子育てを考える

「最近の子どもは」と言うけれど…。大切な事は目に見えない!

今日は、幼稚園の親子バス遠足の日でした。

ただ、あいにくの雨。

雨天時のスケジュールで、科学館に行くことになりました。

科学館での様子

そこには、他にも同じように雨で遠足に行けなかった幼稚園、また学習の一環として来ていると思われる小学校など、5〜6つくらいの団体がいました。

科学館内は人で溢れていたのですが、
その中で、初めて会う子どもたちとの心温まるやり取りがありました。


こうするんだよ!と教えてくれた男の子たち

科学館の内容は、本来小学生高学年、それ以上の子どもたち向き。

幼稚園児には意味が分からなかったり、操作するのが難しいものもたくさんあります。

あるエリアで、四人一組で、画面を見ながら機械を操作をする、というものがありました。

年長の長男、
年少の次男、
小学生の男の子たち二人が一緒に座ることになりました。

画面が動きはじめ、私も子どもたちも操作の仕方が分からずにいると…

男の子のうちの一人が、次男に「このボタンを押すんだよ」と教えてくれました。

そして、途中も分からないことがあると、その都度お兄さんたち二人が、長男、次男それぞれに声をかけたり、代わりに操作してくれたりしました。

何年生?と聞くと、四年生だとか。

彼らの、自然体の優しさが、とても素敵でした。

先にいいよ!と順番を譲ってくれた女の子たち

科学館内には、いろんなコーナーがあり、
それぞれにたくさんの幼稚園児・小学生たちが集まっていました。

いろんな場所を回りながら、ある場所に並ぼうとすると…

長男と次男に気づいた小学生の女の子二人が、「先にいいよ」と声をかけてくれました。

自分たちより小さかったので、どうぞ、と順番を譲ってくれたのでしょう。

何年生か聞いてはいませんが、同じ四年生くらいかなと思います。

本当に温かい気持ちになりました。


幼稚園児と同じコーナーで盛り上がる六年生の子どもたち

下から出る大量の風によって風船やティッシュが浮かぶ、というコーナーがありました。

幼稚園児が楽しく遊ぶ中、
ある六年生の5〜6人の男の子たちのグループも、同じように盛り上がっていました(笑)

この場所で六年生も一緒に(笑)

担任として働いていた時は、引率という責任がありましたが、
もうそんな立場でもない今、ただただ可愛い(笑)

幼稚園児と小学生が同じ空間で盛り上がっているという状況に、思わずクスっと笑ってしまいました♪( ´▽`)

子どもたちが無邪気に笑う姿は、いつ見てもいいものです。

おわりに

「最近の子どもは」
「近頃の子どもたちは」

よく聞く言葉です。

確かに、態度の悪い子たちもいれば、生意気なことを言ってくる子たちもいます(笑)本当に手を焼かせてくれました!

また、子どもに関する事件など、悲しいニュースを聞くこともあります。

ただ、子どもたちを一括り(くくり)にして「最近の子どもたちは(よくない)」と言うのはおかしいと思うし、
そう思うが故に、子どもたちの本当のよさに気づけないということもあると思います。

やっぱり子どもは子どもで、無邪気で可愛い。そして、それぞれに優しい心をもっている。

 

私は最近、本当に大切な部分は目には見えないと思うようになりました。

  • テストで100点取った
  • 片付けがきちんとできる

それらは目に見えますが、

  • 人を思いやる心
  • 頑張ろうとする心

それらは目に見えません。

本来、そういった目に見えない部分こそ大切にしたいことです。

目に見える部分だけ取り上げて「最近の子どもたちは」と言ってしまうのは本当に残念なことです。

今日の出来事は、私に、

  • 子どもたちのよさは、目に見える部分で判断できない。数字で測れるものでもない。
  • 人の内面にこそ目を向けよう。

そんなことに改めて気づかせてくれました。

 

雨で、遠足には行けなかったけれど…

素敵な出会いによって、とてもいい一日になりました☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【親の関り方を考える】優しい子に育ってほしいなら…昨日、久しぶりに子ども三人を連れて図書館へ行きました(最近は、平日に2歳の次男と行くことが多かった)。 本を借りた後、近くを散歩し...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

POSTED COMMENT

  1. さとりん より:

    科学館行かれて子供たちとの出会いがあったんですね^^
    とても素敵なお考えです、
    近頃の…というニュースでよく出される言葉、好きではありません。そう思うことによってそう見ようとしているみたいで…

    私も気をつけようと思いました、いつも勉強させていただきありがとうございます!

    • ミモザ より:

      さとりんさんありがとうございます^^

      やっぱり子どもは子どもですね☆

      なるべく子どもに偏見を持たせないようにするためにも、大人が偏った見方をしないようにしたいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です