経験から学んだよりよい生き方

「~しなきゃいけない」を手放すと、他人の考えを尊重できる。

前回、このような記事を書きました。

【自分の人生を生きる】「~しなきゃいけない」を手放したい!私は、長い間「~しなきゃいけない」という言葉をよく口にしていました。 また、そんな考えで生きてきました。 しかし、自分の未熟...

こんなふうに考えるようになって、以前と変わってきたことがあります。

それは、以前より他人の考えを尊重できるようになってきたこと。

例え自分と違う考えであっても、「そんな考えもあるんだ」と穏やかな気持ちで受け入れられるようになってきました。(もちろん、人として許せないことは受け入れることはできません)


自分に考えがあるように、相手も相手の考えがある

前回の記事にも少し書いたように、「~しなきゃ」といった受け身の姿勢で我慢していると、知らず知らずのうちにそれを他人にも強要してしまいます。

  • 私はこんなに大変なことをしている。だからあなたもやって。
  • 本当は~したくないけど仕方なくやってる。だからあなたも~するべき。

やっぱりこれは苦しい・・・。
はい、以前の私はこんな感じでした…。自己犠牲はよくありません。

しかし、私は~したい!~する!と自分の意志で生きていると、自分に考えがあるように、相手にも考えがあると思えます。

以前より他人が気にならなくなったのは、自分は自分の考えで物事を決めることができ、それに沿って行動しているという思いがあるからなのだと、最近気づきました。

最近読んだ本で、改めて実感

少し前に読んだ本。

以前、図書館で手に取ったことがきっかけで知った後藤由紀子さん。

何事も自分が心地よいやり方をされていて、この人の考え方や生き方、とても好きです。

無理せずゆるゆるな感じが、読んでいてとても心地いい。

自分の考えで生きているからこそ、自分と違ったやり方にも寛容でいられるんだろうなあということを随所に感じました。


『7つの習慣』における、人間の成長過程の最終的な目標は「相互依存」

私が、生きている間に出会えてよかった!と思う一冊『7つの習慣』。

『7つの習慣』を読んで|今の私があるのはこの本に出会えたから『7つの習慣』という本をご存知ですか? これは、私にとって、とても大切な一冊です。 今の私があるのは、この本のおかげ...

そこでは、人間の成長過程を次のように導いています。

依存→自立→相互依存へ

これまで、このブログで書いてきた“受け身な自分から主体的な自分へ”という「自立」は、最終的な目標ではありません。

さらにその先に、“自立した者同士がWin-Winの関係で力を合わせ、よりよいものを創り出していく”という「相互依存」があります。

一人の人間として自立した先には、お互いの違いを尊重し認め合う世界が待っているのです。

おわりに

お互いの違いを尊重し合う世界。

それは誰もが生きやすい世界であるし、子どもたちにもそんな世の中を伝えたい。

「~しなきゃいけない」を手放すことで、それに近づくことができるかもしれません。

また、他人の考えを尊重できない。そんなときもあると思うのです。

そんなときは逆に、「自分は~しなきゃいけないになっていないかな」と考えてみることで、今の自分に気づくことができるかもしれません。

ふと、最近感じたことについて書きました。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#保存食 として買っておいたごはん。片付けをしていてよくみたら、一年前に賞味期限が切れてました😂たまに見直すことって大切ですね!
#さらしたまねぎ 。子どもたちに、かつおぶしとポン酢(わが家は#かけぽん )をかけて食べる食べ方を教えたら、すごーく美味しかったようで、3人ともおかわりしてました。海苔を乗せても美味しいけれど、それはまた今度♪
今年、小学生3人になったわが家。まだ一年生は帰りが早く、下校時間が三人一緒のことはなかったのですが、先日歓迎遠足があり、その日は初めてみんな下校時間が一緒。姉の号令のもと、運動場で待ち合わせをし、三人一緒に帰ってきました。姉曰く「めっちゃ楽しかった!」と。高学年になると、きょうだいで帰りたがらない、という話を聞くこともますが、まだそれはないよう笑 今日もなぜか全校4時間で帰ってくるので、朝、待ち合わせ場所を確認してました笑(写真は下校時ではなく、習い事の帰りです)家ではしょっちゅうケンカもしてますが、3人楽しく帰ってきてくれるのは嬉しいことです。#さんにんきょうだい
たまたまテレビをつけたら気になる番組が。本当に教員の仕事量はハンパないと思います。親になり改めて先生の存在って大きいなぁと思うので(勉強のこと、友達関係のこと…先生から学んくることいっぱい)、本当に先生たちが働きやすい環境であることを願います。
子どもたち三人それぞれ一学年ずつ上がり、三番目の次男は小一に☺️楽しく通っています。お姉ちゃんお兄ちゃんの存在も大きく、私も頼りにしています(お姉ちゃんが毎日靴箱まで送ってくれてるようです)。「全部好き!(どの教科の学習も好き)」「給食楽しみ!」「お友達できたよ〜」幼稚園同様何ごとも生き生きと活動しています。まだまだ赤ちゃんみたいなところもあるし笑、言うこと聞かないし笑、数日前は帰ってこないなーと思ったら運動場で遊んでるし笑(それについてはしっかり話をして、途中何かあったのかと心配になるからやめようと話をすると、翌日はちゃんと帰ってきました!)で相変わらずやんちゃな次男ですが、話題に事欠くことなく日々を送れることに感謝です。時間割も一生懸命やって、新しいことをどんどん学んでいく姿は頼もしいです。私自身も、幼い下の子がいる一人目の時よりもだいぶ落ち着いて時間割等みれます。
金曜日に熊本から福岡へ戻ってきました(夫は仕事のため先に新幹線で)。夫は仕事のため、私だけで大量の荷物を部屋まで運ぶのが憂鬱だなーと思っていたのですが、子どもたちが玄関までカート?を取りに行ってくれ運んでくれたので助かりました。いつの間にか大きくなってるんですねー。荷物の片付け中は子どもたちはずーっとテレビ観てましたが笑、私は途中でお菓子など食べながらゆっくり片付けました。「片付けて!」と言うと片付けない子どもたちにイライラするので笑、言わなくて正解でした笑

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    なださん、こんにちは!
    ブログを読んであれこれ考えてくださってること、本当に嬉しいです^^

    おっしゃるように、見守ることは忍耐が必要ですし、自分が未熟だったり心に余裕がないときはできませんよね。口で言う方が手っ取り早い…

    相手が、子どもや夫など身近な存在だからこそ、素の自分が露わになるような気がします。

    人間なのでついついやってしまった…と反省することもありますが、徐々にその割合を減らしていけたらいいなと思っています^^

  2. なだ より:

    ミモザさん、こんにちは。
    私はここのおかげで「~ねばならない」から少しずつ抜け出せてるような気がします。

    前はつい子どもたちを自分の型にはめようとしてしまい、怒ってばかりいましたが、最近は様子を見ながら、ある程度は自由にやらせています。

    手や口を出さず見守ることは、口を酸っぱくして怒り続けるのと同じくらい大変ですね…

    自分のメンタルが落ち着いていないとできません。
    「まずは親が機嫌よく!」その通りですね~

    精進します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です