前回の記事では食費&日用品費について書きました。

ついつい色んなことを詰め込み過ぎて長くなりましたが、残りはサクッといきます!
自分で後で読み返しても長い…( -д-)


この記事では「レジャー費」について書きます。


<わが家の毎月の支出項目>

〇食費・日用品費(現金)
〇食費・日用品費(生協・銀行引き落とし)
〇デビットカード
☆レジャー費
〇私お小遣い
〇夫お小遣い
〇光熱費
〇小学校校納金
〇長男幼稚園代
〇次男週2教室代
〇スイミング代(長女・長男)
〇スマホ&Wi-Fi代
〇生命保険料
〇クレジット引き落とし





レジャー費の予算は月一万円。

レジャー費の予算は月1万円。

家族5人でこの金額は多いのでしょうか?少ないのでしょうか?

他の家庭のことを聞いたことはありませんが、今はこれが私たち家族にとっての必要十分な金額。

私たちがどんなことに価値をおくのか夫と話し合い、収入とのバランスをみて、今の一万円になりました。


家計管理に取り組み始めたころは、レジャー費の予算は2万円。
(それより以前は無計画に好きなだけ使う)

夫の帰りが早くなり、残業代が大幅になくなったことで見直しを迫られました。





私たちが価値を置くところ

私たちが価値を置くのは‟家族で過ごす時間”

特別なことをしなくても、家族でいれば何だって楽しくなります♪


詳しくはこちらをご覧ください。





前は休日といえば外でランチをするものと思っていました。しかし

→子どもが小さく、人数も多いとゆっくり味わうことは不可能!

→そんなことに毎回お金使うもったいなくない?

と少しずつ変化していきました。





1万円の使い道

レジャー費を使うのは、休日の土日だけです。

休日、外で、家族の楽しみのために使う費用は全てここから出すようにしています。
(旅行代は別。交通費やガソリン代はクレジットカードを利用しています。)


・地域のプール

・家族でたまに行くランチ代

・ブルーベリー狩りなどの体験

・釣り代(主に主人と子ども)


図書館や公園に行ったり、車で40~50分の距離の主人の実家で過ごしたりすることも多く、大きく足りないということはありません。


今は予算内で家族で色んな‟体験”をしたいなと思っています。





「1万円」と決めればその中で工夫するようになる!

2万円→1万円になった当初は「制限される」「足りない」と思うこともありましたが、今ではそれが当たり前になりました。


「1万円」と決めてしまえば、人間その中で何ができるか工夫するようになります。



先日、夫が一人で作ったお弁当。
FullSizeRender
その出来栄えに私もびっくり!海苔もパリパリで食べられるように別に用意。主婦顔負け(笑)
自分で勝手に材料買ってきて朝から作っていました(笑)


そばが大好物な長男のリクエストで買ってきた乾麺のそば。
IMG_6159
こちらは私作。お店みたいに盛ると気分が上がります♪子どもたちもワクワク^^


そんなこんなで、1万円でも十分楽しめます♪




レジャー費の予算を立てるということ

家族で楽しむためのレジャー費、『予算を決める』のは嫌ですか?

以前はわが家もそうだったのでその気持ちも分かります。


でも、レジャー費をどんどん使う横で起こっていることは、他の部分のお金がどんどん減っているということ。

収入が決まっている以上、一つのことにお金を使いすぎると必ず他の部分にしわ寄せがきます。


食費、お小遣い、将来のための貯金だって大切ではありませんか?


だからこそ予算を立てることが大切です。





おわりに

予算、予算と言っていますが、2年前まではそんな考えすらありませんでした。

でも今は予算を立てることの大切さがよく分かります。


〇レジャー費の予算を立てずに好きなだけお金を使っていた以前

〇「1万円」という予算の中で厳選してお金を使う今


それを比べると、今の方が何にお金を使ったかが明確で、満足度も高いです。

これからもそんな価値あるお金の使い方をしていきたいです^^





こちらもどうぞ:












お読みいただきありがとうございました(*´▽`*)

にほんブログ村