管理者

ついにこの日が…。転勤、引越し、転校・転園。今の私の気持ち

今月中旬(2021年3月中旬)、夫の職場の異動辞令が出ました。

次の勤務先は、同じ福岡県内ではあるものの、現在の社宅に住み続けることはできません(現在の社宅から次の勤務地は遠く、会社からは別の社宅がもらえます)。

前回の引越しは5年3カ月前。
長女年小・長男2歳・次男お腹の中(妊娠8か月)のときでした。

2年ほど前から「もうそろそろ」とは思いつつ、いろんな事情が重なり、夫は長く今の職場にいることになりました。結果、現在の社宅にも長く住むことに(早い人で2年で転勤&引越し。1年で変わることも)。

「いつかここを引越す」というのは分かっていましたが、やはり実際に言われると違います。

今日は、今の自分の気持ちを記しておきたいと思います。


引越しって大変

「いつかはここを離れる。子どもたちの転校・転園もあるうる」と覚悟はしていたし、「社宅にずっと住み続けることはできない」というのも分かっていました(社宅は年齢制限があり、退職まで居ることはできない)。

それに、予想よりはるかに長く居れたのも事実です。

ですが、人間関係、周りの環境…居心地のよい今の社宅を実際に出るという事実を突きつけられると、「寂しい」「嫌だな」という感情がまず出てきました。
辞令が出た時はまだ実感が沸かなかったのですが、引越し業者に見積もりに来てもらい大量の段ボールをもってきてもらったら、急に現実味を帯びてきました

それに、荷物の仕分け、手続き等、改めて「引越しって大変」ということも。
荷造りは業者に頼むのでそんなに大変ではありません。

もちろん、これまでの社宅の人たちとの素敵な出会い、今のこの地に住めたことも、転勤族だからなのですが…。だからといって即気持ちの整理がつくわけではありません。
一瞬転勤族を呪いました!(笑)

現在の社宅。広い遊び場があり、子育てには恵まれた環境でした。

子どもの転校・転園は親として辛い

今回の辞令が出て、一番心苦しかったのは、子どもの転校・転園です。

せっかく慣れて楽しんで通っている学校や幼稚園を突然変わることになる、というのは、親としてとても申し訳なく思います。

夫とは前から「私達は家族みんなで住むことを選んだんだから、子どもに申し訳なく思うのはやめよう(前を向いて進もう)」と話していました。

ですが、子どもの作文を読んだり、先生と話をしたりすると、心が揺れてしまいます。
三人の中では、小一の長男が一番「引越したくない」と言います。
長女は以前から「別のお家に住んでみたい(模様替えとかが好き)」と言っていたので、あまり変化は見られない様子。それに、今の社宅でいろんなお友達を見送ってきました。
次男は分かっているような分かっていないような。でもこれまで通っていた幼稚園が大好きなことは確かです。

引越し嫌だ!?転校・転園、子どもたちの様子と私の決意前回、ついにやってきた引越しに対する私の想いを書きました。 https://sarasaralife.com/archives/t...

この地に子ども三人と私で残って、夫だけ別に住むことも考えました。
子どもたちが少し大きくなった今は、どうにか頑張れるかな、って。また、同じ福岡なので、週末はみんな一緒にいられるかな、と。

もしくは、夫も長い通勤時間をかけて通ってもらうことも。

実際に物件もいくつか見ました。

でも、いろんなことを総合的に考え、家族5人で別の社宅に引越すことを選びました。
この一週間、本当にいろんなことを考え動きました。

今の社宅に来たときはお腹の中にいた次男が、もう5歳!本当に思い出深い地となりました。

人との繋がりのありがたさをひしひしと感じている

辞令が出ると、これまで同じ社宅で出会った仲のよかった人たちから連絡をもらいました。

また、「以前そこに住んでいた、知り合いがいる」ということから、社宅の情報や幼稚園情報もたくさんもらいました。

本当に心強いです。

「引越しって大変」と思う中にも、人との繋がりのありがたさを、しみじみと感じています。
「人には親切にしよう」と改めて思いました。

引越しは家族の絆が深まるとき

現在の地で出会った、同じ転勤族で別会社の友人にも、報告がてら久しぶりに連絡をとってみました(小学生・幼稚園の子をもつ三人のママ)。

その友人は、私が今の地にいる間に、2度引越しをしています。引っ越しは本当に大変だし、子どものこともあれこれ考えるそう。

だけど同時に「引越しは家族で話し合う機会も増えるから家族の絆が深まるとき」とも教えてくれました。

しばらく慣れるまで大変かもしれませんが、後に「大変だったけどよかったね」と言えるように、これからの生活を歩んでいきたいと思います。


今の社宅で学んだことを今こそ生かしたいと思う

私は、今の社宅で様々なことを学びました。
このブログに書いている一つ一つの記事がそうです。

  • 何ごとも自分次第だということ
  • 家を整えること、家計を整えることの大切さ
  • 一つ一つやって片付けていくしかないこと
  • 考えるよりも動く
  • 読書から様々なことが学べるということ
  • 家が片付くと心も整うということ
  • 子どもとのよりよい関わり方
  • 頑張ることも大事だけど、頑張りすぎないことも大事
  • 今を生きるということ

などなど。

ここ一年ほどは「こんなに悩みがなくていいの?」と思うほど穏やかな日々を送っていました(たまに落ち込むときもありましたが)。

久しぶりに自分にやってきた試練。

今こそ、これまで学んできたことを生かして頑張って行こうと思います。

おわりに

引越しは本当に大変です。

ですが、次の場所へ家族みんなで移り住むことを決めた以上、もう前を向いて進むしかありません。

▼以前転勤族について書いた記事の中に、次のような文章がありました。

転勤族のメリット|私が「いいな」と感じた5つのこととは?結婚して9年の間に、引っ越し4回!その間に感じた、転勤族のよいところ(メリット)5つをご紹介します!...

2年前、初めて幼稚園の転園を伴う異動のときは、子どもに申し訳ない気がして、思わず涙を流してしまいました。

でも今では、子どもも新しい環境で楽しく過ごしています。

きっとまたしばらく経ったら、同じことを言っているはず!

思い出は思い出として大切にとっておき、家族5人で暮らせることに感謝しながら、やれるだけのことはやっていきたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

転勤族のメリット|私が「いいな」と感じた5つのこととは?結婚して9年の間に、引っ越し4回!その間に感じた、転勤族のよいところ(メリット)5つをご紹介します!...
引越し嫌だ!?転校・転園、子どもたちの様子と私の決意前回、ついにやってきた引越しに対する私の想いを書きました。 https://sarasaralife.com/archives/t...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#小二の長男 、ハサミを使って魚の内臓を取り出すなど下処理をしているのにびっくり!(私も基本しません)週末は夫と息子が料理することが多く私は別のことをしていますが、いつの間にかこんなことができるようになってたんですねぇ。夫、息子と料理ができて何よりだと思います。ちなみに夫と娘と長男は朝4時半に起きて朝釣りに行ってきました。私と次男は寝てました。
#カレーライス 。スイミングを習っていたときは帰ってすぐ食べられるように毎週カレーライスでした。夏休みは毎日大変なのでまたそれくらいのペースでカレーでもいいな〜と思います。#夏休みは大変 #夏休みはカレー
いつかのお弁当。この日は娘が社会見学の日で、夫・次男・娘三人分でした。海苔で作ったのは「誰?」って感じですね笑#子どものお弁当
子どもたちの大好きなカボチャスープの日。
#年長の次男 、今年は#せみとり に夢中です。意外にも、都会にも蝉っているんだ〜と思います笑 ブログを書こうと思いつつ、四六時中子どもたちがいるのでなかなかパソコンを開くタイミングがなく。あー夏休みって大変!早く二学期始まらないかな〜
#年長の次男 が#カンピロバクター食中毒 になり、次男はおかゆとうどんを食べることが多かったです。みんなで「たまにはうどんもいいね〜」と先週末の晩御飯は#肉ごぼ天うどん (使いそびれていた豆腐も一緒に揚げて)。家で作るうどん、好きな具材を好きなだけ乗せられるのでなかなかいいです。ちなみに実家のうどんはプラス海老天なども入っていてとても豪華です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です