これさえあれば食事は十分!子どもたちに大人気の具沢山味噌汁2種!

今日は、わが家の子どもたちに大人気の、具沢山味噌汁2種をご紹介します!

日頃から晩御飯にはお味噌汁を作ることが多く、いつも具沢山なのですが、
その中でも特に子ども達が「ヤッター!」と喜び、おかわりするほど人気のお味噌汁です。

作り方も、最後に載せます。


1.豚汁

一つ目は、「豚汁」。

一年中よく作ります。

お肉が入っていてボリュームがあるのと、
豚肉やゴボウの旨味が汁に出て深い味わいなのが、
子どもに人気の理由なのかなと思っています。

こんにゃくも人気で、次男が今よりもっと小さいころ、それだけ拾って食べていたことがありました。

毎週行きつけのお肉屋さんで豚肉の切り落としを買っていて、それを使い切りたい時もまずは豚汁を作ります(何でもお味噌汁に入れるのが一番手軽です)。

毎週買っている豚の切り落とし、100g130円。まな板は使わず、キッチンバサミで切ります。

2.アジのつみれのお味噌汁

二つ目は、「アジのつみれのお味噌汁」。普段は"お魚団子のお味噌汁"と言っています。

これも同じく、季節に関係なく作ります。

このお味噌汁がわが家の定番となったのは、私が加入している生協グリーンコープで『あじの落し身』を買ったことがきっかけです。

あじのすり身。写真は以前のものなので、賞味期限は無視してください☆

手軽にお魚が摂れるな~と思い注文し、いくつか試した結果、お味噌汁に入れるのが一番手軽でした。

お魚の旨味が出て、本当に美味しい。

小さじ1/2の塩を入れ混ぜ(パッケージ裏面に書いてある)、適当な大きさにしてお味噌汁に入れます。

子どもたちがこのつみれが大好きなので、気持ち小さめにして、数をたくさん作るようにしています。


具沢山味噌汁の作り方

作り方といっても、他のお味噌汁と特に変わるところはありません。

とにかく入れるだけ!
以前は炒めていたこともありますが、そこまで味に違いを感じませんでした。

豚汁を例に説明します。
アジのつみれのお味噌汁の場合は、豚肉がつみれに変わっただけで、他は変わりません。

だしパックを入れる

わが家の定番、茅乃舎だし。

ゴボウをいれる

ゴボウは是非とも入れたい食材!火はまだつけていません。(つけたければつけても)

ニンジンを入れる

ニンジンを入れてようやく火をつけます。

こんにゃくを入れる

小さい方が子どもは食べやすそうです。

厚揚げ(or油揚げ)を入れる

これを入れるとボリュームアップ!油揚げの時もあります。

豚肉を入れる

キッチンバサミで切って入れるか、入れた後に鍋の中で切ります。入れたらほぐしてアクをとります。

火を消し、味噌を入れる

お肉に火が通ったら味噌投入。みそこしは使わずドボンでOK♪ここで火を消す。

ネギを入れる

子どもたちの食べさすさを考え先に。食べる直前に入れてもOK。たくさん入れます!(これでもかというくらい入れても、後で馴染みます)

蓋をしてしばらく待つ

この間に余熱でしっかり火が通り、味噌も溶けます!

蓋を開ける

う~ん、やっぱり色合いを考えるとねぎは後の方がいいですね(笑)

全体を混ぜ、完成!

野菜とお肉の旨煮たっぷりの豚汁完成☆もしもここで味が足りなかったら味噌を足してもいいですし、少し「醤油」を入れても合います☆食べる前に温めて。

器に盛り、好みで薬味をかける

大人は薬味をかけて。初めは何もかけず、途中から薬味を入れると味の変化を楽しめます♪

これがわが家の一番オーソドックスな豚汁です。

今の時期だと里芋を入れてもいいですね。

味噌汁は、具材に何を入れても大抵合うのが素晴らしいところ!

コレと決めつけず、あれこれ試して、家族が好きなお味噌汁が見つかるといいですね!
私の実家は豚汁にキャベツが入っていました!美味しかったです☆

ちなみに、これはアジのつみれのお味噌の途中の様子。

豚肉がアジのつみれに変わっただけで豚汁と全く同じです。(つみれは丸めず適当にちぎって入れただけ)

おわりに

わが家の子どもたちに大人気の、具沢山味噌汁2種をご紹介しました。

子どもたちが「今日の晩ご飯な~に~?」と聞いてきて、
私が「豚汁だよ~」「お魚団子のお味噌汁だよ~」と答えると、
それだけで喜んでくれる子どもたち(笑)

野菜もたんぱく質も、同時に摂れる、栄養もボリュームも満点のお味噌汁です!

今はだいたい週一回の割合で、「豚汁」か「あじのつみれのお味噌汁」を作っています。

夫の飲み会の時などは、これだけ作ることもあります。後は、ごはん、納豆など。それで十分!

また、夫がいるときは、これに焼き魚を足したり。

ちなみに、今日のわが家の晩ご飯は、

  • ご飯
  • 豚汁
  • サバの塩焼き(焼くだけのもの。今日生協から届いた)
  • トマトかオクラ

日々の料理は、手軽に美味しく、栄養の摂れるものを作りたいですね☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

毎日のご飯づくりがラクになる!料理に関する考え方3つ。こんにちはミモザです^^ 今日は、日々の料理の話。 私は食べることが大好きです! 同じ幼い子を育てる友人の中には、「ど...
平日の朝食を定番化!準備も簡単、食べるのも早い、わが家の朝ごはんおはようございます^^ 朝は、一日が始まる大切な時間。 ゆったりと気持ちよく過ごしたいものです。 といっても、子どもが...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。
5年3ヶ月住んだ社宅。本当にたくさんの思い出ができました。特に仲のよかった社宅の友人たちが、引越し作業の間子どもたちを預かってくれたりご飯を食べさせてくれたり、掃除を手伝いにきてくれたり、車の中でお昼が食べられるようパンとコーヒーを用意してくれたり、本当に感謝感謝です😭素敵な仲間とともに子育てが出来たこと、本当に本当に幸せに思います。辛いことも悲しいこともあったけれど、今はよかったなと思います。次の社宅はだいぶ都会で遊び場もなく、交流もあまりないそう。不安もありますが、この思いを胸に、次の社宅でも頑張ります!この地で出会った人々、風土、みんなに感謝です✨ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です