わが家の工夫・対応策

「100点」と「70点」どちらが大切?テストの活用法と声掛け

一学期の間に、何十枚も持ち帰るテスト。

みなさんはどうされていますか?

100点のテストも70点のテストも、子どもが頑張ったという点ではどちらも大切ですが、
私は70点のテストを見たとき(70点でなくても100点以外のテストやプリント)こそ重要視しています。

今日は、子どもが持ち帰ったテストを、私がどう処理しているかについて書きます。

教師の側から、家庭でテストをどう生かしてほしいかという視点でもあります。

100点のテストを見たとき

100点のテストを見たら、「すごいじゃん」「頑張ったね」と‟さらっと”言って終了大げさに褒めることはしません。

なぜなら、あまりに100点のテストを褒めちぎると

  • 100点のテストこそ素晴らしい!
  • また今度も100点とってきてね!

と伝えているようなものだから。

それは子どもをありのままを受け入れることにはなりません。条件付きで認めているようなもの。
教員時代も、クラスで特定の子をあまりに褒めると、私、子どもたちをコントロールしてない?と感じることがありました。

100点ということは、学習内容をしっかり理解できているということ。

それを確認し、子どもに頑張りを伝えたら、そこでそのテストの役目は終了です。

100点以外のテストを見たとき

100点以外のテストを見たら、間違っているところをチェックします。

そして、単純なミスなのか、それとも理解不足によるものなのかを見極めます。

それぞれに対応の仕方が違います。

1.単純なミス

書き間違いや計算ミスなど、内容は理解できている場合は「次はこうするんだよ」とさらっと言っておしまい。(あんまり言うと子どもが嫌がるので、子どもの様子を見て。場合によっては言わないことも。)

娘のテスト。単純なミス。
「あ」か「い」で答える問題を、数字で答えてしまった。内容は分かっているので「問題をよく読もうね」で終了です。

2.理解不足によるミス

これが、一番重要視したい問題です。

ある日のテスト。正しい比べ方には〇、間違っている比べ方には×をつける問題。
娘が間違ったのは①。絵本のたてとよこの長さを、クリップを使って比べています。

正しい答えは「〇」ですが、娘は「×」にしていました。(写真で〇になっているのは、やり直したあと)

話を聞くと、①~③の中で〇(正解)は一つだけと思ったそうです。

内容が理解できていないわけではありませんが

  • 問題文をよく読むこと
  • 「クリップのいくつ分か」で長さを比べることができること

を確認しました。

持ち帰ったテストの行方

100点のテストも、それ以外のテストも、上記のように処理したら即ゴミ箱に捨てます。

そもそも、テストは学習内容が理解できているか確認するためのもの。

それが終わったら、とっておく必要はないと考え、どんどん捨てるようにしています。
以前一年生を担任していた時、点数を記録するのを忘れて子どもたちに返してしまいました。
翌日持ってきて!と言ったら「お母さんが捨てました」という子が何人もいて、その時はびっくりしたけれど、今なら分かります(笑)

ちなみに宿題プリントも同じように考え、どんどん捨てています。

最終判断は人それぞれですが、捨てて困ったことはありません。(一学期はとっておきましたが、二学期からはどんどん捨てています)

おわりに

今日は、学校から持ち帰ったテストについて、私の考えを書きました。

テストを返す際、学校でやり直しはしますが、一斉指導でどこまで本人が理解できているのかは疑問です。教師もすべて把握することはできません。

家庭に帰って、親が間違っているところを子どもと一緒に確認できれば、早期に子どものつまづきに気づくことができます。

忙しい場合も、間違ったところだけなら、少し時間をとって見ることも可能かもしれません。

きょうだいがいたり、仕事をしていたりする親は、本当に毎日大変!!!
提出物が締め切りまでに出ない子もいましたが、それも理解できます。

それでも、なるべく効率的にテストを活用してほしい、そんな思いで書きました。

お役に立てれば幸いです。

子どもの「宿題しない」問題。教師を経験しても悪戦苦闘しています。先週の金曜日、久しぶりに娘が泣きわめきました! 原因は、宿題です。 いつも3時半すぎに学校から帰ってきて、 おやつと宿題、...
1年生を担任した時に一番驚いたこと。「学ぶ」って、本来こういうことじゃないのかな?教師三年目、1年生を担任したときのこと。 一年目、二年目が5年生と6年生担任だったので、初めはその違いにビックリしました。 ...

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    コメントありがとうございます!
    あくまで私の考え方なのですが、共感してもらえて嬉しいです^^
    毎回40人近くの丸つけをするのは大変ですが笑、子どもたちの日頃の頑張りに比べたら、テストの点数なんてちっぽけなものだと思っています。
    折り紙とっててあげて、さとりんさんお優しいですね^^

  2. さとりん より:

    子供が理解できていないところがあるか
    クールに確認して
    補強してあげるって感じなんですね!!
    終わったら捨てるっていうのが、
    点数にこだわってない感じで
    すごく響きました。
    捨てられない症で
    さいきん折り紙が増えてきたので見習おうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です