本から学んだこと

堀江貴文著『捨て本』を読んで|これぞ究極の「捨てる」!?

みなさん、堀江貴文さんの本を読んだことはありますか?

私はこれまで数冊読みました。

いつも表現がドストレートすぎて「そこまで言う!?」と思うこともありますが(笑)…

言いたいことは単純明快!読んでいて清々しいです!(笑)

最近読んだ『捨て本』は、「これぞ、いろんなものを捨てた極みの境地ではないのか!?」と思うほどでした!

著者の歴史と共に、「捨てる」ことに対する想いが書かれています。

中には、「今の私には理解できないな~」と思う部分もありましたが、それはそれで「へーこんな考えの人もいるんだ!」という学びにもなります。

私が大切だな~と思ったことを中心に、感想も交えてまとめます。


序章

豊かに生きるには、モノや執着を捨て、いまを生きること。
他人を気にせず、自分の気持ちに従うこと。
ケチにならず、分け与えることだ。

もう、「生きていく上で大切なことは、これなのではないか!?」ってほどです。

いろんなものを捨てた先には、みなこのような境地が待っているのでしょうか。

所有欲

所有はリスクだ。
失うことへの不安、管理の手間、執着心と、いくつものネガティブ要素を運んでくる。
本棚に飾っておいたり、タンスにしまっておける程度の大きさのものならいいけれど、持ち運びに難儀したり、持っているだけで出費を強要されたり、何らかの制限が付随してくるようなモノは、リスクでしかない。
対処策は、ひとつだけ。
ためらわず、捨てることだ。

喜びは、モノを所有しなくても満たせる。
逆に、うまく手放していければ、本当に欲しいものへと手を伸ばすことができる。

筆者は、2013年の出所後、一度も自宅をもっておらず、ずっとホテル暮らしをしているそうです。

持ち物も、トランク4つ分で、もっと減らしていけると思う、と書かれています。

私にそこまではできませんし、しようとも思いません。暮らしを楽しんだりラクにしてくれるモノは必要です。

ただ、

  • モノを所有することはリスクを伴う。
  • 喜びは、モノを所有しなくても満たせる。
  • 捨てることで、もっと大切なことを手に入れることができる。

そんな根底にある考えには、とても共感します。


誰かのせい

まず、「他人のせいにする」クセを、捨ててしまおう。
他人のせいにして、あなたの思う未来が開かれるならいいが、そんなことは絶対にない。
他人は、何の責任もとってくれないのだ。
だから、どんな苦境も自分のせいにするべきだ。

人のせいにする=「自分では何もできない」と言っているようなもの。

私自身、前はそのようなところがたくさんありました。

  • 自分にはできることがある
  • 何事も自分次第

そう思って過ごしていきたいです。

アイデンティティ

捨ててはいけないものが、もしあるとすれば、自分自身だ。
自分自身とは、己の存在意義のようなもの。
生きている意味を支える、心の根幹だ。
自分で捨ててしまわない限り、誰にも奪われない。正真正銘の、不朽の財産だ。

とても心に刺さります。

「自分にとって大切なものは何なのか」
「自分はどうしたいか」

自分自身を捨てないように生きていきたいです。


抵抗

もうおしまいだ…なんていう状況は、存在しない。
あるのは、もうおしまいと決めつける、自分の諦めだ。

本には、ライブドア事件についても書かれ、収監中の出来事も記されています。

筆者は、刑務所の中であっても、

  • メールマガジンの発行や著作の執筆
  • 読書(「パイロットになれるぐらいの航空工学の勉強をしよう」と思っていたそう)
  • 大河ドラマや紅白歌合戦を観る

それらをやっていたそうです。

「刑務所でしかやれないことをすすんでやっていこう。そういう方向に気持ちを切り替えると、やりたいことは意外と増えた」と書かれています(やろうと思えば何だってできるんですね!)。

こういう話を聞くと、自分のこれまでの「できない」は言い訳だったんだなーと気づきます。

信用

肝心なのは、改善と再発防止だ。
怒るような事態が起きた場合、怒りはさておき、まず反省すること。そして次に活かす方法を、考えねばならない。
怒ったぶん状況が変わるならいいけど、そんなことは決してない。
切り替えて、最適解を考えるようにしよう。
大事なのは「はい次!」の精神だ。
過ぎる時間は、待ってくれない。怒るエネルギーを浪費する時間より、次の対処策の実行に時間を使ってほしい。

「機嫌よく生きたい」と思っている私ですが、今も怒ることはあります!

3人の子育てをしていたら、いろんなことが起こります(笑)

それに、家族という本音でぶつかり合える相手だからこそ、「怒り」という感情もストレートに出てきます。

ただ、以前と比べ、気持ちを切り替えることはできるようになってきました。

これからも、「はい次!」と、反省を次に生かす姿勢を大切にしていきたいです。


修業

無為に時間を過ごすことは、最も愚かしい「ポイ捨て」作業だ。
時間は取り戻せない。誰かに特別に、多く振り分けられてもいない。
公平で、容赦なく、すべての人に与えられた有限の資源だ。
時間とはすなわち命である。
・・・
思考を良質な情報で埋めて、最適の方法を選び、余分なモノを捨てて、身軽になって目的へ近づいていく。
・・・
何を持つか? ではない。どのように時間を使うか? という意識に、全神経を傾けてほしい。

筆者は、時間の大切さを本の随所で述べています。

決してやみくもに捨てるのではなく、時間(命)を大切にすることに繋がっています。

「どのように時間を使うか?(自分にとって何が大切で、どう生きていくか)」という視点は忘れずにいたいです。

おわりに

本には、"家族を捨てる"など、「え、これまで捨てるの!?」と感じることもたくさん出てきます(ただ、最後まで読むと、筆者のもっと深い真意が伝わってきます)。

言葉だけ聞くと、血も涙もないように聞こえますが…

著者が言いたいことは、

  • 捨てることは、目的ではなく手段
  • いろんなモノを捨てた先に、もっとやりたいものが見つかってくる
  • 有限な時間を不要なモノで浪費しないように
  • いろんなものを捨てたとしても、自分自身だけは捨てないように

そういうことなのかな、と思います。

最初から最後まで本当にストレートな物言いですが(笑)、筆者は自分の考えを述べているだけで、「こうしなさい」とは言っていなくて…。

それが、最後まで心地よく、読んでみたいという気持ちにさせてくれるのかもしれません。

真似できることは真似して、
共感できないところは新しい価値観に触れたと思い、
自分を見失わないように生きていきたいです☆

 

参考になった部分がたくさんあったので、みなさまと共有したく記事にしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です