反省と学び(自分を大切に)

今なら思う『「まいっか」と思えることは、自分を大切にすること』

数年前の私は、

  • 子育てちゃんとしなきゃ
  • いい母親でいなきゃ
  • 毎食きちんとご飯作らなきゃ
  • 部屋は常にキレイにしとかなきゃ…

そんなふうに思っていました。

しかし今は、あらゆる場面で「まいっか」と思えるようになり、とてもラクに過ごせるようなりました。

そんな今だからこそ、思うことがあります。

それは、タイトルにもある、『「まいっか」と思えることは、自分を大切にすること』です。


「~しなきゃ」と思うことは、自分自身を苦しめること

これまで思っていた、数々の「~しなきゃ」ということ。

そのほとんどは、

夫が言ったわけでもない、
子どもが言ったわけでもない、
他の誰かが言ったわけでもない、

自分自身で勝手に思い込んでいたものでした。

そのようなことのために、必要以上にイライラして、怒鳴って、自己嫌悪に陥って…

今思うと、これらは、自分を大切にすることとは”正反対”の行為でした。

「まいっか」と思えることは、自分自身を許すこと

「~しなきゃ」が当たり前だったころは、それによって自分自身を苦しめていたことに、全く気づきませんでした。

しかし今は、

自分の心を乱し、自分を傷つけ、そうまでしてやることなのか?

一呼吸おいて考えることができるようになりました。

私は、仏ではないので、いつ何時も穏やかでいれるかというとそうではありません。
しかし、以前の自分よりはそれができるようになりました。

「まいっか」と思うと、ふっと心が穏やかになります。

そして、それは、自分自身を許すことに繋がっていることに気づきました。


最近の「まいっか」

最近は、積極的に「まいっか」と思うことにしています。

  • 朝起きるのが遅かった!→まいっか♪
  • 〇〇買い忘れた!→まいっか♪
  • ブログ更新できなかった!笑→まいっか♪
  • 寝かしつけが遅くなった!→まいっか♪

心の中で唱えていると、だんだんとそんな気持ちになってきます。

夏休み中のある朝。前の晩、片付ける気力なく寝ました(笑)でも、まいっか♪
お昼ご飯の後、片付けできてないのに長い時間ユーチューブ(笑)夏休みだけだから、まいっか♪(私も自由時間♪)

※少し前にテレビボードを買いました☆

子育てで「まいっか」と思うことは大切

子育てって、思い通りにいかないことの連続です。

「~しなきゃ」「~しなければ」「〇〇であるべき」そんな思いが強ければ強いほど、イライラします。本当に修行です。

今冷静になって考えてみると…

以前の自分のままでは、いつか無理がくるのは目に見えています。

 

私が、子育てで、これまで生きてきた中で一番壁にぶち当たったのは、
子どもが生まれたからではなく、
「~しなきゃ」に捉われた自分が、子育てによって、ただ単に顕著化しただけなのだと感じています。
いつかは向き合わないといけない問題でした。気づけて本当によかった。

「まいっか」と思えることは、思い通りにいかない子育てにおいては大切なことだと、今なら分かります。


おわりに

最近、このことについて、もう一つ気づいたことがあります。

それは、私が「まいっか」と思っていると、子どもたちも変わってくるということです。

上手く表現できませんが、良い関係でいれるというか…。

私が常にイライラしていると、子どもも反抗的になります(笑)反対に、「まいっか」という気持ちでいると、不思議と素直に話を聞いてくれます。
でも、考えてみるとそうですよね。「~しなきゃ!」とカリカリしている上司よりも、少々多めに見てくれる上司の方が、素直に話を聞こうと思えます(笑)

 

自分自身を大切にすることは、幸せに生きていくために、必要不可欠です。

まずは自分を大切に。そして周りを大切に。

みんながよりよい中で、日々を過ごしていけたらいいなと思います。

 

以前の私のように、どうしようもない気持ちを抱えている人がいたら…

いつからでも変われると伝えたい。
「~しなきゃ」と考えてしまうのも一種の習慣。習慣ならば変えられる。私が『自分の人生は自分で変えられる』と気づいたのは、多くのことは「習慣」なんだと気づいたからです。

この想いが届けば嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

私が「本気で」自己啓発をしようと思った、たった一つの理由自己啓発 自分を磨く 自分を高める こんな風にいうとかっこよく聞こえますが。 私が本気で変わろうと思ったきっかけは、もっ...
【自分の人生を生きる】「~しなきゃいけない」を手放したい!私は、長い間「~しなきゃいけない」という言葉をよく口にしていました。 また、そんな考えで生きてきました。 しかし、自分の未熟...

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
日々のこと、想い。
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
Instagram post 2196216631747526827_22440816252 昨日昼間の写真です。冬は寒いですが、太陽の位置が低いため部屋に光がたくさん差し込みます。夏は逆に太陽の位置が高く、あまり光は入ってきません。自然ってすごいです。
Instagram post 2194773814525500282_22440816252 今朝の朝食の時に長男に撮って!と言われた写真。年長の長男、先週、幼稚園バスから降りてくるなり「今日幼稚園で泣いた」と言った日がありました。理由を聞くと、お遊戯会のリハーサルの際踊りの立ち位置を間違い、後でクラスの男の子から「〇〇くんのせいで…」と言われたそうです。家に帰ってからもその話をしていると、小二の娘が弟(長男)へ「そりゃーいやだね!「△△くんも間違うことあるでしょ!失敗は成功のもと」って言ってやれー!」とアドバイスしてました。子どもはいろんな経験の中で揉まれながら、少しずつ成長していくんですね。
Instagram post 2193410916695820251_22440816252 3歳の次男、月火と風邪で幼稚園をお休みしましたがもう元気になりました。昨日、幼稚園の先生からお電話がありました。お遊戯会のリハーサル&写真撮影の際、ママがいい!と泣いて、目が赤いまま写ってますと。息子によく話を聞いてみると、お手伝いのお母さんたちが着替えを手伝ってくれている中、私がいなかった(私は運動会の委員で運動会のお手伝い担当だった)ため、泣いたそうです(何で他のお母さんたちがいる中自分のママはいないのかと)。まだ状況を上手くつかめず、ママがいいと泣いてくれる次男、誰かに必要とされることは本当に嬉しいことです。いつまで泣いてくれるのでしょうか。
Instagram post 2191807476085470184_22440816252 朝、息子二人を幼稚園バスに送る際、社宅にビニール袋が落ちていました。来週社宅の掃除があるので、見て見ぬ振りをしようと思ったのですが…。年長の長男に「風でとんで海に落ちたら魚が苦しむからとっといて(送った後に拾っておいて)」と言われたので拾って家に持ち帰りました。息子に戒められました。
Instagram post 2191141594522780359_22440816252 昨日テレビに出演された栗原はるみさん。大学の頃から大好きです。(一言一句聞き逃してなるものか!と、風邪でお休みしていた次男にはスマホを持たせていました)いつ見ても、凛とした美しさ、可愛さ、芯の強さを感じます。とてもよい刺激をもらいました。これまではるみさんからは、「ちょっとした心がけ・工夫で、毎日はとても楽しいものになる」そんなことを教わった気がします。
Instagram post 2191133362353985781_22440816252 二日間幼稚園をお休みしていた次男、熱も下がり、今日から登園しました。久しぶりに部屋をリセットでき、ホッと一息。改めて一人時間の大切さを再確認しました。といっても今日は、生協の配達、娘の持久走大会、幼稚園へのお迎え(いつもはバスですが念のため)…ゆっくりはできません。でも、やることがあるって幸せなことだなぁと、ふと感じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です