反省と学び(自分を大切に)

「私、子育て間違ったのかもしれない…」後悔の先に見えてきたもの

「私、子育て間違ったのかもしれない…。」

1年程前まで、本気でそう思っていました。

当然その責任は自分です。

分かっているからこそ苦しい…

でも今はそんな過去にさえ感謝し、満たされた心で毎日を過ごすことができています。

今日は、過去の子どもの様子について振り返ってみたいと思います。

「今苦しくても大丈夫!いつからでもやり直せる!」

そんなメッセージが、少しでも届けば幸いです。

一昨日散歩中に見つけたワイヤープランツの花。初めて見ました!
正確には白い鈴のようなものは実です。
花は薄緑色で小さく咲いています。分かりますか?
生育環境がよくないと見られないのだとか。
学生時代、買ってはよく枯らしました(笑)


子どもが人にモノを貸せない。

長女が2~3歳くらいの時の話です。

この頃は私も二人目を妊娠、出産し、精神的に一番きつい時期でした。(自分では暗黒時代と思っています)

社宅や支援センターなどで同じくらいの子を連れて遊んでいると、わが子が他の子に全くおもちゃを貸せないのです。

当然年齢的にそんな時期でもあります。

でも、それが異常なくらい酷かった。

・お友達が来ておもちゃで遊ぼうとするも、あれもこれも「だめ」と言う友達の行動に大変敏感。親の目を常に気にしているような感じ。
あれだけ毎日ガミガミ言っていたら当然だよね…

・家や公共の場で、おもちゃの取り合いになろうものなら意地でも取り上げるたまに手が出ることも

私もいろいろ言ってはみるものの、ほとんど効果はなく…

「そんな時期だから大丈夫」と言ってくれた友人もいましたが、どう見てもそれだけだとは考えられませんでした。
そんな中「ごめんね。」「すみません。」というしかできず…
外に出たいのに、出たら出たで疲れる…
本当にあの時は苦しかったです。

その数年後『7つの習慣』に出会って、子育てに関する次の一節を読んだとき、私の場合もまさにそれだ!と思いました。

娘には、分かち合う経験の前に所有する経験が必要だったのだろう

当時の私は「貸しなさい」「貸さなけばならない」という考えにとらわれ、娘の気持ちを無視していました。
貸したくない娘の気持ちを全く受け入れていなかった…。
二人目以降はそれが分かっていたので、この問題で苦労することはありませんでした。

何かあると、「怒る」。

これは、娘の大きな特徴でした。

・親に注意されたら怒る。たまにモノを投げる。

・転んだり、上手くいかないと怒る。それまでは楽しく遊んでいたとしても。

「どうして怒るの?」そこから話を始めなければならず、常に娘に対してガミガミ言っていました。
本当はもっと楽しく会話したいのに…。3~4歳の頃は既に娘はそんな感じでした。

本来、子どもは「泣く」場面です。

今思うと、私に甘えられず、必死に「ママ助けて!」と叫んでいたように感じます。

 泣きたいのに、泣けない…

私が精神的に未熟でした。

だからこそ、約1年前この本を読んだとき、ものすごく心に響きました。


他人に「攻撃的な目」を持つ。

娘が、5歳くらいの時の話。

子ども三人を連れて(次男0歳抱っこ)あるスーパーに買い物にいきました。

多分「お菓子はダメよ」と言っていたんだと思います。

全く知らないよその子がお菓子を選んでいる姿を見て、娘が羨ましそうに見ていたことに気づきました。

でも「約束は守るもの!」と頑なに教えようとしていた私は、結局自分の必要なものだけ買って店を出ました。

すると娘が「(お菓子コーナーにいた見ず知らずの子を)あの子キライ。」と言ったのです。

・・・さすがにショックでした。

5歳にして、そんな他人に対する攻撃的な目があるのか…と。

でも、「そんなこと言ったらダメよ。」と言っても何も解決しないことはよく分かっています。

本気でどうにかしなければ、と思いましたが、

・日々の生活に追われてただでさえ余裕がない。
夫は毎日遅い。寝かしつけまで自分一人でやるのは当たり前でした。

・その解決のために具体的に何をしたらよいのか分からない。
いろいろやってはみるものの、娘の反抗的な態度にやっぱり私もまた怒鳴ってしまい…何年もその繰り返しでした。

自己嫌悪の毎日でした。

でも「我慢ばかりさせても、我慢の力はつかないんだな」ということは身をもって分かりました。

今。

7歳になった娘の今の様子。

〇自然と人にモノを貸せるし、異様な執着心もありません。

もちろん人に借してもらうこともあるし、上手にコミュニケーションしているなと感じます。
かといって不自然さもなく。

一言でいうと「安心して見ていられる」。
以前はヒヤヒヤして見てられませんでした。そのせいで余計なことを言ってしまい、さらに負のループに…。

〇悲しかったら泣きます!素直に自分を表現できるようになったと感じます。
過去の経験があるから、泣いてくれるのが嬉しくて…

たま~に怒ることもあるけれど(笑)、私も笑って見ていられる余裕があります♪

〇以前のように他人を敵視しません。

もちろん娘の心の中全てが分かるわけではありませんが、弟たちのことを一緒に喜び、友達にも「すごいね~」と心から言葉をかける。

いい意味で、自然に、縛られず、楽しく、毎日を過ごしているように感じます。

親が変われば子どもは変わる!!


おわりに

「子育て間違ったのかもしれない…。」

教育に携わってきた私が、こう考えずにはいられなかった当時の心境は、絶望的なものでした。

何度、一からやり直したいと思ったことか…

そんなことはできないと分かっていても、そう思わずにはいられませんでした。

でもだからこそ言います!

子育ては、いつからでもやり直せる!

人は、いつからでも変わることができる!

今私は、昔の自分を「あの時はあの時で精一杯頑張った」と思えるようになりました。

  • 苦しかったからこそ人の痛みも理解できる。
  • あの時があったからこそ本気で変わろうと思え、今こうして満たされた気持ちでいられる。

苦しかった過去も、今のような毎日に繋がっていると考えれば、とても感謝すべきことです^^

お読みいただきありがとうございました。

『ちゃんと泣ける子に育てよう』を読んで。私がどうしても伝えたいこと。一昨日紹介した本を、別の観点から紹介します。 教師のときの経験と併せて、どうしてもお伝えしたいことです。 子育ての現実 ...
私は、子どものことをよく見ていなかったのかもしれない。先日こんな記事を書きました。 https://sarasaralife.com/archives/9920130.html ...
一人で登校できるようになった小1の娘。私がその過程で得たもの。今朝は、4時50分起き。 最近は朝晩冷えるので、ホットミルク+甘酒を毎朝楽しみながらブログを書いています♪ そうそう、これを教え...
小1の娘と私に、再び訪れた試練… 今朝の出来事。昨晩、一通のラインが。 小1の娘が毎朝一緒に登校している、同じ社宅に住む3年生の女の子のお母さんからでした。 内容は、「発熱...
娘よ、今ならあなたを助けることができるかもしれない!三日前(今週火曜日)、娘が小学校帰りに、ひじと膝をけがして帰ってきました。 同じクラスの女の子が家までついてきてくれました^^ ...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#子どもの鉛筆 を買ってきました。特にこだわりはなく、六角形で、娘と息子が好きそうだなぁと思うものを選びます(息子はどちらか迷ったので2種類買ってきました。選ばなかったものは次回使ったり、家用に)。わが家には小学生が二人いますが、それぞれ別の鉛筆を使わせると、落ちていてもどちらのものか一目瞭然です。また、箱から出したらすぐに全ての鉛筆に記名を(小三の娘は自分でやっていました)。そうすると後々ラクです。#小学生の鉛筆
ついこの前、ブログに「子どもの忘れ物」について書いたにもかかわらず…また今朝娘の持久走カードを入れ忘れたことが発覚!(親のサインが必要なため、私が入れるようにしている)また、息子も音楽の教科書忘れていたため、朝自転車で追っかけました!もらう時は他の子の手前少し恥ずかしそうだったけれど、帰ってきてすぐ「ありがと」と言ってくれたので何だか嬉しかったです。ちなみに今日は夫にも届け物を一つ。朝から届け物に大忙しの日でした!
広報誌で子ども対象の#生け花教室 を見つけ、「娘は絶対好きだと思う!」と応募しました。写真は先生からアドバイスをもらいながら完成させた#娘の生け花 。案の定楽しかったようで「毎日やりたい!」と言っていました。『#身の回りは楽しいことがいっぱい 』そんな思いをもって大きくなってほしいです。一回で終わりでなく今後も数回あるので楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です