管理者

引越し嫌だ!?転校・転園、子どもたちの様子と私の決意

前回、ついにやってきた引越しに対する私の想いを書きました。

ついにこの日が…。転勤、引越し、転校・転園。今の私の気持ち今月中旬(2021年3月中旬)、夫の職場の異動辞令が出ました。 次の勤務先は、同じ福岡県内ではあるものの、現在の社宅に住み続けるこ...

やはり、一番考えることは子どもたちのことです。

今日は、転校・転園する子どもたちのことについて書いてみたいと思います。
前回の記事に子どもたちのことを詳しく書いていたら、それだけでかなりのボリュームになり「読みにくいな」と感じたので、別の記事にすることにしました。

一年生の長男のこと

▼一年生の長男が、3学期の終わりに書いた作文です。

これを読んだときは、泣くしかありませんでした(T_T)

それと同時に、「自分の力でこんなに楽しい一年にできたんだね」というわが子を誇りに思う気持ちも。
もちろん先生やお友達にも感謝です。

入学してすぐの頃は、コロナで自由に席を立ってしゃべったりすることもできず、
また、楽しい話よりも「今日こんなことが嫌だった」ということを聞くことが多かったような気がします。

二学期くらいから「今日〇〇くんとこんな話したよ!」とか「ドッチボールめっちゃ楽しかった!」などの話を聞くように。

悲しさもありますが、子どもの成長を嬉しく思う気持ちもあります。

三年生の長女のこと

長女に関しては、一年生の頃(二年生でも少し)「学校行きたくない」と泣いて、本当に大変でした(初期のブログにたくさん綴っています)。

▼「学校行きたくない」と言っていた頃のブログ。

一人で登校できるようになった小1の娘。私がその過程で得たもの。今朝は、4時50分起き。 最近は朝晩冷えるので、ホットミルク+甘酒を毎朝楽しみながらブログを書いています♪ そうそう、これを教え...
小1の娘の「学校行きたくない」が勃発!ここ数週間、小学校一年生の娘の「学校行きたくない」が勃発しております! 考えてみると、インフルエンザ明けの1月21日(月)がはじま...

ですが、三年生になってからは、そういったことは一度もなく、たくましくなったな~と感じています。

こんな日も来るんだね!改めて『親が子どもにできること』を考える。先日、私にとって嬉しく、「こんな日も来るんだ」と思うことがありました。 といっても、何か記念すべき大きなことがあったわけではなくて...

転校に関しては、仲のよい友達と別れるのは寂しいようですが、「また友達が増える」と前向きでもあります。

前はあんなに泣いていたなんて信じられない!

「子どもって分からないな~」「これが子育ての面白さだな~」と感じています。

年中の次男のこと

次男は、年少の頃まで本当に"赤ちゃん"みたいでした(笑)

ですが、年中になって「お兄さんになったな~」と思うことが多々ありました。

12月のお遊戯会では、劇の長いセリフをしっかり覚え、全く緊張している様子はなく、むしろリラックスして(笑)堂々とやり遂げました。

他にも、縄跳び、逆上がり、幼稚園でいろんなことを頑張っているようで、担任の先生も一緒に成長を喜んでくれました。

素敵な幼稚園、先生方に巡り合い、正直「卒園まで後一年通わせたい」という想いもあります。
ただそれはもう考えないようにしています。

本人は、分かっているのか分かっていないのか、「新しい幼稚園楽しみ~」と言いつつ、「本当は(これまで通っていた)〇〇幼稚園に行きた~い」などと言うときもあり、切なくもあります。

家では相変わらずのところもありますが、小さいながらにいろんなことを考え頑張っているんだなあと思うと、とても愛おしく思います。

私の決意

子どもの転校・転園を伴う引っ越しは、想像以上に大変で辛いものがあります(特にわが家のように突然の場合)。

「この経験は子どもたちに本当に必要なのか?」
「敢えてさせる必要はないのではないか?」
そんな想いが何度もよぎりました。

ですが、子どもがいるからこそ感じるこの何とも言えない感情。

それを経験させてくれているのも子どもたちがいるからだと思うと、「ありがとう」という気持ちも沸き上がってきます。

子どもたちがいることで考えることも多いですが、子どもたちがいるからこそ、「頑張ろう」と自分を奮い立たせてくれます。

子どもたちはきっと大丈夫!

心配しすぎず、何かあったら話ができるよう、どしっと構えていたいです。

おわりに

見た感じ、一番「引越し嫌だな」と感じているであろう一年生の長男。

ですが、「パパと別に住む?それでもいいよ」と言うと、きっぱりと「それはダメ!(ありえない)」と。

そして、この記事を書くにあたって、長男に「新しい学校に行くの不安?」と聞くと、それはないそう!
「引越しが嫌=転校が心配」ではないんですね!

長女にも同じ質問をしてみると、「全く!(心配なし)」と(笑)
一年生で泣いていたのが嘘みたい!

今の社宅に住むのもあと数日ですが、春休み中の今は、相変わらずきょうだい三人でバカみたいなことをして笑ったり、たまに本気で喧嘩したり…

子どもたちは、今を生きてます!

もしかすると、考えすぎているのは私だけなのかもしれません。

子どもってたのもしい!
以前書いたように、きっと子どもたちが求めているのは"心配"ではなく、"信頼"ですね。

子どもたちを信じて、支えていこうと思います。

いや、支えられているのは私の方かもしれません。
しっかりしろ私!

親として、本当に鍛えさせてもらっているな~と感じます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ついにこの日が…。転勤、引越し、転校・転園。今の私の気持ち今月中旬(2021年3月中旬)、夫の職場の異動辞令が出ました。 次の勤務先は、同じ福岡県内ではあるものの、現在の社宅に住み続けるこ...
こんな日も来るんだね!改めて『親が子どもにできること』を考える。先日、私にとって嬉しく、「こんな日も来るんだ」と思うことがありました。 といっても、何か記念すべき大きなことがあったわけではなくて...
今を生きる|「満たされない」と思っていた私に足りなかったもの約7年前、育児休暇に入ってから、何年もどこか満たされない感じがしていました。 子どもが生まれたことは嬉しいのだけれど、毎日毎日...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
休みには、自然豊かな場所に行きたくなります。今都会に住んでいるのでなおさら。こういう場所に行くと心が癒されます。将来的どこに住むのか定まってませんが、「自然」を感じられる場所がいいなぁと思います。あまりにステキな景色で思わず写真を撮りました!(実際は写真よりも何倍もいい)
#5年生の長女 、もう一学期が終わろうとしているのに…計算ドリルが終わってないようで、必死になってやっていました。前も声はかけたのに😓教員時代はクラスの子どもたちに早目に計ドを終わらせるよう言っていたのに、わが子はこんなんです…。
#家族で海 に。これまで川遊びは何度か行きましたが、海で泳ぐのはほぼはじめて!天気が怪しかったこと、三連休最後の午後だったこと、もともと海水浴場ではないことから、他には誰もいませんでした。子どもたちは、海水のしょっぱさに驚いていたり、川にはない波を楽しんだり怖がったり、楽しかったようです。帰りは、持ってきた大量のペットボトルで体を洗って。海水浴場だと、水道やシャワーがあってラクなんだろうな〜、だからここに泳ぎに来る人が少ないんだろうな〜と思いました。
#ナスの揚げ浸し 。#栗原はるみさんレシピ 。子どもたちも大きくなり、この美味しさが分かるように。嬉しい成長だな〜と思います。
#家族でコロナ に。今現在は回復し、普段の生活を送っています。コロナに感染したときのこと10日間の#療養生活 についてブログに書きました。#コロナ感染

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。