「子どもに怒鳴らないで!」


子どもに怒鳴り散らしていた私が言うことではないことは重々承知なのですが、

・私と同じ苦しみを味わってほしくない。

・もし味わっている人がいるとすれば、早くそこから抜け出してほしい。

そんな思いから、どうか書かせてください。






「怒鳴る」の奥にある本当の思い。

「怒鳴る」=「怒り」と認識されそうですが、

今思うと、「怒鳴る」=「悲しみ」だったのかな、と思います。


・初めての育児、どうしていいか分からない。

・2歳差育児大変すぎる。

・ワンオペ育児辛すぎる。

・息つく暇もない。

・終わりが見えない。…



そんな「悲しみ」を「怒鳴る」という行為で表現していたのかもしれません。

今思うとそれは間違った表現なのかもしれませんが、あの時はあの時で必死でした。

そういうやり方しか知らなかった、とも言えます。

「怒鳴る」が習慣になっていたような気がします・・・





怒鳴った後に残るのは「自己嫌悪」しかない…

怒鳴った後、どんな気持ちになりますか?

私の場合「ああまたやってしまった…。この前やめようと決意したばかりなのに…」と自己嫌悪の連続でした。

特に、幼稚園に行く前などに「早く用意して!」「起きるのが遅かったからでしょ!」などと感情に任せて言ってしまうと、子どもを送り出した後の罪悪感は計り知れません。

わが子と同じくらいの歳の子3人をもつ友人も「子どもをバスに乗せた後、家で何度も泣いたよ。」と言っていました。


子育てはとても大変ですが、やっぱり怒鳴ったからといって、いいことは起きません。

逆に自分を苦しめてしまいます。





怒鳴らないようにするために自分にできること。変わっていこう、一歩ずつ、一歩ずつ。

朝、私は「機嫌よく送り出すこと」だけを意識しています。

そのために自分がやれることは

・十分睡眠をとって早起きする。

・余裕をもって朝ごはん・お弁当の準備をする。

・夫に子どもを起こす仕事をお願いする。

・子どもが朝やることを絵にして貼っておく。

・着替えなども「全て一人で」を求めず、快く手を貸す。

・気持ちよく子どもを送り出すことだけに注力する。


昨年秋ごろ、こんなものも壁に貼っていました。
FullSizeRender
冗談抜きで、真剣でした。
今はもうできるようになったので、はずしています^^
記念に取っています(笑)


パジャマも、洗濯カゴに入れようね、とは言っていますが、ほぼ毎日この状態。
IMG_7309
でも大目に見てます^^
もっと大きくなってからでも大丈夫!
今はこれをとやかくいう時期ではない。(今の私にとって優先順位の低いこと。)


きっと、自分自身、やれることはたくさんある!

「自分がどうしたいか」最終的な目標を決め、それ以外は目をつぶる。
(私にはあれもこれもはできません)


もし怒鳴って子どもを送り出し、その後事故に遭ったとしたら…
後悔してもしきれません。
子どもが元気でいることは、当たり前ではないのです。



上に挙げたことも、毎日できるわけではありません。

そんなときは「まいっか♪」と思うことにしています^^


一歩ずつ、一歩ずつ、なりたい自分へ変わっていきませんか?






おわりに。

怒鳴らずにいることは、子どもためにもすごくいいことです。

でもその前に、怒鳴らないことは自分を大切にすることに繋がっています。

まずは自分を大切に。

過去の自分に心から言ってあげたいことです。

今もたまに大きな声を出してしまうことはあるけれど、人間だもの、仕方がない!

反省し、次に生かします^^