三年前の今日、私と次男(当時生後一か月)は、実家の熊本に里帰り中でした。

そして、熊本地震を経験しました。

関連記事:


それから三年。

息子はすくすくと大きくなり、毎日元気すぎるほどです。

ふと当時のことを思い出し、息子を見ると、しみじみとした気持ちになります。


IMG_1446
春休み中の次男。元気いっぱいでした!



地震大国、日本。

地震に備えるため、テレビやネットでは、あらゆる情報が流れています。

もちろん、どれも大切なことです。


ただ、私が地震の経験を通して学んだ、
"何より日々大切にしたいこと"が2つあります。


今日は、当時の写真とともに、そのことについてお伝えしたいと思います。

(一年前、上記の地震の記事を書いた時も、写真を載せるかどうか迷いました。しかし、まだブログを書き始めて間もない頃で、どこまで載せたらいいのだろう?と疑問もあったので、その時は控えました。この度やはり大切なことだと思い直し、掲載することにしました。何か感じてもらえれば幸いです。)





1.家の中を安全にしておく。

私が地震を通して学んだ、日々大切にしたいこと。

一つ目は、モノによって命を落とさないよう、家の中を安全にしておくということです。


本震(4月16日 1時25分)がきたときは夜中で、私も次男も熟睡中でした。

前震(4月14日 21時26分)があって怖かったため、本震があった日はいつもよりズレて、部屋の中央で寝ていました。
前震さえもこれまでに経験したことのない揺れでした。怖くてその日は車で寝ました。その翌日に本震がきました。


すると、次男がいつも寝ている場所に、大きなテレビが落ちていました。
2016-04-16-08-15-03
当日朝の写真。
まさにこの場所に、それまで毎日寝ていました。
わずか4000gの体の上に、こんなに重いものが落ちていたら…
考えるだけでゾッとします。


ガラス窓も、サッシから外れ、私と次男の上に落ちてきました。
2016-04-16-07-26-06
まさかこんなことが起こるなんて…これまで考えたこともありませんでした。


近寄ってみるとこんな感じ。
2016-04-16-08-00-48
二重のガラス窓。
大人一人では持ち上げられない重さです。
私たちを助けるため、妹と母が持ち上げてくれたので、窓ガラスの位置は多少ズレています。


これが夜中、私と次男の上に覆いかぶさってきました。
真っ暗だったので、私は家が崩壊したのだと思いました。


幸い、

・(体の大きい)私だけが衝撃を受けた

・羽毛布団がクッション代わりになった

・授乳のため、私は横向きに寝ていた

それらのことが重なり、私も次男もけがはありませんでした。



実際に、どんなに備えていても、不測の事態は起こります。

ただ、

・落ちてきて危ないものを放置しない

・倒れてきそうなものをそのままにしない

片付けよりも何よりも、
そのような、モノによって命を落とすことは避けられるよう、できる限り、家の中は安全にしておきたいものです。
食料や水、防災グッズももちろん大切ですが、それは命あってのこと。まずは自分の命を守ることが最優先だと考えます。






2.後悔のないように生きる。

私が学んだ大切なこと、
もう一つは、後悔のないように生きるということです。


以前の記事を引用します。

当たり前に来ると思っている明日が、本当に来るとは限らない。

自分の命が明日もあるという保証はどこにもない。

家族や大切な人と、明日も会えるとは限らない。

大きな地震…
このようなことがあると、生活は一変します。

これまで、当然のようにやっていたことが、できなくなります。

「また明日やればいっか」が、できないことだってあります。


だから。

悔いのないように、一日一日を大切に生きていきたいものです。


熊本地震が起こる、数日前の写真。
2016-04-12-13-52-29
ひいおじいちゃん(現在90歳)に抱かれている次男。


本震当日の朝。
2016-04-16-06-43-30
車中泊。
長い長い夜でした。
暗い闇が終わり、空が明るんできた時は、本当に嬉しかったです。





おわりに

熊本地震を経験し、私が学んだ、日々大切にしたいこと2つについて書きました。  

1.モノによって命を落とさないよう、家をできる限り安全にしておく。

2.明日が必ずくるとは限らない。悔いなく生きる。



本当は、毎日強く意識したいことです。

しかし、人間すぐ気が緩んでしまうもので、
私自身「まあ大丈夫だろう。ちょっとくらいならいいかな。」と思う時もあります。

ただ、忘れるということは何も悪いことではなく、
嫌なことを忘れられるという、人間に備わった特性です。


大切なのは、
たまにふと立ち止まって考えたり、
何かの節目に思い出し、自分を見つめ直したりすること
ではないでしょうか。

みなさんの、考えるきっかけになれば嬉しいです。





こちらもどうぞ:






お読みいただきありがとうございまし。

にほんブログ村