子どもとの関わり方

子育て中にイライラする3つの場面|原因を知って対処しよう!

以前の私は、子育てにおいて、"常に"といってもおかしくないくらいイライラしていました。

「こんなはずじゃない!」
「どうして〇〇するの!」

しかし同時に、「このままではいけない!」といった思いも持っていました(それが私にとって、片付けや自己啓発などの原動力になりました)。

そんな、数えきれないくらいの葛藤を経て、今だから思う『子育て中にイライラする3つの場面』を挙げてみたいと思います。

原因が分かっていれば、自分を客観的に見たり、冷静に対処できたりします。

今ももちろんイライラすることはありますが、私の場合ほぼこれから挙げる3つの場面のどれかに当てはまっていて、以前よりはよい対処の仕方ができているかなあ~と思っています。


1.時間に余裕がないとき

時間に余裕をもてば、多くのイライラは解決するのではないでしょうか?

それくらい、時間に余裕を持つって本当に大切だと感じています。

私は、昔から何でもギリギリでやってしまう癖があります。自分一人のときはどうにかなっていたことも、子どもと一緒だと当然うまくいきません。

結果、イライラドッカーン…。

しかし、どう考えても、子どもは大人と同じようには動けないし、時間の感覚もないし、いろんなことに興味を惹かれるし…。

やはり大人側が早め早めの行動を心がけていたいものです(今、日中は一人だらかこんなことを言ってられますが、子どもが2歳と0歳のときなどはそれすら難しかったかも…)。

 

以前、2歳の次男を連れて長男の参観にいったときのこと。

家から幼稚園まで大人の足であれば10分で着くところを、その日は30分前に家を出ました。

途中、玄関でもたついたり、子どもが道端の花や虫に夢中になったりしましたが、余裕をもって対応することができました。

 

また、子どもに「早く寝なさい!」などと怒鳴って自己嫌悪に陥ってしまうこと、ありませんか?私も前はしょっちゅうでした。

しかしある時、それは自分の心のどこかで「もっと自分にできることがある」と感じているからだと気づきました(自分にも悪いところがあったのに、子どもに当たって結果自己嫌悪に陥る…。本当に子どものためを思って叱った時は自己嫌悪には陥りません)。

そんなときは、怒鳴らず、しっかり自分で反省し、翌日からまた気持ちを切り替えて行動する方がいいと感じています。

子育てを機に、時間に余裕をもって行動できる人間になりたいです!

2.思いや理想が強すぎるとき

「私は〇〇がしたい‼」
「子どもには、こんなふうになってほしい‼」

そのような強い思いは、悪いものではないのかもしれません。

ただ、子育てにおいては、あまりいいように働かないと感じています。

なぜなら、親のイライラの原因の一つは、自分の思いや理想と、現実とのギャップが、大きすぎるからです。

本来子育ては、子どもをありのままに見、認め、場合によってダメということを伝える、そんなどっしりと構えた中でやりたいものです。

常にそんな対応は無理でも、親が「あれしなさい!」「これしなさい!」と言って、子どもがその指示通りに動くような、そんな子育てがいいとは思えません。

それに、親の強すぎる思いは、子どもにとって重荷になります。

自分の欲求や子どもへの理想は少し置いておいて、「待つ」「見守る」といった姿勢を大切にしたいものです。

今でもついつい口が先に出てしまうことがあるので、気を付けます。

"ものごとをありのままにみることの大切さ"。これは、私が子育てにおいて大きく学んだことの一つです。

「大変」と「悩む」は違う!?捉え方次第で悩みはなくなる!前回、あれこれ悩むことはなくなったと書きましたが、それは決して「大変ではない」ということではありません。 幼い子どもが三人いる暮ら...

3.自分の子を他人と比べてしまったとき

自分の子を他人と比べてしまう…。

多くの方が経験のあることではないでしょうか。

「比べるのはよくない」
「子どもにはそれぞれ個性がある」
頭では分かっていても、比べてしまうものは仕方ありません。

ただ、そのこと自体は何もおかしいことではありません(本でもよく「人は他人と比べてしまう生き物だ」といったことが書かれています)。

でもやはり、自分が子どもであれば、よその子と比べられるのは気持ちのよいことではありません(旦那さんに、よその奥さんと自分とを比べられたら嫌ですよね・笑)。

わが子にフォーカスし、しっかり見つめ、ゆったりと会話をするなど、そんな時間を多くつくりたいものです。

そのため、私は、人と関わりすぎないことも大切だなあと感じています。

人と関わりすぎると、どうしてもよその子がよく見えたり、自分の子のできていないところが見えてきたりします。人と関わらなければ、比較する対象も何もありません。

一人目育児のとき、「もう無理!」といろんなところへ出かけていましたが、今思うと、家でまったり、何をするでもなく、子どもとの時間を大切にしたらよかったな~と思います。

もちろん、人と関わることは大好きで、大切だと思っています。ただ、心がざわざわするまで無理に関わらなくてもいいと思っています。バランスが大切ですね。

また、最近はしませんが、ネットで子育てのことをあれこれ調べることも不安になる要素の一つ。そのため、ネットから離れることも大切だと感じています。

親として、なるべく自分の子を他人と比較しなくてすむ方法を考えたいものです。

他人とではなく、「過去の自分」と「今の自分」を比べてみませんか?現在、夫の実家に帰省中です。 本日、私の実家、熊本へ。 後半は、自宅でのんびり過ごす予定です。 さて。 他人と自...

おわりに

私が、子育てにおいて、イライラする場面3つを挙げました。

本当に、子育てって、修行ですね!笑

と同時に、いつかは向き合わなければならないことだったのかもしれません。

以前も書いたように、生きてきた中でこんなにも自分の未熟さや葛藤を感じたことは子育てを除いて他にありません。

子育ては、自分の生き方が、ありありと映し出されるものです。

自分がよりよく生きていたら、それこそが最高の子育てなのではないでしょうか。

本当に前はイライラしっぱなしでしたが、そのおかげで?、イライラについて客観的に見つめ、今回このような記事を書くことができました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「大変」と「悩む」は違う!?捉え方次第で悩みはなくなる!前回、あれこれ悩むことはなくなったと書きましたが、それは決して「大変ではない」ということではありません。 幼い子どもが三人いる暮ら...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#保存食 として買っておいたごはん。片付けをしていてよくみたら、一年前に賞味期限が切れてました😂たまに見直すことって大切ですね!
#さらしたまねぎ 。子どもたちに、かつおぶしとポン酢(わが家は#かけぽん )をかけて食べる食べ方を教えたら、すごーく美味しかったようで、3人ともおかわりしてました。海苔を乗せても美味しいけれど、それはまた今度♪
今年、小学生3人になったわが家。まだ一年生は帰りが早く、下校時間が三人一緒のことはなかったのですが、先日歓迎遠足があり、その日は初めてみんな下校時間が一緒。姉の号令のもと、運動場で待ち合わせをし、三人一緒に帰ってきました。姉曰く「めっちゃ楽しかった!」と。高学年になると、きょうだいで帰りたがらない、という話を聞くこともますが、まだそれはないよう笑 今日もなぜか全校4時間で帰ってくるので、朝、待ち合わせ場所を確認してました笑(写真は下校時ではなく、習い事の帰りです)家ではしょっちゅうケンカもしてますが、3人楽しく帰ってきてくれるのは嬉しいことです。#さんにんきょうだい
たまたまテレビをつけたら気になる番組が。本当に教員の仕事量はハンパないと思います。親になり改めて先生の存在って大きいなぁと思うので(勉強のこと、友達関係のこと…先生から学んくることいっぱい)、本当に先生たちが働きやすい環境であることを願います。
子どもたち三人それぞれ一学年ずつ上がり、三番目の次男は小一に☺️楽しく通っています。お姉ちゃんお兄ちゃんの存在も大きく、私も頼りにしています(お姉ちゃんが毎日靴箱まで送ってくれてるようです)。「全部好き!(どの教科の学習も好き)」「給食楽しみ!」「お友達できたよ〜」幼稚園同様何ごとも生き生きと活動しています。まだまだ赤ちゃんみたいなところもあるし笑、言うこと聞かないし笑、数日前は帰ってこないなーと思ったら運動場で遊んでるし笑(それについてはしっかり話をして、途中何かあったのかと心配になるからやめようと話をすると、翌日はちゃんと帰ってきました!)で相変わらずやんちゃな次男ですが、話題に事欠くことなく日々を送れることに感謝です。時間割も一生懸命やって、新しいことをどんどん学んでいく姿は頼もしいです。私自身も、幼い下の子がいる一人目の時よりもだいぶ落ち着いて時間割等みれます。
金曜日に熊本から福岡へ戻ってきました(夫は仕事のため先に新幹線で)。夫は仕事のため、私だけで大量の荷物を部屋まで運ぶのが憂鬱だなーと思っていたのですが、子どもたちが玄関までカート?を取りに行ってくれ運んでくれたので助かりました。いつの間にか大きくなってるんですねー。荷物の片付け中は子どもたちはずーっとテレビ観てましたが笑、私は途中でお菓子など食べながらゆっくり片付けました。「片付けて!」と言うと片付けない子どもたちにイライラするので笑、言わなくて正解でした笑

POSTED COMMENT

  1. なだ より:

    お久しぶりです。
    毎日三兄弟の世話にてんやわんやしています。

    子どものために本気でしかったときは、
    自己嫌悪にならない…

    本当にその通りだと胸に刺さりました…。

    でも明日には
    『そのくらいにしなさーい!!』
    と怒鳴ってしまいそうです。。。

    余裕が欲しいです(涙)

    • ミモザ より:

      なださんお久しぶりです^^ありがとうございます。お仕事復帰されたのかな〜なーんて思ってました♪
      余裕をもつって大切ですよね。だけど幼い子がいたらほんとーに難しい!でもきっとここまで余裕がないのも、今が一番なのかなぁと思います。
      なださんの、その反省しながら頑張る姿、コメント読みながら素敵だなぁって感じました☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です