経験から学んだよりよい生き方

モヤモヤしたり落ち込んだりしたとき、私が意識していること3つ!

以前は、落ち込むと、長い間引きずっていた私。どうやって抜け出したらよいのかも、はっきりとは分かりませんでした。

しかし今は、たくさんの本を読んだり、自分自身の経験から、「こうしたらいいんだ」という考えが頭の中にあります。

今回は、モヤモヤしたり、落ち込んだりしたとき、私がいつも意識していること3つをご紹介します。


1.人生には、よい時も悪い時もある!

自分が落ち込んでいる時は、自分だけが最悪な状況にいるように感じます。

しかし、そうではありません。

これまで本を読んできて強く感じていることの一つに、「どんな著名な人たちだって、どん底だった時がある」ということがあります。

生きていたら、いろんなことがあります。それは誰にでも。

以前、下記の記事を書いた時、次のようなコメントをいただきました。

「何だか最近上手くいかない」と思ったら…「何だか上手くいかない」 まさに最近そう思っていたところです。 何か大きな出来事があったわけではないのですが…。 イラ...

毎日楽しそうなミモザさんも、うまくいかないと思うことがあるのですね!

ミモザさんにもそういう時があるんですね、不謹慎ですが親近感を持ってしまいました。

誰だって、「自分だけが辛い状況にある」と感じるのは、きついものがあります(私だってそうです)。

また、「きついのは自分一人じゃない」と思えると、元気が出てくることもあります。

そう、誰にだって、生きていたらよい時もあれば悪い時もあるのです。

私自身、前は、「ずっと悪い状況が続く…」「どうして私だけが…」と思っていましたが、
今は「こんな時期なんだ」「そういう時もあるよね」と思えるようになりました。

2.頭で考えてばかりでは、何も変わらない!

これまで落ち込んだとき、家でじっと考えてばかりいて、解決したことがありますか?

恐らく、少ないのではないでしょうか?
にもかかわらず、前の私は、数時間も?数日間も?グダグダと悩んでいました(-_-;)

特に夜は最悪で、前向きに考えられるどころか、大抵悪い方悪い方へいってしまいます(なので、考え事は朝!このことは、多くの本に書かれています)。

 

また、以前は、何か答えを探すように、誰かのブログをひたすら読んでいた時期がありました。

もちろん、学んだことは数知れず。

ただ、ブログを読んだだけでは何も変わりません。

自分で理解して、実際にやってみて、はじめて目の前の現実は変わります。

私が「人って変われるんだ!」と心から思えたのは、誰かのブログを読んだからではなく、
部屋を片付けたり、家計を整えたり、本を読んで日常に生かしたり…、実際に自分自身で手や体を動かして"行動"したことによって、でした。

そういう意味では、このブログも、誰かが読まなくなればいいな、と思っています。

以前は、考えて考えて考えて…結局さらに落ち込む、という感じでしたが、
今は「とにかく何かやってみよう!」と行動することにしています。


3.これまでの自分と違う行動をする!

では、一体何をどのように行動したらいいのか?

それは、「これまでの自分と"違う"行動をする」ことです。

少し例を挙げてみます。

  • いつもはYESと答えていたところをNOと答えてみる(例:気が乗らない誘いを断ってみる)
  • いつもはAを選んでいたところをBを選んでみる(例:レストランで注文するときに敢えていつもと違うものを頼んでみる)
  • 朝いつもより10分早く起きてみる
  • 朝起きてから一番にすることを変えてみる(例:朝起きてスマホを触っていた→朝起きて顔を洗ってみる、ストレッチをしてみる、カーテンを開けてみるetc)
  • 子どもを送った後、いつもならソファに座っていたところを、玄関掃除をしてみる

などなど。全く難しいことではありません。
ちなみに、上記のことは、全て私が実際にやったことのあることです。

え、そんなこと?と思われるかもしれませんが、意外や意外、とても効果的です☆

『人は、習慣によって成り立っている』と言われます。

普段やる行動や思考、そのほとんどが、習慣による無意識のものなのです。

そのため、悪い状況を断ち切るためには、いつもの行動を変えること!
いつもうまくいく人って、「うまくいく習慣」を身に着けているのだと思います。試行錯誤しながらそんな習慣を身に着けていきたいです☆それはやがて子どもにも伝わると思っています。

そうやって行動していると、すぐ明日から、とはいかないものの、いつの間にか落ち込んでいる状況から抜け出しているのです!

「上手くいかない=やり方を変えなさい」というメッセージ

嘘だと思って、ほんのちょっぴりいつもと違う行動を試してほしいです。

おわりに

モヤモヤしたり落ち込んだりしたとき、私が意識していること3つをご紹介しました。

もちろん、モヤモヤしたり落ち込んだりする場面は、ないならない方がいいです。私は、強靭な精神も持ち主でもなければ、超ポジティブな人間でもありません。

でも、誰にだってある!

そのために、私が意識していることは次の3つ。

  1. 人生には、よい時も悪い時もある!
  2. 頭で考えてばかりでは、何も変わらない!
  3. これまでの自分と違う行動をする!

私の話が、誰かの役に立てれば嬉しいです。

 

 

少し前、こんな本を図書館で見つけ、読みました。

普段読書をしない夫が、「よかった」と言っていました(『7つの習慣』は難しいと言って途中でやめていました(笑)そうでもないんだけどな~)。

参考までに載せておきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#保存食 として買っておいたごはん。片付けをしていてよくみたら、一年前に賞味期限が切れてました😂たまに見直すことって大切ですね!
#さらしたまねぎ 。子どもたちに、かつおぶしとポン酢(わが家は#かけぽん )をかけて食べる食べ方を教えたら、すごーく美味しかったようで、3人ともおかわりしてました。海苔を乗せても美味しいけれど、それはまた今度♪
今年、小学生3人になったわが家。まだ一年生は帰りが早く、下校時間が三人一緒のことはなかったのですが、先日歓迎遠足があり、その日は初めてみんな下校時間が一緒。姉の号令のもと、運動場で待ち合わせをし、三人一緒に帰ってきました。姉曰く「めっちゃ楽しかった!」と。高学年になると、きょうだいで帰りたがらない、という話を聞くこともますが、まだそれはないよう笑 今日もなぜか全校4時間で帰ってくるので、朝、待ち合わせ場所を確認してました笑(写真は下校時ではなく、習い事の帰りです)家ではしょっちゅうケンカもしてますが、3人楽しく帰ってきてくれるのは嬉しいことです。#さんにんきょうだい
たまたまテレビをつけたら気になる番組が。本当に教員の仕事量はハンパないと思います。親になり改めて先生の存在って大きいなぁと思うので(勉強のこと、友達関係のこと…先生から学んくることいっぱい)、本当に先生たちが働きやすい環境であることを願います。
子どもたち三人それぞれ一学年ずつ上がり、三番目の次男は小一に☺️楽しく通っています。お姉ちゃんお兄ちゃんの存在も大きく、私も頼りにしています(お姉ちゃんが毎日靴箱まで送ってくれてるようです)。「全部好き!(どの教科の学習も好き)」「給食楽しみ!」「お友達できたよ〜」幼稚園同様何ごとも生き生きと活動しています。まだまだ赤ちゃんみたいなところもあるし笑、言うこと聞かないし笑、数日前は帰ってこないなーと思ったら運動場で遊んでるし笑(それについてはしっかり話をして、途中何かあったのかと心配になるからやめようと話をすると、翌日はちゃんと帰ってきました!)で相変わらずやんちゃな次男ですが、話題に事欠くことなく日々を送れることに感謝です。時間割も一生懸命やって、新しいことをどんどん学んでいく姿は頼もしいです。私自身も、幼い下の子がいる一人目の時よりもだいぶ落ち着いて時間割等みれます。
金曜日に熊本から福岡へ戻ってきました(夫は仕事のため先に新幹線で)。夫は仕事のため、私だけで大量の荷物を部屋まで運ぶのが憂鬱だなーと思っていたのですが、子どもたちが玄関までカート?を取りに行ってくれ運んでくれたので助かりました。いつの間にか大きくなってるんですねー。荷物の片付け中は子どもたちはずーっとテレビ観てましたが笑、私は途中でお菓子など食べながらゆっくり片付けました。「片付けて!」と言うと片付けない子どもたちにイライラするので笑、言わなくて正解でした笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です