一学期の間に、何十枚も持ち帰るテスト。

みなさんはどうされていますか?


100点のテストも70点のテストも、子どもが頑張ったという点ではどちらも大切ですが、
私は70点のテストを見たとき(70点でなくても100点以外のテストやプリント)こそ重要視しています。


今日は、子どもが持ち帰ったテストを、私がどう処理しているかについて書きます。

教師の側から、家庭でテストをどう生かしてほしいか、という視点でもあります。





100点のテストを見たとき

100点のテストを見たら、「すごいじゃん」「頑張ったね」と‟さらっと”言って終了

大げさに褒めることはしません。

なぜなら、あまりに100点のテストを褒めちぎると

・100点のテストこそ素晴らしい!

・また今度も100点とってきてね!

と伝えているようなものだから。


それは子どもをありのままを受け入れることにはなりません。条件付きで認めているようなもの。
教員時代も、クラスで特定の子をあまりに褒めると、私、子どもたちをコントロールしてない?と感じることがありました。


100点ということは、学習内容をしっかり理解できているということ。

それを確認し、子どもに頑張りを伝えたら、そこでそのテストの役目は終了です。





100点以外のテストを見たとき

100点以外のテストを見たら、間違っているところをチェックします。

そして、単純なミスなのか、それとも理解不足によるものなのか、を見極めます。

それぞれに対応の仕方が違います。


①単純なミス

書き間違いや計算ミスなど、内容は理解できている場合は「次はこうするんだよ」とさらっと言っておしまい。
(あんまり言うと子どもが嫌がるので、子どもの様子を見て。場合によっては言わないことも。)

娘のテスト。単純なミス。
FullSizeRender
「あ」か「い」で答える問題を、数字で答えてしまった。
内容は分かっているので「問題をよく読もうね」で終了です。



②理解不足によるミス

これが、一番重要視したい問題です。

ある日のテスト。
正しい比べ方には〇、間違っている比べ方には×をつける問題。
FullSizeRender
娘が間違ったのは①。
絵本のたてとよこの長さを、クリップを使って比べています。
娘ははじめ「×」にしていました。


話を聞くと、①~③の中で〇(正解)は一つだけと思ったそうです。

内容が理解できていないわけではありませんが
「問題文をよく読むこと」
「‟クリップのいくつ分か”で長さを比べることができること」
を確認しました。





持ち帰ったテストの行方

100点のテストも、それ以外のテストも、上記のように処理したら即ゴミ箱に捨てます。

そもそも、テストは学習内容が理解できているか確認するためのもの。

それが終わったら、とっておく必要はないと考え、どんどん捨てるようにしています。
以前一年生を担任していた時、点数を記録するのを忘れて子どもたちに返してしまいました。
翌日持ってきて!と言ったら「お母さんが捨てました」という子が何人もいて、その時はびっくりしたけれど、今なら分かります(笑)


ちなみに宿題プリントも同じように考え、どんどん捨てています。

最終判断は人それぞれですが、捨てて困ったことはありません。
(一学期はとっておきましたが、二学期からはどんどん捨てています)




おわりに

今日は、学校から持ち帰ったテストについて、私の考えを書きました。

テストを返す際、学校でやり直しはしますが、一斉指導でどこまで本人が理解できているのかは疑問です。教師もすべて把握することはできません。


家庭に帰って、親が間違っているところを子どもと一緒に確認できれば、早期に子どものつまづきに気づくことができます。

忙しい場合も、間違ったところだけなら、少し時間をとって見ることも可能かもしれません。


きょうだいがいたり、仕事をしていたりする親は、本当に毎日大変!!!
提出物が締め切りまでに出ない子もいましたが、それも理解できます。

それでも、なるべく効率的にテストを活用してほしい、そんな思いで書きました。


お役に立てれば幸いです。





こちらもどうぞ:





昨日(11月18日)、また別に外国からコメントをいただいております。やはり上手く表示されません。
コメントではなく、メッセージなら受け取れるかもしれません。申し訳ありません。そしてありがとうございます。



お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村