ほとんど着ない服やボロボロの靴は捨てた方がいいの?私なりの考えは!?

「ほとんど着ない服は捨てましょう!」
「新しい洋服にはエネルギーがある!」
「ボロボロの靴は捨てましょう!」
「おしゃれは足元から!」

みなさんも、一度は耳にしたことがあると思います。

私も、以前はその考えを信じ切っていました。今も、おおまかには賛成です。

ただ、たくさんの洋服・靴・生活雑貨…それらを処分してしばらく経った今、以前とは少し考えが変わりました。

今日は、今現在の私の考えを書いてみたいと思います。


捨てようと思った服も、川遊びで役立った!

年中の次男が夏休みに入る直前の7月中旬、「最近洋服が増えてきたな~」と、手持ちの服を見直すことにしました。

その中で、ここ3~4年着た覚えのない短パンが。

処分を迷う服がある中、その短パンは何年も着ていなかったため、即処分の判断がつきました。

それから数日後、家族で川遊びに行くことに(短パンはまだ捨てていなかった)。

その時に「何着て行こう?私も水に入りたいな」と考え、適当だったのが、その短パンでした。

川遊びにいったときの格好。水着の上にこれを。Tシャツも毎年処分の判断を迷う3年目のもの。

おかげで、水に入って気持ちよく過ごすことができました。また、処分してもいいくらいのものだったので、気兼ねなく使えました。

その時私は「日頃着ない服でも、場合によっては役に立つんだな~」「汚れてもいい服も、必要なときもあるんだな~」と感じました。

ボロボロの靴だと、子どもと遠慮なく遊べる!

ボロボロにも程度があると思いますが…。

私は、"真新しい真っ白なスニーカー"よりも、"ボロボロの?少々傷んだ?靴"の方が、子どもたちと遠慮なく遊べます。

泥遊びや虫探し、新しい靴を履いていると「汚さないで!」と言葉が出てきそうです(いや、確実に出ます)。

「靴はいいものを履きなさい」と言われたこともありますし、その意味も理解できます。

ただ、幼い子どもがいる場合だったり、確実に汚れると分かっている状況では、必ずしも新しい靴がいいとは言えない、と感じています。

もちろん、おしゃれが好きで、「どんな時もきれいな靴!」というのも、それはそれで素敵です。

ですが、私はそれでは落ち着きません。靴のことが気になって、子どもたちとの遊びに集中できないでしょう。

チラッと写っている私の靴、ボロボロで、子どもたちと遊ぶとき専用です。

「自分が何を大切にしたいか」によって、履く靴も変わってきますね。

ちなみに、一人でのお出かけなどは、お気に入りの靴を履きます。


ボロボロの洋服が、超役立つときもある!

私の親戚は農家です(農家でなくても、田舎はだいたいどの家庭も田んぼを持っていて、お米を育てています)。

毎年6月下旬になると、熊本まで田植えの手伝いに行きます(夫の仕事があるため土日だけですが)。

その時は、"田植え用"の着古したシャツやジャージ、エプロンなどを着用します(全て母のお古)。

昨年の私(笑)

作業中たくさん泥がつくので、洗っても、完璧にきれいにはなりません。また、連日あるので1セットでは足りません。

実家には、"田植え用"の洋服が、女性用・男性用と数セットずつあります(夫も参加しています)。

一年に一度しか使わないものですが、確実に必要なもの。処分することはできません。

そして、ボロボロだからこそ気兼ねなく作業でき、超役に立ちます

おわりに

ほとんど着ない服やボロボロの靴は捨てた方がいいのか?私なりの考えを書きました。

結局は、「自分がどうしたいか」をよく考えて決めることですね。

ボロボロの靴、着古した服、ほとんど着ない洋服…、それらが必要な人もいれば、不要な人もいる。

絶対にこれがいい!という答えはないのだと、今は思っています。

片付けをする際、本やネットを見て「〇〇にこう書いてあったから」と判断をするのではなく、それはそれとして、「では自分にとって本当に必要か?」をよく考えて判断したいですね☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
先日急に夕方に用事が入り、帰ってすぐ食べられるようにと、唯一冷蔵庫にあったお肉、鶏の挽き肉を使って#親子丼 を作りました(わが家の親子丼は、母がそうだったように、にんじんが入っています!)。調理も簡単、子どもにも大好評でした。普段ならば#挽き肉で親子丼 なんて考えませんが、困った、というのは#思わぬアイデア が浮かぶものだと思いました。
#年中の次男 、朝の登園時#つゆくさ を摘み、帰ったら#いろみず をつくるそうです。「家に(つゆくさ)おいとって」と言われました。以前一度だけ#色水作り をやったことがありますが、しっかり覚えているようです。私も子どもの頃にたくさん作った覚えがあります。こういうことも親から子へと繋がっていくんだなぁと思います。
今年、#バルミューダの扇風機 を買いました。高いけれど長く愛せるものがいいと思って。結果すごくよかった!一日中フル稼働で気持ちよい風。そして見た目(デザイン)って大事だなと、改めて感じました。#バルミューダ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です