店員さんから聞いた!洋服を買うときに考えたい2つのこと

先日、春服&夏服を見つけに、よく知るお店に行った時のこと。

以前から、

  • アドバイスが的確!
  • 買う人のことをよく考えた発言をしてくれる!
  • これぞ洋服のプロ!

そう感じる店員さん(女性)がいらっしゃいました。

今回も、へー!なるほどー!と、勉強になったので、記事にします。

服を買うときに考えたい2つのことについてです。

1.3カ月後も着ることができるか?

できたら長く使える服を買いたい。

それは私がいつも思っていることです。

きっと多くの方が同じ考えではないでしょうか。

その店員さんも同じように考えているそうですが、具体的に「3カ月後も着れるか?」ということを想像するそうです。(今であれば、買おうとしている服が7月下旬まで着れるかどうか。)

3ヶ月間しっかり着ることができたら、よい買い物

それを一つの判断材料にしているそうです。

 

私は洋服を大量に手放してから、漠然と、長く着れそうな服を買うようにはしていましたが…。(その前は、それすら考えていませんでした・汗)

店員から聞いた3ヶ月という具体的な数字によって、さらに買う時の基準が明確になりました。


2.洋服を買うのは博打と一緒!

もう一つ、店員さんが、こんな話をしてくれました。

「言い方は悪いかもしれませんが、私は、洋服を買うのは博打と一緒だと思っているんですよ〜。」と。

心配なところを一つずつ排除していって、これなら大丈夫!と思ったものを買う。

色が、丈が、柄が…一つでも心配があると、着なくなります。

どんなに想像を巡らせても、最終的には使ってみないと分からない。

定員としてアドバイスはできるけれど、最終的にお金を出すのはお客様。できる限りそのお手伝いをします、と。

これは大いに共感するところです。

家電でも食器でも食品でも、どんなに口コミを見て選んだとしても、最後は使ってみないと(食してみないと)分かりません。

洋服だって、「意外とこれが使えた!」ということもありますし、逆に、「あんなに好き!と思って買ったのに、ほとんど着なかった」ということだってあります。

店員さんだって完璧な買い物ができるわけではありません。

失敗したと思ったら反省し、潔く次にいく姿勢が大切なのだと感じました。

そうやって、自分の経験値を増やしていきたいです。

「失敗」も「学び」に変えていこう!私が最近買いなおしたものたくさんのものを手放し、買い物するときの判断も、以前に比べるとだいぶよくなってきましたが… 今でもたまに、買ってから「自分には合わ...

おわりに

何でも、その道のプロにアドバイスをもらうのが一番!

一人で何とかしようとせず、人の力を借りることは大切なことですね。

結局その日は自分の中でGOサインが出ず、何も買わずにお店を出ました。

すると、その後に行ったお店で、これ!というものに出会えました。

リネンのブラウス

羽織にもなり、一枚でも着れ、シルエットと胸の部分のディテールがかなり私好みでした!(早速着ています!)

そして、これなら7月末も十分着れます!

大量に洋服を手放してから「リネンは冬着れない」と遠のいていましたが…。

3ヶ月間たくさん着れたらよい買い物☆大切に着たいと思います^^

店員さんとの会話がなかったら、今回買っていなかったかもしれません…。

そう考えると不思議で、洋服も縁なのだと感じます。

私が聞いた話が、誰かのお役に立てたら幸いです。

大量の服を捨てて分かった!洋服の選び方・買い方6つのポイント!こんにちはミモザです^^ まさか洋服の写真を掲載する日が来るなんて… 私はスタイルがよいわけでもなく、おしゃれが上手でもない...

お読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です