子どもとの関わり方

子どもの「好き」を応援できる母親でいたい!

みなさんは、どんな母親になりたいですか?

私は以前は「教師だったから子育ても上手くやれる(いい母親になれる)」と思っていましたが…

上手くいかないことの連続で、まざまざと自信を失い(結果よかった)、
今は「自分にできることをやろう」と思って過ごしています。

そんな中、「子どもの『好き』を応援できる母親でいたいなあ」と思っています。

今日は、そのことについて書いてみたいと思います。


「好き」の力は無限大!好きだからこそ伸びる!

教員時代も、子どもたちを見て感じていたことですが、子どもたちの「好き」は、本当に大きな力があります。

  • 五年生の時に社会が大好きだったK君は、今では世界中を旅しています(毎年年賀状が届きます。)。
  • 四年生の頃に野球に燃えていたM君は、もっと力を伸ばしたいと高校でカナダへ留学をしました。

子どもの頃の「好き」は、大人になっても続いていると感じます。

こまで目立ったことでなくても、昆虫が好き!とか、お菓子作りが好き!とか、好きなことがあって、それに没頭できることは、本当に幸せなことだと思います。

わが子のこと

わが子はというと・・・

小三の娘

娘は、幼いころから工作が大好き。段ボールや空き箱を切ったり組み合わせたりして、いろんなものを作っていました。

今もしょっちゅう何か作っています。わが家のお絵描き&工作コーナー。
現在壁に貼ってある、娘がユーチューブを観ながら作った作品

今も、一番好きな教科は図工だそうで、図工のある日は「楽しみ~」と学校へ行きます。

小一の長男のこと

長男は、一年生になり、絵を描く(漫画を描くこと)が大好きになりました。きっかけは鬼滅の刃。

コロナのため、入学しても休み時間に自由に席を立つことができなかったようで、自由帳に絵を描くことが多かったそうです。

それまでは絵を描くことなんてほとんどありませんでした。
竈門炭治郎、分かりますか?100円ショップに行った際、長男がリクエストした模造紙に。

誰かから習ったわけでもないのにどんどん描き方が変わっていって、本当に楽しいんだろうなあと思います。

年中の次男のこと

次男は、長女同様工作が好き。一人で黙々と何かしているな、と思うと、だいたい何か作っています。あと、よくソファで逆立ちをしています(笑)

ある時は、「今日幼稚園でやった~」と早速家でも実践。紙をクレヨンでカラフルに塗り、その上を真っ黒のクレヨンで。爪楊枝で絵を描くと、下の色があらわれる。

本人が「好き!」と思うことは、誰かから言われなくても、どんどん伸びていくんですね。

子どもの「好き」は、大人の理想通りにはいかない

もちろん、子どもの「好き」は、大人の理想通りにはいきません。

長女は相変わらず宿題への取り組みが遅いです(笑)

工作の後は、やっぱり散らかります(笑)

レゴも、三人共大好きですが、終わった後はだいたい部屋中に小さな部品が転がっています(笑)

どうにか散らかりを防ぎたいとレジャーシートの上に乗せてみましたが…う~んいまいち^^;

他にも、散らかるカードゲームや一度やり始めたらなかなか止められないスイッチなども、大好きです。

主人の実家に2つあったものを1つもらいました(夫は男4人兄弟)

子どもの「好き」を応援することで、信頼関係を築ける

親として、いろんな葛藤はありますが…。

最後は、子どもの「好き」を応援したいと思っています。

なぜなら、私たち大人だって、自分の「好き」を誰かに認めてもらったり、応援してもらったりしたら嬉しいですよね。

家族だからって、血が繋がっているからって、親と子が必ずしもよりよい信頼関係を築けるわけではありません。

子どもの「好き」を応援することは、子どもとの信頼関係を築くことにもなると思っています(もちろんそれだけで信頼関係を築けるわけではありません)。

例えば、

  • 一緒に子どもの好きな漫画を見てみる
  • ゲームを一緒にやってみる

それだけで子どもは嬉しいですし、
大人だって子どもの気持ちが少し理解できますし、
子どもだって、親の言うことにも耳を傾けてくれるかもしれません。

夫が書いた鬼滅の刃のキャラクターたち(笑)子どもとのやり取りも楽しそうでした(笑)

子どもだって、親が自分を理解してくれたら、自然と親のことも応援できる、そんな関係でいられると思います。

おわりに

これまでの自分の子育てを振り返ると、本当に反省することばかりです。

ですが唯一、子どもがやりたいと言ったことは基本やらせてきました(たまにはやめて!とか発狂することもありましたが・笑)。

大変なこともありましたが、今はそれでよかったのかな、と思っています(子どもはどう思っているか分かりませんが)。

親として、自分自身、何か特技があるわけではありません。これは任せて!ということも思いつきません。

ですが、子どもの「好き」を応援することはできます。

そして、今は、それでいいのだと思うようになりました。

もしかすると、そんな素朴な、些細なことが、実はとても大切なのかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

子供の「片付けない」問題|片付けだけが全てじゃない!今回は、子供の「片付けない」ということに対する、私の考えを書いてみたいと思います。 子どもがいると片付かない… 布団で遊...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です