お金

ズボラ万歳!お金の知識ゼロなのに一年間に154万円貯められた理由

一年間に154万の貯金。

これは私が主人と結婚し、夫婦共働きで、子どもがいない頃の話です。

今、同じ状況なら、この倍は無理なく貯められると思いますが、お金の知識がほぼゼロだった当時の私にしては、よく貯められたと思います。

どうして貯金ができたのか?

それは「私のズボラ的発想が大いに功を奏した」と言えるでしょう。


よく分からないが、とにかく月11万ずつ貯金すると決めた。

結婚して「貯金しなきゃ」くらいは思っていたのですが、当時は

・貯金をする明確な理由もない。

・どれくらい貯金したらいいか分からない。

ただ何となくキリのよい10万円にあと1万プラスしとくか!くらいの安易な考え月々11万円ずつ貯金することにしました。

加えて年二回のボーナスからも同じ11万円ずつ

合わせて 11万×14か月分=154万円

家賃・水道光熱費等は、夫の給与から引き落とし。貯金11万円は全て私の給与から。
食費などはどうしていたんだろう…謎(笑)お互い余ったものを小遣いとして好きに使っていました。

当時の事務の先生から「月11万円も貯金したらだいぶ貯まるね~」と言われましたが、私は「そうなんですか?」といった感じで、月に11万円が多いのか少ないのかさえ、よく分かりませんでした(笑)

もともとあった『給与振込口座を分けるシステム』を使った

貯金するには

・定期預金というものがあるらしい

・財形という方法もあるらしい

でも面倒なことが嫌いで、尚且つ調べようともしなかった私は、職場にもともとあった、給与振込口座を分けるシステムを使うことにしました。

事務室で書類を一枚書き、

・毎月の給与のうち11万円を貯金口座に

・残りをメインの口座に

別々に振り込むよう設定しました。

一度設定すると、後は毎月勝手に給与が分けて入金され、給与貯金口座には11万円ずつがどんどん貯まっていきました。

ただ単に、当時使っていなかった口座を貯金口座にした

私が貯金口座に指定したのは、大学時代に作った口座で、当時使っていなかったもの。

ただ単にそれだけの理由なのですが、

・メイン口座とは別の銀行の口座

・その銀行のATMが家の近くにない

そのおかげで、一度も手を付けることなく貯めることができました。
といっても月に11万円ずつ貯めていたのは子どもが生まれるまでの2年弱の話ですが(笑)
それから子ども3人の産休の時期も(育児休業期間と違い、産前産後休暇は給与が出ます)。

ズボラでも貯められるポイント

自分で書いていても、本当にズボラ的安易な発想ばかりなのですが、そこには今も生かすことのできる大切なポイントが隠れています。

①ズボラこそ、貯金は先取り。

②ズボラこそ、勝手にお金を貯めてくれるシステムを使う。

③ズボラこそ、簡単には下せないようにする。

今は暮らしに合わせて当時よりだいぶ貯金額は減りましたが、この3つのポイントは変わっていません。
月々の貯金額は減りましたが、別に子どものための積立、投資などをしています。でも今の生活も大切なので無理はしません。

逆にいうと、この3つのポイントを守っているからこそ、こんな私でも着実に貯めることができています!

おわりに

私は、家計簿が一か月も続いたことがありません。

もっというと一週間すら。

でもそれならそれで、他にちゃんと貯める方法があります。

自分に合った方法を見つけることが、ラクに、着実にお金を貯めるコツです。

ズボラ、万歳!

お読みいただきありがとうございました。

【家計管理】反対する夫に、‟小遣い制”を納得してもらうには?前回の記事で、夫は小遣い制だと書きました。(月〇万円+α) 詳しくはこちら。 https://sarasaralife.co...
正しい家計管理とは?家計管理には「正しい」やり方がある。 私は、そのことを一冊の本から知りました。 ただやみくもに節約をするだけでは、ストレスが...
家計簿をつけられなくても大丈夫!家計管理のポイント2つ!難しく考えることが、とても苦手な私。 家計を整えた今、結局は家計管理において大切なことは2つだと感じています。 家庭の収...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です