子どもとの関わり方

今ならモンスターペアレントの気持ちが分かるような気がする・・・

毎週木曜日はスイミングの日。
習い事はこれだけ。

少し前から一番下の現在2歳7か月の次男もやり始め、きょうだい三人でプールに入っています。
見学中、あまりにわんぱく&本人がプールに入りたくてたまらない。楽しんでやっています^^♪

先週木曜日(11月8日)、娘が学校から帰ってくると「プール行きたくない」というのです。「疲れた」と。

そして、「あのね・・・」といって泣き出しました。

その後の自分の行動で、私モンスターペアレンツの気持ちが分かるような気がする…と感じました。

今日は、そのことについて書きたいと思います。

なぜか水泳キャップをかぶる息子。


娘が「プールに行きたくない」と言った本当の理由

その前の週も娘は「今日は社会見学で疲れたからプール行かない」と言っていました。

そのため、これは何かあるな、と感じました。

しばらくそのまま話を聞いていたら、娘が抱きついてきて、「だって男の子からビートバンで叩かれたり、足つかまれたりするもん」と言って、泣き出しました。

娘は特別水泳が上手いわけではありませんが、同じ学年の女の子たちとは別のコースにいます。

娘のコースにいるのは、ほとんどが上級生の男の子たち。

きっと叩いたり、つかんだりしたつもりはなくても、一年生の女の子にとっては怖いと感じることもあるのでしょう。

詳細は分かりませんが、とにかく同じコースにいる男の子が怖くて行きたくないんだな、ということはよく分かりました。

私がやることはただ一つ!そして「あ、モンスターペアレンツってこんな気持ちなのかな?」と感じたこと

だからといって、このまま泣いていたって、お休みしたって、現状は何も変わりません。

親として、私ができることはただ一つ!

改善するために、先生に話すこと!

娘に分かるように話をし「一緒に先生に言ってみよう」と言いました。

少し安心したようでした。

ちなみに昨日のTwitter。

こういう考えでいると、自ずと自分のやることが見えてくるような気がします。

プールに到着し、まず、受付のいつもよく話す先生に事情を話しました。

すると、「木曜日のこの時間の子どもたちが一番やんちゃです!」と。(笑)
小学校にもいろんな子たちがいたので^^、それをどうこう言うつもりはありません♪

ただ、母として、できる限りのことはしたい!という思いと、
娘にも、行動しないと何も変わらない!と伝えたい思いがありました。

水着に着替えた後、プールの中に入り、担当の先生にも事情を話しました。

よく話を聞いてくださり、娘にも「嫌だったね。何かあったらすぐ先生に言いに来てね。」と言ってくれました。

安心したように私から離れていきました。

落ち着いて話をしたつもりですが・・・向こうがどう受け取ったかは分かりません。

でもそれは、私の力の及ばないところ後は先生にお任せするしかない。そう思いました。

と同時に「あ、モンスターペアレンツってこんな気持ちなのかな?」と。

子どものことを一生懸命に思うばかりついつい言い方がきつくなったり、自分の子どもをかばうような発言になる・・・。

それがエスカレートした状態がモンスターペアレントなのかな?と。


先生たちの対応。そして、もしもまた自分が教員だったら?と考えてみる

見学する場所に戻ると、あれ?なぜか娘が一つ前の(同級生の子どもたちがいる)コースにいる…

私の言い方まずかったかな・・・
でもきっと先生にも考えがある。
私がいろいろ考えても仕方がないこと。

とにかく終わるまで待ちました。

その間、私はモンスターペアレンツについて考えていました。

教員時代、直接そういう方にお会いしたことはないですが、
もし仮に保護者が怒鳴って来たとしても、その奥には「どうにかしたい!助けてほしい!」という悲しみがあるんじゃないかな?

また教師に戻ったら(今のところ戻るつもりはありませんが)、
モンスターペアレントと呼ばれる方たちの本当の思いに気づけるようになりたいと思いました。

終わってから、担当の先生と話をする。私が感じたことと伝えたいこと。

練習中、娘はお友達と楽しく泳いだり、遊んだりしていました。
(かなりゆるいスイミングです^^)

終わると、子どもたちと一緒に先生が来てくれました。

私の言い方がまずかったかな?と聞いてみると、そうではなく「(他の先生とも話して)今日はまずワンクッション置いてから」という考えだったようです♪

先生にお礼を言い、すっきりした気持ちでプールを後にしました。

私が感じたことは、やっぱりどの先生にもきちんと考えがあり、子どもたちのために一生懸命頑張ってくれているんだなーということ。

だからどうか、先生を頼ってください!
もし善処しなくても、それはそれで学び。
何もしないよりかはいいです!


おわりに

娘のことがきっかけで感じた「あ、モンスターペアレントってこんな気持ちなのかな?」ということ。

少し表現の仕方が激しいだけで、‟子どもを想う”という点ではどの親も同じです。

そしてまた、教師だって子どものことを想っている。

ならば、話し合って理解し合えないことはないんじゃないかな。そう思いました。

実際に他のクラスに激しい口調で訴えてくる保護者がいましたが、当時の校長は大変おおらかで、話し合いの後とても仲良くなっていました^^今でも関りがあると。
私も今でもお世話になっています。

親は、教師の考えを理解しようと心がける。

教師は、親の考えを理解しようと心がける。

その少しの心がけがお互いの理解につながる。

そんなことを再確認した出来事でした。

私は今、子どもの親。

先生を頼り、疑問があったら質問をし、理解しようと努めていきます。

 

こんな内容だって先生に質問していい!教員時代実際にあったこと3つ先日、こんな記事を書きました。 https://sarasaralife.com/archives/13056208.html ...
もっと学校の先生を頼って!親として「やっていいこと」「悪いこと」ありがたいことに、今もたまに、私が小学校教員だったことを知る友人から、相談の電話をもらいます。 ほとんどの内容が、 「こ...
娘よ、今ならあなたを助けることができるかもしれない!三日前(今週火曜日)、娘が小学校帰りに、ひじと膝をけがして帰ってきました。 同じクラスの女の子が家までついてきてくれました^^ ...

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
夏にミニトマトを植えていた鉢には、現在、#フウセンカズラ が生えています。以前道端でとった種を撒きました。私がフウセンカズラを知ったのは、以前一年生を担任していたとき。ある女の子がツルと種を学校へ持ってきてくれました。ハートの形が特徴のかわいらしい種と、繊細できれいな黄緑色のツルがとても素敵で、その時から#大好きな植物 に。物事は繋がっているんだなーと思います(嫌なことはもちろん断ち切っていいと思う!)。わが子も好きで、はじめて風船?袋?ができたときはみんなで大興奮。枯れて種をとるのが楽しみです。ちなみに#年中の次男 は我慢できず先日種をとっていましたが、まだ緑色でした👦笑
以前図書館で立ち読みしたのがきっかけでたくさん借りてきた#有元葉子 さんの本。共感と、へーなるほどー!と家事の参考になることがいっぱいです。さらに住い方や物選びも洗練されていてうっとり。久しぶりに片付け熱がヒートアップし、捨てようか迷っていたものも処分しました。たくさんの本を出されていて、一度には借りきれなかったので、また来週借りに行くのが楽しみです☺️#有元葉子さんの本
今晩は#カレーライス 。以前は習い事のスイミングの日の定番でしたが辞めた今もたまに作ります。最近はヨーグルトを入れることが多いです。爽やかさとまろやかさがアップ!料理は、もっと美味しく!と思うと、終わりがなく、そこが楽しいところだと思います。また今日は、夕方じゃがいもがないことに気づき、#サツマイモ を代わりに入れました🍠はじめ家族は誰も気づきませんでした😆#カレーにサツマイモ  #カレーにヨーグルト #料理の楽しさ
昨日購入した夫の雨の日用の靴。これまでは、雨の日には一番古い革靴(少し痛んだ?)を履いていました。でもそれもどうかと思い(私は雨の日こそよいものでテンションあげたい!)、仕事が休みだった夫と一緒に靴をみに。とてもよいものが見つかりました(店員さんもすごく親切でした)!(値段も半額😆)表面は革なのに、#ゴアテックス で、防水スプレーもいらないとのこと!お手入れ簡単なのも嬉しい。#マドラス #マドラスの靴  #雨の日用の靴
#最近よく作る料理 、#きゅうりのゴママヨネーズ和え 。塩もみしたきゅうりに、すりごま・マヨネーズ・ほんの少しの砂糖を加えて混ぜただけ。簡単なのに家族みんな大好きで、作り甲斐があります。特に夫と娘が気に入っていて、いくらでも食べれる〜と言います。#家族が好きな料理

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です