本から学んだこと

本田晃一著『日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと』を読んで|竹田和平さんからの学び

本田晃一さんの『日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと』を読みました。

私がこの本を知ったきっかけは、ブログに寄せられたミイコさんという方からのコメントです。

ミイコさん自身もブログを運営されていて、その中で"一番のおすすめ本"と紹介されていました。※ミイコさんのブログ→ありがとうで幸せと夢を叶えよう

この本は、本田晃一さんが、「タマゴボーロ」「麦ふぁ~」などで有名な竹田製菓の会長でである竹田和平さんからの教えを綴ったものです(竹田和平さんは、現在は亡くなられています)。

「幸せな成功者」と呼ばれる人との多くの出会いには、感謝してもしきれないほどなのだが、そのなかでも教えがひときわ輝いていたのが竹田和平さんだった。

本田晃一さんも、竹田和平さんも、以前少しだけ本で読んだことがあります。お二人とも「本当の意味で幸せに生きている(生きた)人なんだろうなあ」という印象を持っていました。

今回読んだ本も、心に沁みる内容であるとともに、幸せに生きていくためのヒントがたくさん書かれていました。

特に印象に残ったことをまとめます。


自分を好きになることから始める

これは、序章:理想の師匠に最短でアクセスする方法 に書かれていることですが、とても大切だと感じたので記しておきます。

それまでの自分は、成功したら自分を好きになれると思っていたけど、ほんとは正反対で、失敗した部分を受け入れたら初めて自分を100%好きになれる。
生きていれば成功も失敗も常にしていくものだから、成功した部分だけを受け入れても、それは自分の半分しか好きになれていないってことだったんだ。
のちに、このときのことを友人で作家のひすいこたろうさんに話したら、「人は長所で尊敬され、短所で愛される」と言われた。うん、ほんとこの通りで名言だと思う。

前の私は「何かしないと人は価値がない」と思っていました。だからこそ、家で家事と育児を繰り返す毎日に意義を見いだせなかったのだと思います。

しかし今は、不器用で、優柔不断で、相変わらずバタバタすることもあって…そんな自分でもいいじゃん(そんな自分でもやれることはある)、って思えます。その分、夫や子ども、周りの人たちが支えてくれている、と。

本田晃一さんも、"失敗した自分にOKが出せて好きになると、素直に学べるマインドになっていった"と書かれています。

いかに与えるか

ここからが、和平さんからの学びの話です。

和平さんの話は、「いかに稼ぐのか?」という話はまったくなく、「いかに与えるのか?」という話ばかりだ。

成功しても幸せに見える人は、「与える」という話をよくしていた。対照的に、成功しても幸せそうに見えない人からは、与える話を聞いたことがほとんどなかった。
どうやら「与える」ことは、豊かに生きるうえで重要なカギになるらしい。

「晃ちゃんなぁ~、最近、引き寄せの法則ってはやっとるよなぁ。
でもなぁ、あれ、自分のため自分のためって考えてると、我だらけの人が集まってきて、よーけめんどくさいねぇ。
それよりも世のため人のためと思っていると、気持ちのいい人が集まってきて面白いねええ。わはははー」

和平さんは、本当に"与える人だった"というのが、本を読むとよく分かります。

しかし、「与える」といっても、簡単なことではないかもしれません。本田晃一さんも"「与える生き方」はなかなかできない。びびってしまう。"と書かれています。

ではどうすればいいのか?


自分のコップを満たす達人になる

和平さんは、とにかく豊かさをキャッチし、味わってしまう。
「豊かさを味わう達人」になると、人の幸せが自分の幸せとしてキャッチできてしまうのだ。
和平さんは、どんな状況でも、自分のコップを満たす達人なんだ。
ありとあらゆる場で、コップを満たしてしまう達人なんだ。そして、周りの人のコップまでも、その言動で満たしてしまうのだ。
そっか! 自分を満たす達人になれば、与えられる人になれるかも!?
そうだ! だから与えられるんだ‼ とわかった瞬間だった。

和平さんは、歴史上の人物に「今の自分が豊かに生きられるのはこの方々のおかげ」と感謝し100人の偉人の純金メダルを作ったり、
うどんやさんで、自分が食べたいものが売り切れていても「満員御礼でめでたい!」と言ったり、お店の人に「いや~おいしかったよ!ありがとうね!ありがとう!!」と伝えたり…

あらゆるところで豊かさを感じられる人だった、ということが分かります。

ありがとうと言うのはタダなのに、
みんなを幸せにしてしまうでよ。
すごい言葉よねぇ。

満たされた状態で日々過ごすのと、「足りない足りない」「もっともっと」と思って過ごすのとでは、その違いは明らかです。

そして、私が個人的にとても好きだったのが、本の後半に出てくる次の部分。

「(略)それと、花なんてもっとすごいよ! 下に咲いとる花は上を向いてて、上に咲いとる花は下を向いてて、背丈くらいに咲いとる花はこっちを向いて咲いてるがね。
花ってのはな、人間に向かっていつも咲いとるでよ。こんな奇跡みたいなことはあるかね? なんでこれをありがとうと思わんかね。 これ以上のありがとうはほかにあるがなぁ。わははは。(略)」

これを読んだとき、何と素敵な見方なんだ!と思いました。そして、外を歩くときの感じ方が変わりました。

考えてみたら、今住む家があるというのも、寝る布団があるというのも、こうやってパソコンを打つことができるというのも、当たり前のことではありませんね。

改めて、身の回りの豊かさに気づかされました。

「成功したければ動機が必要だがね」

「偉人たちの最初の動機は、まず家を守ろうだったよね。お父さんお母さんを楽させたい。女房子どもを安心させて食わせたい。まず家を守ることだったよね。
家を繁栄させたら、今度は地域社会だよね。
自分の地域社会をどう豊かにしていくか。
そして、地域社会を豊かにしたら、今度は国だったよね。
そうして、偉人たちは動機を大きくしていったがね

これは、本田さんが和平さんに「成功の秘訣」を聞いた時の話の一部です。

この、"まずは自分の周りから。そしてだんだんと広げていく。"というところに、大切なヒントがあるような気がします。

各々が、自分にできることをしっかりと。私も、今の自分にできることをしっかりやろうと思いました。


恐れて慌てる人にならない

本書の最後になって暗いことを書くのもどうかと迷ったけど、リーマンショックのタイミングをピタリと当てた和平さんは、「2022年頃、経済が破綻するねぇ」と言うのだ。
各国で財政破綻が始まり、資本主義経済の方向性が世界規模で見直される時期が来るらしい。現在の経済は、自分さえよければいいという我が肥大化して暴走し、いずれいき詰るというのだ。
(略)
本当の経済活動とは、相手を思いやり、お互いが幸せになることだと言う。
これから世界が求めるリーダー像は、自分さえよければいいという人ではなく、思いやりと調和をもった真心の人だ。

"2022年"。

まさに今のコロナ禍の状況を予想していたかのようで、これを読んだときは本当にドキッとしました(この本が出版されたのは2014年)。

今一度、私たちはどうしていったらいいのか、生き方を問われている気がしますね。

おわりに

本田晃一さんの『日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと』を読んで、私が特に印象に残ったこと、感じたことをまとめました。

ありがとうをたくさん言う。
この国の素晴らしさに気づく。
自分の尊さに気づき始めると、自分が咲かせようとする花が見えてくる。
その花を家庭、地域社会、国へと広げていく。

幸せな成功者の教は、いつもとてもシンプルだ。
いつも僕は、いろんな理由をつけて難しく考えて幸せを遠ざけてしまいがちだ。
素直にやってみよう。
きっと今よりずっとよい人生が待っていると思う。

幸せに生きるためのヒントがたくさん詰まった一冊でした。

そして、今回この本との出会いのきっかけをくださったミイコさん。和平さんのことをもっとたくさんの人に知ってほしい、との想いをもってブログをされているそうです(素敵ですね!)。

ミイコさんが書かれた記事がありますので、ご紹介します。→竹田和平さんから学ぶ~幸せで豊かな人生を送るために必要なこと~ 和平さんへの愛に溢れています☆

一人でも多くの人に、和平さんの想いが届きますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい幼稚園での#歓迎遠足 。前から気が重いなーと思っていましたが、とっても疲れました!でも次男は今日をとても楽しみにしてくれていたし、子どもの様子も見れてよかったです。この前転入したとは思えないほど楽しんでいました。先生方や周りの方も親切にしていただき、ありがたいなーと思います。同じクラスに他にも転入した人たちがいて、#転勤族の大変さ を共有しました笑 疲れすぎたので、今日の晩ご飯は昨日作ったカレーと冷や奴です。
以前の社宅はキッチンとダイニングテーブルが同じ場所にあり、テーブルが作業台にもなっていましたが、今回は独立型。少し過ごしてみて、棚?台?が必要だと感じました(もうすぐ届くので楽しみ)。ない今は、すごく作業しづらいし、すぐ散らかります!(ちょっとその一部が見えてます😅)なるべく物は買いたくないけれど、買って便利になるものは買う!
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。

POSTED COMMENT

  1. ミイコ より:

    ミモザさん、こんにちは。

    私のおすすめ本を読んでいただき、とってもとってもうれしいです。
    それだけで感動しています。
    本当にありがとうございます。

    そしてたくさんの和平さんの言葉を紹介いただいた上、
    さらに私のブログの紹介まで・・・。

    ブログをやっていてよかったな。
    ミモザさんにコメントしてよかったなと、
    最近こういったネット上でのつながりの価値を身に染みて感じています。
    ありがとうございます。

    本にあった和平さんの言葉。
    本当は全部紹介したいくらいですよね。
    和平さんの「まろわ(真心の輪)」の心が世の中に広まって、
    幸せな日本人でいっぱいになってくれたらいいなと思います。

    いろいろと大変なときですが、これを乗り越えた先には
    きっと幸せな世界がある。
    そう信じて、毎日をワクワクで楽しんでいきたいですね♪
    ありがとうございました!
    w(^○^)w

    • ミモザ より:

      ミイコさんありがとうございます!
      そしてお返事が遅くなって申し訳ありません(少し前からコメントが来てもなぜかメールが来ず、原因不明です(T_T))
      本当に、素敵な本との出会いをありがとうございました☆夫にも読ませます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です