子どもとの関わり方

無理強いしなくても、子どもはちゃんと育つんだね!

  • 子どものうちにちゃんと教えておかなきゃ!
  • 早くから~させたほうがいい!

以前は、私自身そんなところがありました。

しかし、こちらが無理強いすればするほど、子供はギャーっとなり空回り…。

実際に子育てをしてきて、今は「無理強いしなくても、子どもはちゃんと育つ」ということを感じています。


子どもたちは、本を読むのが好きらしい

子どもには、本を好きになってほしい。

多くの親が望むことではないでしょうか。

私もずっとそう思ってきました。

しかし、ワンオペ育児、2歳差子育て…

毎日毎日穏やかに子どもたちに絵本を読むことは、厳しいものがありました(時間的にも、気力的にも)…。

赤ちゃんがいる状況では、上の子に本を読んであげようと思っても、大抵下の子がワンワン泣いています(T_T)

本当は、"静かな中"、"ゆったりした気持ちで"、読み聞かせをした方がいいと分かってはいても、なかなか難しいものがあります。

 

ただ、そんな状況でも、

  • 強制的に絵本を読むこと(子供が望んでもいないのに読むこと)
  • 本を読むことを強制すること(「本を読みなさい」と言うこと)

それだけはしないよう守ってきました(私自身親から「もっと本を読みなさい」と言われて嫌だったため)。

一時は、毎日頑張って絵本を読んでいた時期もありましたが、「無理しないことの大切さ」を感じてからは、積極的に絵本を読むこともしていません。

気付けば、「寝る前の読み聞かせを数か月やっていない」という時も。

ただ!

子どもたちは、どうやら本が好きなようなのです!

 

積極的に図書館に行こう!と言ったり、毎日毎日本を読みふける子たちではないですが、

「本読むの好き!」
「文集読むのめっちゃ楽しい~」
「図鑑面白い!」

遊びの一つとして、本を、身近で、抵抗なく、むしろ"楽しいもの"として認識しているようです。

図鑑を読む長女と長男。その横で好きな絵本を読む次男(字は読めませんが、自由に読んでいます!)。
キッチンの床で県文集を読む長女(笑)何もそこで読まなくても…

夫は、家事をするのが好きらしい

夫は、今も夜な夜な一人時間を楽しんでいます。

子育て中の夫の一人時間|いつ・どこで・何してる⁉︎今日は、子育て中の夫の一人時間について書いてみます。 私は、子どもを生み、「本当に一人時間って必要だな、大切だな」と感じるようにな...

夜一度かける洗濯物(洗濯→乾燥)は、だいたい夫の仕事です。

その際、日によって前の洗濯物が入ったままのことがあります(つまり私がさぼった日)。

以前はドサッと出しておしまい、だったのですが、
私が「(もし余裕があったら)畳んでくれると助かる~」と言ったところ、たまにやってくれるようになりました。

大雑把なところは相変わらずで、靴下や洋服が"裏返しのまま"畳まれていることも度々ですが…

先日私が夜中に目が覚めると夫が洗濯物を畳んでいて、寝ぼけながら「ありがとう」と言うと、
夫は「俺家事好きかもしれん(好きかもしれない)♪」と楽しそうでした(笑)

翌日の様子。ちゃんと畳んでる~!

以前記事にしたように、夫は幼いころから実家でほとんど「手伝いをしなさい」と言われたことがないそうです。

私が親として子どもに「させない!」と決めている3つのこと。・慣れない育児に日々疲れる ・思い通りにならないことにイライラ ・人の考えに翻弄される 私はつい1年程前までこんな状態だったの...

だけど、そのためか、家事をすることに全くの抵抗がありません

子どもが新しいものをやるときのように、ワクワクした気持ちでいるようです(笑)

洗濯物をしまってくれることも。ただ、場所は全然違います(笑)

"よりよい子育て"があるとすれば…

子育てには正解がなく、いろんなやり方があっていいと思います。

しかし、もしも、"よりよい子育て"というのものがあるとするならば…

それは、

身の回りに楽しみをたくさん持てること(「この世は楽しいことがいっぱい!」という希望を持てること)

なのかな、と思っています(わが子がそんな気持ちをもって成長してくれたら、親としてこれほど嬉しいことはありません)。

 

「文字を正しく読むこと」
「登場人物の気持ちを読み取ること」
「洗濯物をきっちり美しく畳めること」
「きれいに収納すること」

それらも大切かもしれませんが、

長い人生を考えると、子どものうちからそれができることよりも、

「本を読むのって楽しい!」
「家事って面白い!」

そんな心を育む方が、より豊かに人生が送れるのではないでしょうか。

おわりに

「子どものうちから(早い時期から)~させなきゃ」

それって、親も、子どもも、どちらもきついです。

無理やりやったとしても、学べることはたかが知れています(私たち大人だって、自らやりたい!と思ったことこそ、どんどん吸収していきます)。

それに、無理強いされると「やりたくない」って思いませんか?(それにもかかわらず、大人は「~しなさい」と言ってしまいますね)

 

実際に子どもを育ててみると、
親が無理強いしなくても、
親が頑張らなくても、
子どもはちゃんと学び取っていくんですね!

もちろん、本の楽しさや家事・お手伝いの楽しさ、それらを伝えられたら一番です。

しかし、ワンオペ育児だったり、下の子がいたりすると、やっぱり大変です(一日過ごすだけで精一杯)。

また、親自身がいろんな物事の楽しみを全て知っているかというと、そうではありません。

そんなとき、「強制しない」!

それだけでも守れたら、子どもは少なくともそれを嫌いにはなりません(もちろんできるときは楽しさをたくさん伝えて)。

 

どうか、子どもたちが、「楽しくない、面白くない」そんな気持ちでいっぱいにならないように。

ママ(パパ)自身が苦しくならないように。

私の経験が生きれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

私が親として子どもに「させない!」と決めている3つのこと。・慣れない育児に日々疲れる ・思い通りにならないことにイライラ ・人の考えに翻弄される 私はつい1年程前までこんな状態だったの...
子供が自ら進んでお手伝いできるようにするための親の関り方子どものお手伝い、みなさんはどんな風に考えていますか? 毎日必ず何かをさせる。 一つ仕事を決める。 時間がかかるか...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい幼稚園での#歓迎遠足 。前から気が重いなーと思っていましたが、とっても疲れました!でも次男は今日をとても楽しみにしてくれていたし、子どもの様子も見れてよかったです。この前転入したとは思えないほど楽しんでいました。先生方や周りの方も親切にしていただき、ありがたいなーと思います。同じクラスに他にも転入した人たちがいて、#転勤族の大変さ を共有しました笑 疲れすぎたので、今日の晩ご飯は昨日作ったカレーと冷や奴です。
以前の社宅はキッチンとダイニングテーブルが同じ場所にあり、テーブルが作業台にもなっていましたが、今回は独立型。少し過ごしてみて、棚?台?が必要だと感じました(もうすぐ届くので楽しみ)。ない今は、すごく作業しづらいし、すぐ散らかります!(ちょっとその一部が見えてます😅)なるべく物は買いたくないけれど、買って便利になるものは買う!
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です