経験から学んだよりよい生き方

久しぶりに、栗原はるみさんの本(雑誌)を買いました!

大好きな料理家、栗原はるみさん。

生き方・料理・暮らしの楽しみ方…
私にとても大きな影響を与えてくれた方です。
大学の頃から好き♡栗原さんの本や雑誌を読みながら、好きなお茶やコーヒーを飲むのが至福の一時でした♡
歌手や俳優さんに「キャー」といってもおかしくない時期、私の頭の中は栗原さんでいっぱいでした!

詳しくはこちら

【価値観を広げてくれたもの】「好きな料理家」と「必ず見るテレビ」今日は、今の自分の価値観を作ってきた要素の一つであろう「好きな料理家」と「必ず見るテレビ」について書いてみたいと思います。 ズバリ...

結婚する前から買っていた、年4回発売される雑誌『haru_mi』。

子どもを生んでしばらくは毎回楽しみに買っていましたが、ここ数年遠のいていました。

しかし、先週日曜日、ふと立ち寄った本屋さんで、
久しぶりに買うことにしました!

そこに書かれていた文章に心惹かれたことと、気持ちの変化がきっかけです!

何歳になっても素敵な栗原さん☆


心惹かれた文章

雑誌を開いて最初の方にある「キッチンから心をこめて」というコーナー。栗原さんの想いが綴られています。

そこにこんな文章が。

・・・
今思い出しても涙目になってしまう出来事があります。
・・・
あのとき私が腹を立てていたら、今のようないい関係はあり得なかったかもしれません。あのとき頑張ったおかげで、私は忍耐強くなれた気がします。玲児さんの厳しい要求に応えるために努力したことが、料理家としての私を鍛えてくれて、人としても成長できたのではないか。相手のために尽くすことが、結局自分のためになるのだと、しみじみ思います。今は感謝の気持ちさえ湧いてくるのです。

いつもニコニコ明るく、素敵な暮らしぶりが伝わってくる栗原さん。
普段、雑誌やテレビからは、そんな葛藤の様子は伺えません。

しかし、今のような成功の裏には、並々ならぬ努力があったのだと、改めて感じました。

そして、「相手のために尽くすことが、結局自分のためになる」という考え方に、大きく共感しました。

栗原さんを好きでよかった!
栗原さんに惹かれた理由が改めて分かった気がする!

そんなことを感じました。

自分の気持ちの変化

私にとって、子どもが生まれる前の楽しみの一つが、“友人を家に招いて一緒に料理を食べること”でした。
みんなで料理を作ることも。

「何を作ろうかな~」
「どのお皿を使おうかな~」

そんなことを考えるだけでワクワクしました♪
みんなで陶器の旅に出かけたことも!

約10年前、自宅で、友人と一緒に料理をした時の写真

本当に楽しい時間でした☆

しかし、子どもを生んでからは、自然とそんな機会は減っていき、
最近は、「やろう」という気持ちさえもなくなっていました。

しかし、栗原さんの雑誌を読んで、当時の気持ちが蘇ってきました!

一人、本屋さんで雑誌をパラパラめくりながら、昔の感覚を思い出すとともに、心が高鳴っていくのを感じました。
夫と子ども三人はお店の横のゲームセンター(笑)


暮らしは変化してゆく

最近、休日の晩ご飯は、お鍋or夫の料理がほとんどでした。

しかし、その日は「私が作る!」と宣言!

帰宅後、子どもたちを夫に任せ、私は一人家で料理に取り掛かりました。

作りながら、

楽しい!
どのお皿を使おうか考えるのも楽しい!
盛り付けをあれこれ考えるのも楽しい!

忘れていた気持ちを思い出しました。

日曜日の晩ご飯
ハンバーグ
トマトとモッツァレラチーズ
じゃがいもとブロッコリーのバジル和え
大根とツナのマヨネーズ和え
かぼちゃスープ

どれも手の込んだものではありませんが、とても楽しかった!!
最近「魚か肉を焼く」が中心だったので、ハンバーグを作ったのも久しぶりでした(笑)

こんなことから何年も離れていたのに…

暮らしって変化していくんだな

そう感じました。

おわりに

今回買った一冊の雑誌。

興味のない人にとっては必要ないものかもしれません。
しかし、私にとっては心がワクワクする大切なもの。

どんなにモノを減らしても、こういうものは残していたい。

また、自分にとって必要のないものは、誰かにとっての大切なものかもしれない。

そして、
モノ・コト・思考の手放しは、それ自体が目的ではなく、
自分にとってよりよいモノ・コト・思考を取り入れるための準備。
今回の場合で言うと、
モノ:栗原さんの雑誌
コト:楽しみながらの料理
思考:暮らしの中のワクワク

そんなことを感じました^^

【価値観を広げてくれたもの】「好きな料理家」と「必ず見るテレビ」今日は、今の自分の価値観を作ってきた要素の一つであろう「好きな料理家」と「必ず見るテレビ」について書いてみたいと思います。 ズバリ...

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#小学校の運動会 がありました。子どもたちの一生懸命頑張る姿を見たり、「先生たちコロナの中練習大変だっただろうなぁ」などと思ったりすると、思わずウルッときてしまいました。本当に運動会できてよかった!午前中でお弁当もなし、親としてはラクでした。
#かつおの角煮 。これも#グリーンコープ のカタログで注文できます。甘辛い味がご飯に合う!家族全員大好きです。#ミモザ家のご飯のおとも #ご飯のおとも
先日急に夕方に用事が入り、帰ってすぐ食べられるようにと、唯一冷蔵庫にあったお肉、鶏の挽き肉を使って#親子丼 を作りました(わが家の親子丼は、母がそうだったように、にんじんが入っています!)。調理も簡単、子どもにも大好評でした。普段ならば#挽き肉で親子丼 なんて考えませんが、困った、というのは#思わぬアイデア が浮かぶものだと思いました。
#年中の次男 、朝の登園時#つゆくさ を摘み、帰ったら#いろみず をつくるそうです。「家に(つゆくさ)おいとって」と言われました。以前一度だけ#色水作り をやったことがありますが、しっかり覚えているようです。私も子どもの頃にたくさん作った覚えがあります。こういうことも親から子へと繋がっていくんだなぁと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です