わが家の工夫・対応策

子供の「片付けない」問題|片付けだけが全てじゃない!

今回は、子供の「片付けない」ということに対する、私の考えを書いてみたいと思います。

  • 子どもがいると片付かない…
  • 布団で遊ぶのはやめてほしい…
  • ダンボールを使って家の中で遊ばれるのはイヤ…

これは全て私の気持ちです。

でも、子どもたちには子どもたちの気持ちがある。

今は、そんなふうに考えるようになり、片付けだけが全てじゃない!と思うようになりました。

私は、子どもの頃は片付けのことなんかあんまり気にしたことはありませんでした。

布団で遊ぶのはとっても楽しく、はしゃぎながら遊んだことは今も覚えています。ダンボールなどを使いダイナミックに遊ぶのも大好きでした。

そんな気持ちもあって、子どもたちにそんな遊びを禁止したことはありません。

たまにこっちに余裕がないときはキーっ(ノ`Д´)ノとなるときもあるけれど、先日、やっぱりそれでよかったのかなと思ったことがありました。


リサイクルに出すために部屋に置いていたダンボール

実家から届いた、荷物の入ったダンボール。

だいたい子どもたちに見つかると、遊びの対象になります。

片付けのことを考えると積極的に渡したくはなく、今回も畳んでリサイクルの日まで奥の部屋にしまっていました。

しかし、4歳の長男がすぐに見つけ「使っていい?」と聞いてきました。

私もしぶしぶ「いいよ」と答えました。

ダンボールから生まれる遊び

どんな風に始まったのかは分かりませんが、長女も参加して二人でかなり集中して遊んでいました。

それがこれ。

冷蔵庫の中やコンロなどを描き、おうちを表現。 野菜・肉・豆腐・卵・麦茶…よく見ています。 ダンボールの取っ手部分をポストに見立て、手紙を出し入れしていました。

大人から見てもワクワクするくらい楽しい遊びです♪(試行錯誤する過程がまた楽しい!)


遊んでいるとき、ケンカが…

私は、キッチンで晩御飯の支度をしていました。

すると途中ケンカが怒りました。

でも、私は敢えて気づかないふりをしていました。

すると、しばらくして長男が「ごめんね」と謝り、すぐに長女も「ごめんね」。そしてまた二人仲良く作業を続けていました。

私は思わず、クスっと笑ってしまいました。

後日の出来事

後日、私は上二人に、自分たちで仲直りできて感心したよ!(実は聞いてたよ!)ということを伝えました^^

二人ともにっこり(*´∇`*)

その後お風呂に入っている時、上二人が些細なことでケンカをしました(その時は姉の方から)。

その場ですぐには仲直りできませんでしたが、上がった後に長女が弟に謝り、自分たちで仲直りできたようです。

とても心温まる出来事でした^^


ふと考えてみると

そういえば最近、きょうだいゲンカが少なくなってきた気がします。

一時はあんなに大変だったのに、気づけば少しずつ相手の気持ちが分かるようになり、自分の過ちを素直に認めることができるようになってきました。

子どもが3人いて、なかなか手をかけてやれないと思うこともあるけれど、子どもたちはそんな中でもきょうだい間で色んなことを学んでくれているのかな、と思いました。

三人でレゴ

子どもたちだけで完璧に片付けることはできません(いつもいくつか落ちています笑)。

でも、きょうだい仲良く遊んでいる姿を見ると、ダメとは言えません。

子どもの遊び・片付け問題

  • 布団で遊んではダメ
  • ダンボールで遊んではダメ
  • おもちゃはここに入る量だけ
  • 片付けられるだけ出しなさい

これらを徹底すれば、部屋のキレイはいつも保てるでしょう。

でもそれは大人側の意見であって、まだまだ幼い子どもたちは片付けのことなんて考えずワクワク遊びたい。

本来、子どもってそんなものではないでしょうか?

おもちゃだって、とにかく何でも遊んでみたい!色々やってみながら自分の好みが分かっていきます。

一時は私もおもちゃの量を制限したことがあります。

でも3人とも好みは違うし、男も女もいればそれなりに量は増えます。

どのおもちゃもそれぞれ面白さが違います。

積極的におもちゃを増やすことはしませんが、幼いうちから「ここに入る量だけ!」とビシッとラインを引くやり方には少々疑問を持つようになりました。

ダンボール遊び、2週間後こんな風になりました!まだまだ進化中です^^

片付けは、やんわり伝えていく

では、子どもたちの好きなように遊ばせるかというと、そうではありません。

家は、子どもたちだけのものではありません。

私や夫は、すっきりと暮らしたいという思いを持っています。

だから、その想いは常に伝えていく。

  • 片付けをすると気持ちがいい。
  • 片付けないとケガをする。
  • 散らかっていると探し物が見つからない。

子どもたちもキレイは好きです。

片付けの意味も伝えつつ、家族の兼ね合いの中で"みんなが過ごしやすい家にするために自分たちも守らなければならないことがある"と少しづつ感じてくれたらと思います。

これは、数日で答えがでるものではありません。

子どもたちが大人になった時、片付けも遊びもどちらも大切だと思ってくれたら嬉しいです^^

おわりに

大人が家をきちんと片付けようと子どもの遊びを制限すると、子どもの創造力の芽を摘んでしまうかもしれません。

布団やダンボールなどの片付けはまだ幼い子どもだけでは十分にできないけれど、それでも子どもがワクワクすることはなるべくさせてあげたいと思います。

子どもの遊び・片付けは、やっぱり白黒つけられないと思った出来事でした。

 

お読みいただきありがとうございました。

【2歳差育児の現実】「子どもがいること」は「理由」になるのか?おはようございます、ミモザです^^ 今日は「2歳差育児の現実」について書いてみたいと思います。 これまで約三ケ月、色々と私の...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。
5年3ヶ月住んだ社宅。本当にたくさんの思い出ができました。特に仲のよかった社宅の友人たちが、引越し作業の間子どもたちを預かってくれたりご飯を食べさせてくれたり、掃除を手伝いにきてくれたり、車の中でお昼が食べられるようパンとコーヒーを用意してくれたり、本当に感謝感謝です😭素敵な仲間とともに子育てが出来たこと、本当に本当に幸せに思います。辛いことも悲しいこともあったけれど、今はよかったなと思います。次の社宅はだいぶ都会で遊び場もなく、交流もあまりないそう。不安もありますが、この思いを胸に、次の社宅でも頑張ります!この地で出会った人々、風土、みんなに感謝です✨ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です