教師と親の関わり方

こんな内容だって先生に質問していい!教員時代実際にあったこと3つ

先日、こんな記事を書きました。

もっと学校の先生を頼って!親として「やっていいこと」「悪いこと」ありがたいことに、今もたまに、私が小学校教員だったことを知る友人から、相談の電話をもらいます。 ほとんどの内容が、 「こ...

今日は、教員時代、実際にあったことを3つ書いてみたいと思います。

「こんなことも聞いていいんだ!」と、

先生を頼ることへのハードルが低くなれば幸いです。


1.「繰り下がりの引き算を教えてください!」

一年生を担任していた時の話。

算数での学習に『繰り下がりのある引き算』があります。

学校では、こんな風に教えます。

この内容は、一年生の算数では大変難しい分野に入ると思います。

『繰り上がりのある足し算』まではよくても、『引き算』ともなると、つまづく子も出てきます。
大人だって嫌ですよね^^;私は計算が得意ではない…

 

この学習が終盤を迎えた頃、連絡帳にて次のようなお便りを2通もらいました。

「うちの子がまだ内容がよく分かってないようなので、学校で見てもらえると助かります」

私は、休み時間に個別にその子たちを呼び、一緒にさくらんぼ計算の練習をしました(後日「ありがとうございました」とお返事がきました)。

家庭で教えることが難しいことってあると思います。
それに親だと何だか嫌がりませんか?私も疲れる…^^;

そんな時は、遠慮なく先生を頼っていいです!
私も言ってもらって嬉しかったです^^

2.「うちの子が『手を挙げても当ててもらえない』と言っています」

四年生を担任していた時の話。

これは連絡帳だったか、直接だったか忘れてしまいましたが、「わが子が、手を挙げても当ててもらえないと言ってます」といった内容でした。

ビックリしました!

私には、そんなつもり全くありません。

子どもを傷つけていたと知り、グサッときましたが、言ってもらって本当によかった。

その後から意識できましたし、「他にもこんな子がいるんじゃないかな」と考えるきっかけにもなりました。

今、親となり、そのお母さんのすごさを改めて感じています。「よく言ってくれたな」と。

お母さんだって言いにくかったと思います。

でもわが子を想い、何か変わると信じて言ってくれた。

その子はその後、クラスをまとめてくれるような子になりました^^


3.「学校から帰った後に子ども同士で遊んでいる時、危険なことがありました」

二年生を担任していた時の話。

連絡帳にてお知らせがありました。

「わが子が階段で友達から押され、落ちかけました。今回は大事には至らなかったけれど、本当に危険でした。よかったら学校で話をしてください」と。
お母さんがこれらのことを知ったのは子どもたちが帰った後で、解決はしていないようでした。

学校でもう一度その子に内容を確認し、当事者を呼んで話をしました(お母さんには放課後電話を入れて)。

学校外での出来事は、正直難しいです。こっちも見ていないことなので、子どもたちからの話を聞くしかありません。
でもお母さんだって、学校に言う他方法がないですよね。

でも言ってきてくれたのはありがたいことだし、子どものことを一生懸命考えることに違いはありません。

他にもこの保護者の方とは諸々ありましたが、それらのやり取りのおかげで、仕事のこと、家でのこと…いろんな話をするようになりました^^

おわりに

  • 学習のこと
  • 担任(私)に対する指導法への疑問
  • 学校外であったこと

これら3つの事例について書きました。

たまに、ん?と思う内容もあったけれど(笑)、みんな子どもたちのことを真剣に考えている点は変わりません!
もちろん「〇〇がよかったです」とか「〇〇楽しかったです」といった内容の連絡帳もたくさんいただきました♪

前回も書いたように、ほとんどの先生は言ったことに対してきちんと対応してくれるはずです。「分かってもらえない」と思わず、自分から声を上げてみませんか?

 

お読みいただきありがとうございました。

もっと学校の先生を頼って!親として「やっていいこと」「悪いこと」ありがたいことに、今もたまに、私が小学校教員だったことを知る友人から、相談の電話をもらいます。 ほとんどの内容が、 「こ...
家庭訪問の準備|親が絶対にやっておきたい一つのこと元教師だった私が、教師側の視点から家庭訪問について書きます。先生に出すものは?家の片付けは?親として何より大切な準備があります!...
「世界は、優しい。」要は、自分がどう捉えるか。自分の考え方がどんどん変わっていって、主体的に生きられるようになると、周りの見え方もどんどん変わっていきました。 〇気持ちのよい挨...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です