子どもとの関わり方

「親としての在り方」を考えさせられた、昨日の出来事

今週は、家庭訪問週間。

14時前には娘が帰宅し、少し慌ただしい毎日を過ごしています。

しかし今年から、一番下の次男が幼稚園に通い始めたことで、毎日フリーの時間を持てています。

これを当たり前と思わず、今に感謝しながら日々を過ごしたいです。

さて。

昨日、親としての在り方を考えさせられた出来事がありました。

今日は、そのことについてお伝えします。


夕方のこと

昨日の夕方、私がキッチンで、料理・その他の家事をしていた時のこと。

子どもたち三人は、畳の部屋(キッチンからは死角になる部屋)で集中して遊んでいたため、私も家事の合間に本を読んだり、リラックスして過ごしていました。

しばらくして、子どもたちの様子を見てみると…

∑(゚Д゚)

布団を出し、家の中のものを使って、秘密基地づくり(-_-;)

子どものはしゃぐ姿と、私の想像をはるかに上回る乱れっぷりに、本来ならコラー(ノ`Д´)ノとなるところを、思わず「すごい!」と感心してしまいました。

写真まで撮ってしまいました(≧▽≦)

そして、娘の「ママも入ってー♡」という言葉に、なぜか昨日は、私もうつ伏せになって、布団の中へ潜り込みました。

すると、中は部屋のようになっていて、懐中電灯や光るおもちゃまで用意されていました!

「楽しい?」と聞かれたので「うん楽しい♪」と(正直に言うと、片付け大変だなあという思いも・笑)

5時半になり、お風呂の時間。

当然子どもたちだけでは片付けられず、私も手伝いました。(というか私が中心)

夕食後のこと

昨日は、月曜というのに、夫は飲み会(-_-)

四人での晩御飯を終えると、娘が「何かお皿洗いたくなったー!」と皿洗いを始めました。(日頃は食洗機なので、このようなことは滅多にありません。)

その後、年長の長男も一緒になってやりました。(途中、どっちが水道を使うかで喧嘩もしました・笑)

洗い終わった食器たち

周りはベチャベチャ…食洗機にセットしていた食器も取り出してきてました^^;(「もういいから」と言いたいのをグッとこらえて(;´Д`))

 

特に意味はなかったのですが、私は「どうしてお手伝いしてくれるのー?」と聞きました。

すると、娘が、「ママがやさしいから!」と。

えっ(゚д゚)!

実は、お風呂から上がった後、男のギャン泣きにイライラ&宿題のことを巡って娘に言い過ぎた、と思っていたのです。

そんな時に、耳を疑うような発言。

思わず「ママってほんとに優しいかなー?!」と聞いてしまいました。

すると娘が「うん!お布団の中にも入ってくれたし、すごいねっていってくれたし、優しい!」と。

ううう(;_;)

子どもの純粋な心に、少し前の自分を反省しました。


おわりに

私たちは、親として、

  • 子どもに勉強の習慣をつけさせよう。
  • 栄養のあるものを食べさせよう。
  • 早寝早起きさせよう。

ついついそんなことばかりに目がいきがちです。

しかし、子どもはただ、自分がやっていることを親が一緒に楽しんだり、認めたり、関心を持ったり、そんな何気ないことが何より嬉しいのかもしれません。

ふっと肩の力が抜け、親としての在り方を改めて考えさせられました。

ただ、だからといっていつ何時も穏やかな目で見れるかというと、そうではありません。

大人にも大人の事情がある。

しかし、そんな時もあっていいのだと、教えられたような気がします。

子どもの、全ての欲求に応えることは難しいけれど、なるべく子どもの目線に立って、子どもと一緒に楽しむ心は忘れずにいたいなと思いました。

頑張りすぎないでいい!子育てで大切にしたいたった一つのこと子育ては、頑張りすぎないほうが上手くいく!たくさんの失敗をして、今はそう思うようになりました。子育ての経験、また教員時代の経験をもとに、子育てに一番大切なことは何か考えます。...

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    さとりんさん、あたたかいコメントをどうもありがとうございます^^
    子どもの手伝い、「え、今なぜそれ??」ということもよくありますよね( ´Д`)
    ◯◯したい!という意欲が全ての出発点だと思うので、
    できる限り、その心を大切にしたいですね☆

  2. さとりん より:

    ミモザさんって素敵なお母さん^^
    お母さんの優しいところを発見できる娘さんも
    素敵な娘さん^^
    お母さんのお手伝いをしたくて頑張っている子供の行動が
    迷惑なことも多々ありますが、
    ミモザさんの記事を読んで
    暖かく見守ろうと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です