わが家の工夫・対応策

子供とインターネット|990円を失って学んだネットの怖さ

"子どもがインターネットに触れずに、これからを生きていく。"

きっと、そんなことは難しいでしょう。

ならば、親としてできることは、正しい使い方を教えること

使っちゃダメ!では解決にならず、

日常の中で少しずつ、インターネットのよさ・便利さ、また反対に怖さについても、伝えていきたいと思っています。

昨日、子どもたちは、「インターネットの怖さ」を知ることになりました。


一通のメール

昨日、息子二人の幼稚園バスを見送った後、家に戻ってふとスマホを見てみると…

ある一通のメールが目に止まりました。

▼それがこのメール。

登録!?
990円請求!?

私は、「なんのこっちゃ???」と、訳が分かりませんでした。

すぐに夫にラインをしてみても、知らない、とのこと。

ただ、見当は付きました。

 

実は前にも同じようなことがあったのです。その時は子どもの誤操作が原因でした。

※わが家は、これを使ってAmazonプライムビデオを観ています(私はプライム会員)。

そのため、

  • ユーチューブを視聴するとき
  • コンテンツを購入するとき(有料のアニメなど)

そんな時は、暗証番号を入力する設定にしていました(暗証番号を知っているのは夫と私だけ)。

ところが昨日、6歳になる長男は、たまたまその暗証番号を突き止めたのです!(本当に偶然に!笑)

朝からテレビをいじっていたので、その時誤ってチャンネル登録したのでしょう。

ピンチはチャンス!

はじめにメールを見たときは、「もー!!」という気持ちが沸き上がってきました( `ー´)ノ。

しかし、落ち着いて考えてみると、「これをよい機会にしよう」と思いました。

インターネットの怖さを伝えるよいチャンスだ、と。

その場に子どもがいたら、怒りで話をしていたかもしれませんが(笑)

幸い、子どもたちは幼稚園に行った後。

帰ってくるまで何時間もあったので、冷静に「どう話そうか」と考えることができました。

実際に画面を開いてみると、デカデカと"NHKオンデマンド"の文字が。「これなら誤操作も無理ない」と思いました。

子どもたちに話したこと

今回のことは、6歳の長男がやったことです。

しかし、長女にも伝えておきたいと思い、二人がいるところで話しをしました(もうすぐ4歳になる次男には少し早いかな!?)。

子どもたちに伝えたのは、次のようなことです。

  • ボタン一つでお金を支払ってしまうこと
  • 自分はよく分からなくてもお金が請求されることがあること
  • ゲームや動画など、インターネットは楽しさがある反面、怖さもあること
  • 今回は990円だったけれど、〇万円、〇十万円と請求されることもあること
  • 何かあったらママやパパに(また誰かに)相談してほしい、ということ

などなど。

とても反省したようで、長男は自ら「これから(動画とかみるとき)はママやパパにやってもらう(ボタンを押してもらう)」と言っていました。

さらにその日は、夕方、子どもの歯の定期検診検診があったのですが、自分の50円玉を差し出してきて「これ使って」と言ってきました(笑)

子どもたちは、身をもってインターネットの怖さを実感したと思います。

今朝の長男。今日も元気です!

※プライムビデオのコンテンツを誤って購入した場合は48時間以内であればキャンセルできますが(ダウンロードやストリーミング再生を一度も行っていない場合)、チャンネル登録については同様の措置はないそうです。Amazonさんにはとても丁寧に対応していただきました。

おわりに

子どもたちはこれまで、

  • 好きな動画が見れる
  • 頼んだものがすぐ届く
  • ラインなどでやり取りできる

インターネットの「よい面」を多く見てきたと思います。

しかし今回のことで、「怖さ」というものを目の当たりにしました。

990円は失ってしまいましたが、子どもたちにとってそれ以上の学びができたような気がします。

インターネット自体が悪いのではなく、どう使うか(使い方)、が大切だと思っています。

大人になって大きな失敗をしてしまうことを考えると、子どもの頃にこんな経験ができたのは、むしろよかったことなのかもしれません(それに、このようなインターネットに触れられる環境を与えたのは私たち親の責任です)。

  • 子どものうちに小さな失敗をたくさんさせておく。
  • 怒るのではなく、何がいけなかったのか伝える(話し合う)。
  • 親は子どものよき相談相手

そんな姿勢で、インターネットとのよい付き合い方を、子どもたちと考えていきたいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

子供と買い物|「買って買って!」に対する親の対応子供から「買って買って!」と言われて、困ったことはありませんか? 私は何度もあります! 特に一人目のときは、我慢する力を身に...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#かつおの角煮 。これも#グリーンコープ のカタログで注文できます。甘辛い味がご飯に合う!家族全員大好きです。#ミモザ家のご飯のおとも #ご飯のおとも
先日急に夕方に用事が入り、帰ってすぐ食べられるようにと、唯一冷蔵庫にあったお肉、鶏の挽き肉を使って#親子丼 を作りました(わが家の親子丼は、母がそうだったように、にんじんが入っています!)。調理も簡単、子どもにも大好評でした。普段ならば#挽き肉で親子丼 なんて考えませんが、困った、というのは#思わぬアイデア が浮かぶものだと思いました。
#年中の次男 、朝の登園時#つゆくさ を摘み、帰ったら#いろみず をつくるそうです。「家に(つゆくさ)おいとって」と言われました。以前一度だけ#色水作り をやったことがありますが、しっかり覚えているようです。私も子どもの頃にたくさん作った覚えがあります。こういうことも親から子へと繋がっていくんだなぁと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です