これまでの反省と学び

わが家に赤ちゃんが!一人目育児を振り返って今思うこと

先週木曜日、わが家に赤ちゃんが来ました!
私の子ではありません(笑)

同じ社宅に住む4ケ月の赤ちゃんです。上に2歳のお姉ちゃんがいます(学年は、わが家の次男より一つ下)。

そのお姉ちゃんは、来年度、現在次男が通っている週2回の教室に通います。説明会があるとのことで、その間、下の子を預かることにしました。

赤ちゃんを見ると、何も分からず右往左往していた一人目育児のことを思い出します。

今日は、これまでを振りかえって、今思うことを書きます。
おててちっちゃい~かわい~(*´▽`*)

どうしてあんなに「~しなければ」と思っていたんだろう…

  • 一日一回は赤ちゃんを外気に触れさせた方がいい。
  • テレビをつけておくのはよくない。
  • 早くから支援センター等に連れて行った方がいい…
  • 一人目の育児は、本などの情報をもとに、こんなふうに思っていました。

もちろんこれらは正しいことなのかもしれません。

しかし今思うと、私はこれらの情報にとらわれ過ぎ、自分で自分を苦しめていました。

  • 本当はこれがしたいのにできない
  • どうして私だけ…

日々、そんな思いを持って、日々過ごしていました。

もっと自分が楽しくいれることを考える

今思うと、もっと自分が楽しく過ごすことを考えたらよかったなと思います。

  • 抱っこして、自分のための買い物に行く。
  • ベビーカーに乗せてカフェに行く。
  • 家で自分の好きなテレビを見る。(長時間はよくありませんが)

それくらいゆるくてよかったのです。

もちろん制限はありますが、‟何もかも赤ちゃんの為”ではなく、‟自分のために”もっとやりたいことをやる。

いい母親でいることよりも、もっと自分の気持ちに正直に、自分を大切にすることを考えたらよかった。

今ならそれが、いかに大事なことか分かります。
わが家では一番小さい次男も、赤ちゃんと並ぶとでっかい!!
大きくなったね~ (´▽`)

自分が満たされてこそ!

自分を満たすと、人は人、自分は自分、とお互いの立場を尊重することができます。

子どもにも「そういうときもあるよね〜」と大らかな心で接することができるように。
できないときもありますが(笑)

自分を満たすと、周りに感謝できるようになります。

今、私が家にいて、本を読んだりブログを書いたりできているのも、夫が働いてきてくれるおかげ。心からありがとう。

まずは自分から。

自分が満たされてこそ、周りにあたたかい心を持てるのだと気づいてからは、そのことをとても意識するようになりました。

イライラしたときも、まずは自分が心地よくなれることを考えよう!と。

反省を生かす

もう前に戻ることはできません。

しかし、反省を次に生かすことはできます。

今は、自分の心の声に素直に生きることを意識しています。

本当は自分はどうしたいのか?
無理してないかな?
など。

 

最近は
・朝の散歩
・長女と長男が帰ってきてから
は、子どもとしっかり向き合う時間にしていますが、

日中は上手くTVやDVDにも頼り、機嫌よくいることを優先しています♪
子どもがいても場合によってはパソコンやスマホを触ることもあります。その時は堂々と!

 

先週は、来年度の入園説明会もあり、次男の教室は一度もありませんでした。
つまりは超やんちゃな次男と週5日間ずっと一緒♡
もちろん、いてくれるだけでありがたいという想いはいつもありますが、自分のリフレッシュだって必要です!
何曜日だったか、きついな、ラクしたい…と思い、パン屋さんに行って好きなパンを買ってきました♪
IMG_9609クランベリーとクルミのパン

中に+30円でクリームチーズを挟んでくれると言うサービスがあるのですが、以前もう少し欲しいと思った私は「+ 60円で倍の量できますか?」と聞いてみました!

すると「そんなのはじめてです!」と言いつつも快く受けてくださいました^^

おいしかった~(*´▽`*)言ってよかった♪

おわりに

もし、このブログを読んでいる方の中に、以前の私のように苦しい想いをしている人がいたら…

どうか、もっと、自分の心の声を聞いてほしい。

もっと自分のやりたいことに目を向けてほしい。

そんな思いを込めて書きました。

それはワガママではなく、とても大切なこと。

届きますように☆

頑張りすぎないでいい。子育てで大切にしたいたった一つのこと。おはようございますミモザです^^ 今日は、以前の私のように、子育てが大変と悩んでいる人に少しでもラクになってほしいという思いでお届...

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    さとりんさん、それすごく分かります。
    私も同じこと思ってました…
    言葉にしてくださりありがとうございます!

    人のことをあれこれ言っていた自分はまだまだだったなと、今なら思います(*_*;)

  2. さとりん より:

    一番下の子っていつまでも
    ちっちゃいような気になるけど
    赤ちゃんと並ぶと
    成長したんだな〜と思いますね^^

    私も一人目の時は
    自分の好きなテレビは見ない、
    とか思ってて
    相棒見ながら育児してる〜って言ってた
    近所のママ友のことを内心見下していたように思います。

    今思い出すと私の方が最悪だなと思いました…
    なんか肩肘張ってたなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です