子どもとの関わり方

親子の会話|子供が気軽に相談できるよう、親ができることとは?

「子供が、嫌だったこと、悩んでいること、それらを気軽に親に話してくれたらいいなあ」

そんなふうに思って子育てをしています。

もちろん、親に言いたくないこともあるでしょう。それはそれで構いません。全部話してもらおうという気持ちもありません。

ただ、何か困ったとき、気軽に相談できる相手として親の顔を思い浮かべ、親子の会話によって心が軽くなったらいいなあと思っています。

私自身、まだまだ子育て真っ最中で、試行錯誤の段階ですが…

幼少期の経験、教員時代の経験を通して、子どもが相談しやすい雰囲気はどんなものだろう?と考えてきました。

今回は、その考えを書いてみたいと思います。


心がけは一つ!共感する姿勢で「聴く」に徹する!

私が子供との会話で心がけていることはただ一つ!

「聴く」に徹することです。

聞く:自然と耳に入る
聴く:すすんで耳を傾ける

子供たちが話すことに「うんうん」と頷いたり、相槌を打ったり、とにかく最後まで聴くようにしています。

そんなこと?と思われるかもしれませんが、これが意外に難しいのです!

子供が話している途中に、

  • 「ママはこう思うよ」と、親の意見を言うこと
  • 「それで?」「早く言って!」などと、結論を急ぐこと

みなさんは、ありませんか?

私は、気を付けていても、たまにやらかしてしまいます。

するとだいたい子どもたちから「もう話さん(話さない)」と言われてしまいます(笑)

確かに、自分が話している途中に夫から「いや俺はそうは思わない」などと言われたら、カチンときて、もうこれ以上話さない、と思ってしまいますよね。

親(自分)の考えを伝える場合には、まず子供に共感し、一旦受け止めてから、言うようにしています。

私が「聴く」を大切に考える理由

私が今のように「聴く」を大切に考えるようになったのは、これまでの経験がもとになっています。

幼少期の経験

私は、小さいころから、口数が少ない方ではありませんでした。しかし、学校での出来事は家であまり話しませんでした。

楽しかったことなどは言えるのですが、

  • 自分がされて嫌だったこと
  • クラスでの問題など

自分にあまり都合のよくないことは、まず話しませんでした。

そんな中、母から、「〇〇ちゃんは、家でこんな話もしてるんだってよ」「あなたは全然話してくれない」などと言われ、さらに話すことが嫌になりました。

たまに話しても、途中であれこれ言われていたような気がします…。

(今となれば、母親の、いろいろやってあげたい、という気持ちも分からないではないですが、当時はそんなふうには考えられませんでした。)

友達がいろんな話を親にしていることを知って、とても驚くとともに、羨ましいなあと思っていました。

二年生を担任していた時の経験

二年生を担任していた時、クラスにRくんという男の子がいました。

その子はよく友達と喧嘩をして、手が出ることもありました(とても子供らしい、元気いっぱいの子でした!)。

ある時、学校では解決はしたものの、親に連絡をしておく必要があると判断し、R君にその旨を伝えました(友達をけがさせてしまったこと)。

  • 学校ではちゃんと仲直りしていること
  • お家でもう一度話してほしいから後でお家の人に連絡をするね、ということ
  • どんなことがあったか自分でまず話しておいてね、ということ

それらをRくんに伝え、帰しました。(R君はお母様が仕事で忙しく、お父様に連絡を入れていました)

夕方電話を入れてみると…

R君は、親に何も話していない状態でした(R君の気持ちも分かります。誰だって、あんまり言いたい話ではないですよね)。

そこで私は「よかったら、電話が終わった後、自分でちゃんと話してくれたら、正直に言えたことを褒めてもらえませんか?」とお父様にお伝えしました。「学校で解決しているので、どうか叱らず、Rくんの話を聞いてあげてください。」と。

お父様も理解してくださり、親子で会話ができたようで、翌日連絡帳にその旨が記されていました。

後日、また別の件でお父様に連絡を入れたところ(本当にいろんなことをやってくれたR君!その後も何度も電話をする機会がありました!(笑))、お父様は「自分が怖くて(怒られると思って)言えなかったんですね」と言われていました。

 

"人は、環境によって嘘をつかされる"という言葉を聞いたことがあります。

本当は嘘をつきたくなくても、嘘をつかなければならない状況に追い込まれたとき、人は嘘をつく、と。

確かに、親が厳しすぎたり、よいことを求めすぎたりすると、子供は嘘をついてしまうかもしれません。

子育ての仕方はいろいろあっていいと思いますし、誰だって嘘をつくことはあると思います。

しかし、子供がいつもいつも事実を隠してしまうのは、親として、何だかとても寂しい気がします。


日頃から「聴く」を大切に、少しずつ親子関係を築いていく

子供が悩んだときに、いきなり親に話をしてくれるかというと、そうではないのかな、と思っています。

日頃から親子の会話がないのに、いきなり大きな悩みを打ち明けてくれるというのは、なかなか少ないのではないでしょうか。

だからこそ、日頃からまずは大人である親が共感的に「聴く」という姿勢で、子どもの話を受け止め、話しやすい雰囲気を作ること。

それが大切だと思っています。

 

以前のように親子関係がぎくしゃくしていたり、イライラガミガミだった頃は、会話をしていても辛いものがありましたが…

子どもたちが、学校であったことや自分の気持ちを一生懸命話してくれる姿は、本当に可愛いものですね。

たまに「教えなーい!」と言われることもありますが、それはそれで深く追求しないようにしています。

おわりに

「聴く」ということについて今回記事を書きましたが、私はそもそも聴くことがとても下手でした。

これまで夫から「ほんと人の話聞かないよね」と何度言われたか分かりません!

それに、中高生の頃「どうして私は人との会話がなかなか深くならないんだろう?」と思っていました。

今思うと、聴くよりも、自分の話をする方が多かったように思います。(自分の育ったときの様子を考えれば当然かもしれませんが。)

 

"聴くことはスキル"だと言われます。

上記のことを気をつけることで、今は、前より少しはよくなったかなあと思います(たぶん)。

まとめると、

とにかく共感的に「聴く」!

具体的には…

  • 話の途中で自分の意見を挟まない
  • 結論を急がない
  • 話を最後まで聞く
  • 子供が話したがらないことを責めない
  • 正しいことばかりを求めない…

といったところでしょうか。

これからも私自身気を付けていきます!

そして、あれこれ書きましたが…

最終的には、わが子をしっかりと見て、子供のことを理解しようと努めること。

それに尽きるのかもしれません。

お子さんとの会話がスムーズに、よりよいものとなれば幸いです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
Amazonで。子どもが生まれてからは、コーヒーは何年もこれを愛飲しています。子どもたちがもう少し大きくなったら、またドリップセットを買うかもしれません。
小学校の休校延期が決まりました。幼稚園は自由登園です。長い長い春休みです。
つぼみなを料理。茹でたりお味噌汁に入れたこともありますが、予想以上に火が通りやすいので、炒め物にしてみました。少し長めに炒めると、下茹でなしで美味しく食べられました。アスパラみたいです。#つぼみな #お弁当のおかず
#つぼみな こんなふうになってるんですね!
お昼はパン屋さんのパン。子どもたちも私も、好きなものを選んで(よく行くお店のため、あらかじめ好きなものを取り置きしてもらいました)。ほぼ家なので、ちょっとした息抜き。来週から学校や幼稚園ですが、始まるのでしょうか。
お気に入りのカップが割れてしまいました。迷うことなく再購入。お店に電話を入れてお願いしました。#フリーカップ #お気に入り #フリーカップが割れた #お気に入りのフリーカップ #有田焼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です