煮干しの水出しで絶品ダシ!わが家のお味噌汁の定番になりました!

有元葉子さんの『ごはんのきほん』を読んでから、「煮干しの水出し」に興味が沸きました。

有元葉子さんの本『レシピを見ないで作りましょう』シリーズは、毎日の食事作りに本当に役立つ!有元葉子さんの本『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』のシリーズは、毎日の食事作りに本当に役に立ちます。とてもおすすめの本です。...

これまでも、煮干しを煮出してお味噌汁を作ることはありましたが、どうもいまいち。

ですが数か月前、初めて水出しをやってみて、その美味しさに感動!すっかりわが家のお味噌汁の定番となりました。

やっていくうちに、毎日続くよう、少しずつ簡単な方法に。

今日は、私がほぼ毎日のようにとっている"煮干しの水出しのダシ"についてご紹介します。


煮干しの水出しのダシの取り方

ダシの取り方は簡単!

  • 煮干し:ひとつかみ程度
  • 水:適量

これを容器もしくは鍋に入れて数時間冷蔵庫に入れるだけ。
本には「一晩」と書かれていますが、わが家は夜にお味噌汁を作るので午前中に仕込みます。

家にあった使っていない容器を使って(無印良品のもの)。写真は、朝仕込んで夕方冷蔵庫から出したもの。水の色も結構変わっています。

有元さんの本によると「8時間くらいが一番おいしい」とのことですが、忘れることも多いです^^;

4~5時間くらいしか置かないこともありますが、お味噌汁を作る程度であれば十分美味しくできます(本には「2日くらいなら冷蔵庫においても大丈夫」と書かれています)

 

直接鍋に煮干しと水を入れることも。

だしが出たら煮干しを取り除いて。容器を洗う手間が省けます(笑)昼頃に仕込み、気温が低い時は冷蔵庫に入れないことも。
簡単においしいだしの出来上がり。量が足りないな~と思う時は、お味噌汁を作っている途中に水を足します(笑)

また、頭やはらわたを取り除くよう書いてありますが、一度やってみて「毎日は無理!」と思ったので、そのまま使っています。

それでもとても美味しいです。

とにかく簡単なのに、驚くほど旨味たっぷりのダシができます!

その後の工程は普段のお味噌汁づくりと同じです。

煮干しを煮出すのと水出しするのとでは全く違う!

一見、煮出した方が濃い旨味のあるだしがとれるように感じます。

ですが、そんなことはありません!

煮出すと苦味が出たり雑味を感じていたのに対し(私だけ!?)、水出しは本当に澄んだ味わい

はじめは「水につけておくだけで本当に美味しいだしがとれるの?」と半信半疑でしたが、驚くほど違います。

少し前、夫の実家で披露したら、感動されました!


みそ汁は煮干しだしに限る!

かつお節のだしが「香り」だとすれば、煮干しのだしは「うまみ」です。特別の日のお吸い物にはかつお節のだしが向きますが、家族がひと口すすってホッとする、ふだんの食事にふさわしいのは煮干しのうまみです。
また、かつお節は"削りたての香りのよさ"が値打ちです。でも家で削るのは大変だし、削りたての香り高いかつお節を近所で買うのはとても難しい。
その点、煮干しならいつでもどこでも買えます。・・・(略)・・・ふだんのお味噌汁にはかつお節よりも、安定して手に入る、煮干しの確かなうまみを選んだ方がいいのです。

有元葉子著『ごはんのきほん』より引用

以前は、お味噌汁を作る際、だしパックを使っていました。

それはそれで美味しいのですが、煮干しのダシはしみじみ美味しい

煮干しの水出しで作るお味噌汁が定番となった今、有元さんが言われる意味がよく分かります。

私は、毎週配達に来てもらっているグリーンコープで、いつも注文できるいりこを使っています。

おわりに

「煮干しの水出しのダシ」についてお伝えしました。

普段の料理は、簡単で美味しいのが何よりですね☆

 

有元さんの本を読んで、水出しをやってみて本当によかった!

ぜひみなさんもやってみてください♪

ちなみに、だしをとった煮干しは少しつまむこともありますが、潔く処分しています(以前だしをとったいりこにチーズをかけてトースターで焼きましたが、本当に味気なかったです・笑)

 

「(しみじみ)おいしいね~」と家族の笑顔が増えたら嬉しいです。

 

▼本には、「どんな煮干しがいいか」「美味しいお味噌汁をつくるポイント」「煮干しの水出しのダシを使ったうどん」など詳しく紹介されています。

有元葉子さんの本『レシピを見ないで作りましょう』シリーズは、毎日の食事作りに本当に役立つ!有元葉子さんの本『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』のシリーズは、毎日の食事作りに本当に役に立ちます。とてもおすすめの本です。...
毎日のお味噌汁づくりを簡単に!私が工夫していること5つ。平日週5日の晩ご飯のうち、最低でも3日間はお味噌汁を作ります。 頻繁に作るからこそ、簡単がいい! 今日は、私が普段、お味...

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です