おすすめ本まとめ

スペンサー・ジョンソンさんの本を読んで|新たな気づきを与えてくれる6冊をご紹介!

みなさんは、スペンサー・ジョンソンさんの本を読んだことはありますか?

私がこの方の著書『チーズはどこへ消えた?』を読んだのは、今から3年ほど前。読書にのめり込んでいた時でした。

短い話ながら新たな気づきを与えてくれ、それから数年経った後も何となく記憶に残っていました。

そして、今から半年ほど前、70代の女性店主が一人で営むカフェに行ったときのこと。

「よかったらどうぞ」と、お店の一角には本が並べられ、その中で私が最初に手にした本が『人生の贈り物』でした。

その時の写真

後で気づいたことですが、その本の著者が『チーズはどこへ消えた?』の"スペンサー・ジョンソンさん"でした。

というのも、『人生の贈り物』を家でまた読みたいと思った私は、図書館で探してみるもなし。アマゾンで購入しようと思うも、新書はなし。

結局、中古の本を買いました(廃盤になった?その過程で同じ著書だと言うことに気付く)。

それを機に、スペンサー・ジョンソンさんの他の本を読みたいと思い、図書館でいろいろ借りてみました。

どれもとても内容がよかったので、私が読んだ6冊をご紹介します(発行日が古いものから順にご紹介します)。


人生の贈り物

タイトルに惹かれ、私がカフェで偶然手にした本です。

料理が出てくるまでに十分読み終えられるくらいの長さですが、その内容はとても心に響きました。

この本は、ある少年が、老人から「かけがえのないプレゼント」の話を聞くところから始まります。それをもらった人は、ずっといつまでも幸せでいられる、と言います。

みなさんは、一体何だと思いますか?

少年が、大人になってようやく見つけたかけがえのないプレゼント。それは、自分が自分に与えるものであり、子どもの頃にはおそらく誰もが知っていたものです。

ついつい忘れてしまいがちな大切なことに気付かせてくれる、あたたかい気持ちにさせてくれる一冊です。

チーズはどこへ消えた?

かなりのベストセラー(といっても、読書にハマるまで全く知りませんでした)。

以前本屋さんで見かけたときは、大リーガーの大谷翔平選手のおすすめ本として紹介されていました。

2匹のねずみ「スニッフ」と「スカリー」と、2人の小人「へム」と「ホー」が出てくる物語です。

短い本で、内容も難しくありません。しかしこの本からは、

  • 現状維持に満足しないこと
  • 変化する勇気をもつこと

そんな大切なことを教えてもらえます。


プレゼント

この本には、『人生の贈り物』の話が引用されています。さらに内容を深められる、といった感じでしょうか。

いまやっていることに没頭すれば、ほかのことを考えることもなく、幸せでいられる

まさに、今を生きることの大切さを教えてくれています。

そして、過去を悔やんでばかりいた昔の自分に、言ってあげたい言葉があります。

過去が忘れられないのは
その経験から
何も学んでいないからだ

過去から何かを学びとり
過去を捨て去れば
いま現在を
よりよいものにすることができる

確かに、いつまでも悔いてばかりいることは、過ぎてしまったことに囚われ、何も学んでいないからなのかもしれません。

「〇〇があったからこそ、今の自分がある」と前向きに捉えられるよう、経験一つ一つを自分の力にしていきたいです。

頂きはどこにある?

日々過ごしていると、「仕事も私生活も全然うまくいかない」「自分は不幸だ/幸せになりたい」などと思うことがあります。

そんな時どうしたらよいか?

この本は、そんな状況を新たな視点で見つめ直すきっかけを与えてくれます。

どこでも、誰にでも
仕事でも私生活でも
かならず山と谷がある

山と谷はつながっている。

今日の順境で
過ちを犯せば
明日の逆境を作り出す。

そして、今日の逆境で
賢明なことを行えば
明日の順境をつくり出す。

山にいるときには
物事を実際よりも
よく思ってはならない。

谷にいるときには
物事を実際よりも
悪く思ってはならない。

現実を味方にすべきである。

他にも、いろんなヒントが、優しい言葉で書かれています。


1分間意思決定

みなさんは、物事を決めるとき、時間はかかりませんか?

私はとてもかかります(反対に夫は驚くほど決断が早いです)!

どうすれば、短い時間に、適切な判断ができるのか?

この本を読むと、その手掛かりが見つかるかもしれません。

場当たり的な解決方法ではなく、深い考察の上に書かれていると感じました。

※ビジネス書ですが、意思決定はあらゆる場面で必要なこと。仕事をしていなくても役立てられます。

迷路の外には何がある?

『チーズはどこへ消えた?』の続編。

そして、これがスペンサー・ジョンソンさんの遺作のようです。

『チーズはどこへ消えた?』で、なかなか変化することのできなかった登場人物の小人ヘム。一体この後どうなるのでしょうか?

  • 自分は変化することを恐れていないか?
  • これまでと違ったことが起こった時、柔軟に対応していけるか?

そんなことを考えさせられます。


おわりに

私が読んだ、スペンサー・ジョンソンさんの本のご紹介でした。

どれも本当に分かりやすい言葉で、文章も長くなく、大変読みやすいです。それでいてメッセージは深く考えさせられることばかり。

たまに読み返したい本たちです。

子どもたちが大きくなったら、是非読んでほしいと思う本でもあります(いずれ買って本棚にしまっておきたい)。

また、もう一つ、この著者の本に好感を持つのは、必ず本の最後に「もしこの方法がよかったら、他の誰かにも伝えてほしい」といったメッセージが書き添えられているところです。

"一人占めせず、みんなでよりよく生きていこう"というところが好きです。

もしもこの記事を読んで、誰かにとって本とのよい出会いがあったら。そんなに嬉しいことはありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

読んでよかった自己啓発本6冊。本は人生を変える!私は30年以上「正しい生き方がある」なんて考えたこともありませんでした。 おいしい料理を作るためのレシピがあるように、効果的な生き...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
今日は当番で、小学生の下校時に横断歩道に立ちました。信号を待っていると、ある一年生の子どもたちが#鬼滅の刃 の話をしていました。面識のない子たちでしたが、思わず「面白いよね〜」とか「映画観に行ったよ〜」とか言っちゃいました😆笑
今月初めに、生まれて初めて砥石で研いだ包丁。今もすごく切れ味がいいです。これまでは簡易的なものでやっていましたが、やっぱり一時的なものなのだと改めて感じています(使った直後は切れ味が戻るのですが)。夫の実家の使っていない砥石を借りている(たぶんもらってもよい)のですが、だいぶ年季が入っていて台も平らではないため😆(それでも研ぐ前と後では大違い!)新しく砥石を購入しようかなぁと検討中。平らな砥石で研いだらどんな感じなのだろう〜とワクワクします。最近お金を使うのは専ら料理関係です。
お風呂から上がったら、子どもたち三人寝ていました。今も一緒に寝ることは多いのですが、今日は晩ご飯が遅くなりバタついたため、「三人で寝ててね」と。  子どもたちだけで寝れるなんて!前は、夢のまた夢、だったのになぁ。今も蹴られて朝まで爆睡、はほぼありませんが、いつかそれも懐かしく思う日が来るのでしょうか。
#年中の次男 、週末に靴を買い、嬉しそうに幼稚園へ履いていっています☺️子どもたちの靴は、大抵、家から近く(歩いて行ける距離ではないですが)の靴屋さんで買っています。よくみてくださり、専門的なアドバイスももらえ、安心して買い物できます。
#障子の張り替え をしました(数カ所穴があいていたため)。3月末に転勤があるかもしれず、もし転勤になれば約二週間で引っ越しとなり、障子を張り替える余裕はないなと…。社宅の人から「YouTubeがすごく参考になる」と聞いたので、見てみると本当に!難しそうと思っていましたが、やってみると意外にも簡単にできました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です