子どもとの関わり方

【子育てのイライラ】久しぶりに「やってしまった…」と思ったこと

この記事を読む前に、ぜひ一つ前の記事をお読みください。

夫よ…。約一週間ぶりに帰省先の実家から自宅に戻ってきてみれば…。一昨日の16日金曜日、私の運転で、帰省先の実家(熊本)から自宅に戻ってきました。 夫はお盆休みがないため、12日に一人新幹線で自宅...

16日の夕方に熊本の実家から自宅に戻ってきました。留守中の夫の行動にモヤモヤしつつ、何とか自分の感情をコントロールできました。

「これで一件落着、久しぶりに家族五人で楽しく夕食♪」

それで終わればよかったのですが…

実は、それには続きがあるのです。


ご飯を食べようという時になって…

夫が夜7時半頃仕事から帰宅し、数日ぶりに再会。

少しみんなで会話した後、夫はお風呂へ。(わが家の定番スタイル。夫のお風呂は驚くほど早いです・笑)

子どもたちは、夫の帰宅前もお風呂の間も、ずっとリビングのソファに座ってテレビを見ていました。(夫の帰宅はいつもより少し遅めですが、夏休み&久しぶりの家族での夕食だったため、待つことにしました。)

イライラを爆発させずに上手く機嫌を保てたし、
荷物の片付けもほぼ済んだし、
晩御飯も作った!
よ~しゆったり晩御飯だー♪

そんな気持ちで、テレビを見ていたた子どもたちに「ご飯だよ~」と声をかけました。

すると・・・

長女が、ダイニングテーブルのところにきて、「頭いた~い」「きつ~い」「お腹もなんかいた~い」と言い出しました。

え、今の今までテレビ(ユーチューブ)見てたよね!?
さっきまでゲラゲラ笑ってたよね?
今言う?

思わずカチンときて、そのまま強い口調で言ってしまいました。

「食べれるだけ食べよう」といっても、数口食べただけ。

「じゃあもう寝なさい」と言ってしまいました…。(夫にも、後で「(最近では)珍しく口調強めだったね」と。うん私もそう思う…。)

私の中の葛藤

一応熱を計ってみると…

38.5℃の熱 (+o+)

「本当にきつかったんだね、ごめん」と思いつつ、このどうしようもないこの感情をどうしたらよいものかと…。
今回は、「人間だもの、仕方がない」とあっさり思うことができませんでした。

そして、寝床に付き添いながらも「言い過ぎた。ごめん」と言うことができませんでした。

 

私は食事に戻りました。

しかし、やっぱり何だか気持ち悪くて…

再び謝ろうと長女のところへ行くと、娘はもうぐっすり寝ていました。

 

私の中では、「一人で子どもたちを帰省から連れ帰って、あれこれやって疲れていたから仕方がない」という思いと、「ここまで言う必要なかったよね」という思いが交錯して…

久しぶりに、嫌~な感情を味わいました。
前はこれが日常茶飯事でした…。三人の子育てで「おりゃー‼」となることもよくあるけれど、自分の一方的な感情で怒ってしまうと、自己嫌悪に陥ります…。


おわりに

これまで私が学んだことは、どんなにウジウジ後悔しても何も変わらないということ。

しっかりウジウジした後は、やっぱり“今ここから”自分にできることをやるのみ

なかなか切り替えが難しかったけれど、どうにか長引かせずにすみました。

 

翌朝長女に「ごめん、昨日はママが言い過ぎた」と謝りました。

娘は一言「いいよ♪」と。(朝には熱は下がっていました。疲れからきたようです。その後も元気です。)

 

今回のこと、悪いように捉えれば「やってしまった…」。

いいように捉えれば「久しぶりの自己嫌悪」。

正当化するつもりはないけれど、反省から学び、なるべくこういうことを減らしていきたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

夫よ…。約一週間ぶりに帰省先の実家から自宅に戻ってきてみれば…。一昨日の16日金曜日、私の運転で、帰省先の実家(熊本)から自宅に戻ってきました。 夫はお盆休みがないため、12日に一人新幹線で自宅...
どうか子どもに怒鳴らないで!子どものためではなく、自分のために。「子どもに怒鳴らないで!」 子どもに怒鳴り散らしていた私が言うことではないことは重々承知なのですが、 ・私と同じ苦しみを味わ...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
日々のこと、想い。
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
Instagram post 2196216631747526827_22440816252 昨日昼間の写真です。冬は寒いですが、太陽の位置が低いため部屋に光がたくさん差し込みます。夏は逆に太陽の位置が高く、あまり光は入ってきません。自然ってすごいです。
Instagram post 2194773814525500282_22440816252 今朝の朝食の時に長男に撮って!と言われた写真。年長の長男、先週、幼稚園バスから降りてくるなり「今日幼稚園で泣いた」と言った日がありました。理由を聞くと、お遊戯会のリハーサルの際踊りの立ち位置を間違い、後でクラスの男の子から「〇〇くんのせいで…」と言われたそうです。家に帰ってからもその話をしていると、小二の娘が弟(長男)へ「そりゃーいやだね!「△△くんも間違うことあるでしょ!失敗は成功のもと」って言ってやれー!」とアドバイスしてました。子どもはいろんな経験の中で揉まれながら、少しずつ成長していくんですね。
Instagram post 2193410916695820251_22440816252 3歳の次男、月火と風邪で幼稚園をお休みしましたがもう元気になりました。昨日、幼稚園の先生からお電話がありました。お遊戯会のリハーサル&写真撮影の際、ママがいい!と泣いて、目が赤いまま写ってますと。息子によく話を聞いてみると、お手伝いのお母さんたちが着替えを手伝ってくれている中、私がいなかった(私は運動会の委員で運動会のお手伝い担当だった)ため、泣いたそうです(何で他のお母さんたちがいる中自分のママはいないのかと)。まだ状況を上手くつかめず、ママがいいと泣いてくれる次男、誰かに必要とされることは本当に嬉しいことです。いつまで泣いてくれるのでしょうか。
Instagram post 2191807476085470184_22440816252 朝、息子二人を幼稚園バスに送る際、社宅にビニール袋が落ちていました。来週社宅の掃除があるので、見て見ぬ振りをしようと思ったのですが…。年長の長男に「風でとんで海に落ちたら魚が苦しむからとっといて(送った後に拾っておいて)」と言われたので拾って家に持ち帰りました。息子に戒められました。
Instagram post 2191141594522780359_22440816252 昨日テレビに出演された栗原はるみさん。大学の頃から大好きです。(一言一句聞き逃してなるものか!と、風邪でお休みしていた次男にはスマホを持たせていました)いつ見ても、凛とした美しさ、可愛さ、芯の強さを感じます。とてもよい刺激をもらいました。これまではるみさんからは、「ちょっとした心がけ・工夫で、毎日はとても楽しいものになる」そんなことを教わった気がします。
Instagram post 2191133362353985781_22440816252 二日間幼稚園をお休みしていた次男、熱も下がり、今日から登園しました。久しぶりに部屋をリセットでき、ホッと一息。改めて一人時間の大切さを再確認しました。といっても今日は、生協の配達、娘の持久走大会、幼稚園へのお迎え(いつもはバスですが念のため)…ゆっくりはできません。でも、やることがあるって幸せなことだなぁと、ふと感じました。

POSTED COMMENT

  1. つき より:

    寝床で付き添いながらも、言い過ぎた、ごめん、がいえなかった、というところ、うんうん、あるある!!!あります!そして自己嫌悪!! とブンブン頭をふりたくなりました!!  反省から学び、次に活かす。なるべくわたしも減らせるように努力していきたいです。

    そして、7つの習慣の本が手元に届いたので読んでみます★

    • ミモザ より:

      たくさんの共感ありがとうございます!!!
      自己嫌悪に陥ること、なるべく減らしていきましょう☆

      7つの習慣、これから読まれるのですね!
      (どんな本でも)人によって合う合わないはあると思いますが、よりよく生きていきたい!と思う人にはぜひ一度読んでほしい本です^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です