が好みでした!カレー粉も混ぜてみました。何でも、ないならないでどうにかなって、逆に意外な発見があります。今晩は、お味噌汁に揚げがなかったので、高野豆腐を刻んで入れたらおいしかったです。#あじのからあげ
とある理由で、小一の長男を下校途中にお迎え。お友達と元気に帰っていました。それにしても暑い!長い長い梅雨が明けたと思ったら、今度は熱中症が心配です。夏休み中の4歳の次男も一緒にお迎えに行きましたが、危ないところでは長男がさっとフォローしていて、たくましくなったなーと思いました。#小一男 #下校途中 #小学一年生
今年も飲んでます#二層カフェオレ 今年も飲んでます#二層カフェオレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です