経験から学んだよりよい生き方

過去の自分を受け入れる。『私は教師だった』捉え方がこんなに変わるなんて!

『私は教師だった』

その事実は常に変わらないはずなのに、

  1. 育児休暇に入ってすぐ
  2. 子育ての壁にぶち当たった時
  3. そして今

それぞれに私の気持ちが違います。

今日は、その過程について書いてみたいと思います。

昨日撮った社宅のたんぽぽ。
春の花かと思いきや、夏も、今も咲いています。
ずっとここで私たちを見ているんですね。


1.育児休暇に入ってすぐ

7年前、育児休暇に入ってすぐは

・教師だから子育ても上手くやれる。

・私は専業主婦とは違うんだ。

おごれた気持ちがありました。

今考えると、『私は教師だった』という事実を、自分をよく見せるための道具として使っていたように思います。

2.子育ての壁にぶち当たった時

子育ては思い通りにならないことの連続。

子どもが二人、三人となるともういっぱいいっぱいで、そんな状況にうまく心の整理ができない自分を未熟に感じるようになりました。

すると今度は『私は教師だった』ということが恥ずかしくなってきました。

・教師なのにきちんと子育てやれてない

・先生だったんでしょう?

そんなこと思われるんじゃないかと恐れていました。

そして仕事をしていない専業主婦の人たちがとても輝いて見えてきて。


3.そして今

それが最近また、自然と自分の過去の職業を言えるようになってきました。

でも、7年前のあのおごれた気持ちとは全然違うのです。

・子育てではきつい思いもたくさん知った。

・まざまざと自分の弱さを知った。

確かにこの気持ちは変わりませんが、

・私は誇りをもって教師という仕事をやってきた。

・自分が頑張った分は、ちゃんと今も残っている。教え子や保護者、職場の人たちとの繋がりという形で。

そんないろんな思い全て含めて、『私は教師だった』

それ以上でもそれ以下でもありません。

ただありのままの事実として受け入れられるようになりました。自分の職業を、「自分をよく見せるための道具」として使う必要もありません。

専業主婦だからすごい、
仕事をしているからすごい、

ではなく、

‟みんなそれぞれ自分で選んだ道を歩んでいる”と感じます。

おわりに

『私は教師だった』という変わらない事実。

でも、その捉え方は自分でも驚くくらい昔と今では違います。

今はありのままを受け入れ、日々穏やかな気持ちで過ごしています。

自分に自信がある、とも少し違います。

‟私はこれでいいんだ”というような満たされた気持ち。

なぜそんな風になれたのか考えてみると、

・退職というけじめを、自分でしっかり考えてつけることができたから。

そしてもう一つは

・このブログで弱い自分も含め、ありのままをさらけ出せているから。

‟伝えたい!”と思って始めたブログですが、助けてもらっているのは私の方だと気づきました。

お読みいただきありがとうございました。

自信がなかった以前の私と、自分の能力が分かってきた今の私。昨日は、自分が昔から大変ズボラだったということを書きました。 https://sarasaralife.com/archives/...
自分の弱さを認める|娘が泣いた理由は私だった…こんにちはミモザです^^ 昨日、学校の前で泣き出した一年生の娘。 今週から家庭訪問が始まり、1時半には下校して返ってくるので...
小1の娘と私に、再び訪れた試練… 今朝の出来事。昨晩、一通のラインが。 小1の娘が毎朝一緒に登校している、同じ社宅に住む3年生の女の子のお母さんからでした。 内容は、「発熱...
今は本当に生きるのがラク。その理由を考える。少し前、こんな記事を書きました。 https://sarasaralife.com/archives/11922644.html ...
「以前の私」と「今の私」、考え方が180度違う。私は今、毎日を生き生き過ごしています。 昨日は、待ちに待った次男の教室の日!約2か月ぶりの平日ひとり時間でした♪ 朝4時に起...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
広報誌で子ども対象の#生け花教室 を見つけ、「娘は絶対好きだと思う!」と応募しました。写真は先生からアドバイスをもらいながら完成させた#娘の生け花 。案の定楽しかったようで「毎日やりたい!」と言っていました。『#身の回りは楽しいことがいっぱい 』そんな思いをもって大きくなってほしいです。一回で終わりでなく今後も数回あるので楽しみです。
朝7時35分、小学生組が出発。最近はだいたいいつもパジャマが#脱ぎっぱなし ですが、元気に「いってきます!」と言って出ていくだけでいいと思うと「まいっか」と思えます。#小三の長女 は、一年生のときは泣いたり、二年生くらいまで不安定だなぁと思うことがちらほら。今元気なだけでいい、と心から思えるのは、きっとそんな過去があるから。#大変なことも悪いことばかりじゃない ですね。#脱ぎっぱなしのパジャマ #朝の一コマ
用事があり、帰りの幼稚園バスまでの間に#小一の長男 とちょっとそこまで。前から車が来たので私が手を伸ばすと、すかさず長男が「ママ危ない!」と身を挺してくれました笑  あんなに泣いてばかりだったのに。いつの間にか成長してるんですねー。相変わらず#毎日半袖半ズボン です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です