子どもとの関わり方

子どもの「好き」を応援できる母親でいたい!

みなさんは、どんな母親になりたいですか?

私は以前は「教師だったから子育ても上手くやれる(いい母親になれる)」と思っていましたが…

上手くいかないことの連続で、まざまざと自信を失い(結果よかった)、
今は「自分にできることをやろう」と思って過ごしています。

そんな中、「子どもの『好き』を応援できる母親でいたいなあ」と思っています。

今日は、そのことについて書いてみたいと思います。


「好き」の力は無限大!好きだからこそ伸びる!

教員時代も、子どもたちを見て感じていたことですが、子どもたちの「好き」は、本当に大きな力があります。

  • 五年生の時に社会が大好きだったK君は、今では世界中を旅しています(毎年年賀状が届きます。)。
  • 四年生の頃に野球に燃えていたM君は、もっと力を伸ばしたいと高校でカナダへ留学をしました。

子どもの頃の「好き」は、大人になっても続いていると感じます。

こまで目立ったことでなくても、昆虫が好き!とか、お菓子作りが好き!とか、好きなことがあって、それに没頭できることは、本当に幸せなことだと思います。

わが子のこと

わが子はというと・・・

小三の娘

娘は、幼いころから工作が大好き。段ボールや空き箱を切ったり組み合わせたりして、いろんなものを作っていました。

今もしょっちゅう何か作っています。わが家のお絵描き&工作コーナー。
現在壁に貼ってある、娘がユーチューブを観ながら作った作品

今も、一番好きな教科は図工だそうで、図工のある日は「楽しみ~」と学校へ行きます。

小一の長男のこと

長男は、一年生になり、絵を描く(漫画を描くこと)が大好きになりました。きっかけは鬼滅の刃。

コロナのため、入学しても休み時間に自由に席を立つことができなかったようで、自由帳に絵を描くことが多かったそうです。

それまでは絵を描くことなんてほとんどありませんでした。
竈門炭治郎、分かりますか?100円ショップに行った際、長男がリクエストした模造紙に。

誰かから習ったわけでもないのにどんどん描き方が変わっていって、本当に楽しいんだろうなあと思います。

年中の次男のこと

次男は、長女同様工作が好き。一人で黙々と何かしているな、と思うと、だいたい何か作っています。あと、よくソファで逆立ちをしています(笑)

ある時は、「今日幼稚園でやった~」と早速家でも実践。紙をクレヨンでカラフルに塗り、その上を真っ黒のクレヨンで。爪楊枝で絵を描くと、下の色があらわれる。

本人が「好き!」と思うことは、誰かから言われなくても、どんどん伸びていくんですね。

子どもの「好き」は、大人の理想通りにはいかない

もちろん、子どもの「好き」は、大人の理想通りにはいきません。

長女は相変わらず宿題への取り組みが遅いです(笑)

工作の後は、やっぱり散らかります(笑)

レゴも、三人共大好きですが、終わった後はだいたい部屋中に小さな部品が転がっています(笑)

どうにか散らかりを防ぎたいとレジャーシートの上に乗せてみましたが…う~んいまいち^^;

他にも、散らかるカードゲームや一度やり始めたらなかなか止められないスイッチなども、大好きです。

主人の実家に2つあったものを1つもらいました(夫は男4人兄弟)

子どもの「好き」を応援することで、信頼関係を築ける

親として、いろんな葛藤はありますが…。

最後は、子どもの「好き」を応援したいと思っています。

なぜなら、私たち大人だって、自分の「好き」を誰かに認めてもらったり、応援してもらったりしたら嬉しいですよね。

家族だからって、血が繋がっているからって、親と子が必ずしもよりよい信頼関係を築けるわけではありません。

子どもの「好き」を応援することは、子どもとの信頼関係を築くことにもなると思っています(もちろんそれだけで信頼関係を築けるわけではありません)。

例えば、

  • 一緒に子どもの好きな漫画を見てみる
  • ゲームを一緒にやってみる

それだけで子どもは嬉しいですし、
大人だって子どもの気持ちが少し理解できますし、
子どもだって、親の言うことにも耳を傾けてくれるかもしれません。

夫が書いた鬼滅の刃のキャラクターたち(笑)子どもとのやり取りも楽しそうでした(笑)

子どもだって、親が自分を理解してくれたら、自然と親のことも応援できる、そんな関係でいられると思います。

おわりに

これまでの自分の子育てを振り返ると、本当に反省することばかりです。

ですが唯一、子どもがやりたいと言ったことは基本やらせてきました(たまにはやめて!とか発狂することもありましたが・笑)。

大変なこともありましたが、今はそれでよかったのかな、と思っています(子どもはどう思っているか分かりませんが)。

親として、自分自身、何か特技があるわけではありません。これは任せて!ということも思いつきません。

ですが、子どもの「好き」を応援することはできます。

そして、今は、それでいいのだと思うようになりました。

もしかすると、そんな素朴な、些細なことが、実はとても大切なのかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

子供の「片付けない」問題|片付けだけが全てじゃない!今回は、子供の「片付けない」ということに対する、私の考えを書いてみたいと思います。 子どもがいると片付かない… 布団で遊...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
子どもたちは今朝も、お休みの日のゲームを楽しみました(やはり長男は6時前に起床)。そしてそんな中、夫の顎がはずれました😵もともとはずれやすくはあったのですが、ここ5年以上はなく。病院の診察が始まる時間を待ち、近くの歯医者さんへ電話すると診てもらえるとのことで私と夫で受診(子どもたちはお留守番)。どうにか治してもらいました。お休みの日でよかったです。
この前のお休みの日のお昼ご飯。夫作、瓦そば。本当は茶そばで作るようですが、いただきものの乾麺があったのでそれを茹でて。十分美味しく食べられました。#ブルーノコンパクトホットプレート #お家で瓦そば
#子どもの鉛筆 を買ってきました。特にこだわりはなく、六角形で、娘と息子が好きそうだなぁと思うものを選びます(息子はどちらか迷ったので2種類買ってきました。選ばなかったものは次回使ったり、家用に)。わが家には小学生が二人いますが、それぞれ別の鉛筆を使わせると、落ちていてもどちらのものか一目瞭然です。また、箱から出したらすぐに全ての鉛筆に記名を(小三の娘は自分でやっていました)。そうすると後々ラクです。#小学生の鉛筆
ついこの前、ブログに「子どもの忘れ物」について書いたにもかかわらず…また今朝娘の持久走カードを入れ忘れたことが発覚!(親のサインが必要なため、私が入れるようにしている)また、息子も音楽の教科書忘れていたため、朝自転車で追っかけました!もらう時は他の子の手前少し恥ずかしそうだったけれど、帰ってきてすぐ「ありがと」と言ってくれたので何だか嬉しかったです。ちなみに今日は夫にも届け物を一つ。朝から届け物に大忙しの日でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です