前回、という記事を書きました。

こんなふうに考えるようになって、以前と変わってきたことがあります。

それは、以前より他人の考えを尊重できるようになってきたこと。

例え自分と違う考えであっても、「そんな考えもあるんだ」と穏やかな気持ちで受け入れられるようになってきました。
(もちろん、人として許せないことは受け入れることはできません)





自分に考えがあるように、相手も相手の考えがある

前回の記事にも少し書いたように、「~しなきゃ」といった受け身の姿勢で我慢していると、知らず知らずのうちにそれを他人にも強要してしまいます。

・私はこんなに大変なことをしている。だからあなたもやって。

・本当は~したくないけど仕方なくやってる。だからあなたも~するべき。

やっぱりこれは苦しい・・・。
はい、以前の私はこんな感じでした…。自己犠牲はよくありません。


しかし、私は~したい!~する!と自分の意志で生きていると、
自分に考えがあるように、相手にも考えがあると思えます。


以前より他人が気にならなくなったのは、自分は自分の考えで物事を決めることができ、それに沿って行動しているという思いがあるからなのだと、最近気づきました。





最近読んだ本で改めて実感

少し前に読んだ本。
(Instagramを埋め込みたいのですがやり方が分からないため画像&Twitterで(汗))



後藤さんの、無理せずゆるゆるな感じが、私はとても好きです。

読んでいてとても心地いい。

と同時に、自分の考えで生きているからこそ、自分と違ったやり方にも寛容でいられるんだな、ということを随所に感じました。





『7つの習慣』における、人間の成長過程の最終的な目標は「相互依存」

私が、生きている間に出会えてよかった!と思う一冊『7つの習慣』

そこでは、人間の成長過程を「依存」→「自立」→「相互依存」へと導いています。


これまでこのブログで書いてきた"受け身な自分から主体的な自分へ"という「自立」は、最終的な目標ではなく、
さらにその先に、"自立した者同士がWin-Winの関係で力を合わせ、よりよいものを創り出していく"という「相互依存」があります。

FullSizeRender


一人の人間として自立した先には、お互いの違いを尊重し認め合う世界が待っているのです。





おわりに

お互いの違いを尊重し合う世界。

それは誰もが生きやすい世界であるし、子どもたちにもそんな世の中を伝えたい。

「~しなきゃいけない」を手放すことで、それに近づくことができるかもしれません。


また、他人の考えを尊重できない。そんなときもあると思うのです。

そんなときは逆に、「自分は~しなきゃいけないになっていないかな」と考えてみることで、今の自分に気づくことができるかもしれません。


ふと、最近感じたことについて書きました。








▼ブログ以外にも、こちらもどうぞ。
ブログは「伝えたい」という思いで書いています。
SNSは、主に日常的なことを記しています。

Twitterはこちら
\\  日常でふと感じたこと、考えたことなどを書いています ♪ /

Instagramはこちら
\\  料理、読んだ本、わが家の様子などを中心に、写真を載せています♪   /

他にも、コメントやメッセージ、お気軽にどうぞ☆

 

▼ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです☺
(それぞれのランキングに飛びます)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ


             
  \  クリックありがとうございます♪ /