子どもとの関わり方

きょうだいゲンカをよりよく解決するため、私が意識していること3つ!

わが子は、二歳差で女・男・男(現在8歳・6歳・4歳)。

基本的に仲はよいな~と思っていますし、
私自身三人きょうだいで、たくさんケンカをしてきたので(私・妹・弟)、
子どもたちがきょうだいゲンカをすること自体は、特に何も思いません。

※私と妹、弟はそれぞれ4歳差。そのため、喧嘩をするのは、私VS妹、妹VS弟で、私VS弟はありませんでした(8つ離れていると喧嘩になりません)!

ただ、ワンオペで子育てをしていると、「いい加減喧嘩するのやめてー!!!」と思う瞬間が必ずあります(;´Д`)

そんなとき、親としてどうやって対応したらいいのか…

今日は、私がきょうだいゲンカをよりよく解決するため、日頃から意識していること3つをご紹介します。


1.子どもの話を聞く、そして共感!

きょうだい三人、仲良く遊んでいるかと思えば…

ちょっとしたことがきっかけで、ケンカになります(;´Д`)

そして、誰かが「ママー」と泣いて訴えてくる…(泣くのは一番下の次男のことが多いですが、長男や長女のことも!)。

そんな時、どうするか?

私がやることは、泣いてきた子どもの話を聞き、共感するのみ!

「うん、うん、それでそれで~」とか、
「そっかー、そうだったんだー」とか、
「そっか、悲しかったね~」とか。

場合によっては、抱っこしたり、よしよししてみたり。

すると…

それだけで本人は心を落ち着かせるのか、満足してまたきょうだいの遊びへと戻っていきます。

その後、きょうだいで「ごめんね」と言い合ったり、「じゃあこうしよう」などと別の方法をやってみたり。特に何をするわけでもなくまた遊びが再開されることも多いです。

え、そんなことできょうだいゲンカが解決するの!?と思われるかもしれませんが、本当に効果的です!!

仮に、私が、「誰がやったの!」「何で喧嘩するの!」などと言ったらややこしくなります(余裕がないと言ってしまいますが…)。

2.その場ではなく、落ち着いた時に話をする

もちろん、上記のように、すんなり解決することばかりではありません(実際の子育ては、きれいごとだけではすみません)。

親として、中に入ることもあります。

ただ、きょうだいゲンカの真っ最中は、子どもたちも落ち着いて話を聞くことはできませんし、親だってカーっとなっています…

そんな時に話をしても、一体どれくらい子どもの心に響いているのか…。

そんなときは、その場で話すのはほどほどにして、

お風呂に入っている時、
ソファに座っている時など、

お互い落ち着いた状態の時に、改めて話をすると、より子どもの心に届くような気がします。


3.親がジャッジしない!

親が、きょうだいゲンカの一部始終を見ていないのに、あれこれ口を出したり、どちらが悪いなどジャッジしたりすると…

場合によっては、

「ママはいつも〇〇の味方をする」とか、
「ママは全然見てないのにいつも自分のことを悪く言う」などと、
子どもに嫌な気持ちを抱かせてしまいます。

親として、口を出すこともありますが、「どちらが悪い」などと、ジャッジしないよう心掛けています。

また、「誰が悪い」ではなく、

「どんな行為がよくなかったのか」
「もし同じ行為をされたらどうか?」

などと言うようにしています。

以前、先輩ママにきょうだいゲンカについて聞いたとき、「きょうだいで喧嘩はするけど、私(親)が入らなければ自分たちで勝手に解決してる~」と言われていたことが印象的でした。

私自身も、子どもの頃、妹とよく喧嘩をして、ティッシュ箱の投げ合いをしていた記憶がありますが(笑)、親にあれこれ言われた記憶はありません。

だけど、いつの間にか仲直りして、また一緒に遊んで、またケンカして…。

きょうだいってそんなものだと思います。

ちなみに、今も仲はいいです♪

おわりに

きょうだいゲンカをよりよく解決するため、親として、私が日頃意識していることについて書きました。

わが家は、歳が近いため、3人それぞれケンカします。

最近は、下二人(息子二人)のケンカが激しくなっているような…(仲はいいのですが、喧嘩すると激しいです)。

※最近は、コロナによる休校でず~っと一緒にいるので、よくケンカしてます(*_*;

性別・年齢などでも、きょうだいゲンカの様相は変わってきますね。

もちろんたまには、「ケンカをするなー!!!」ってこともありますが(笑)…(親だって、いつも余裕をもって対応できるわけではありません!)

きょうだいゲンカへの親の対応が、子どもに嫌な思いを抱かせないようにしたいと思っています。

参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

きょうだいの子育て。仲良く育つための親の関り方。きょうだいがいれば、“仲良く育ってほしい。” それは親ならばきっと誰しも願うこと。 そのために、親がどんな関わり方をしたらい...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
夏にミニトマトを植えていた鉢には、現在、#フウセンカズラ が生えています。以前道端でとった種を撒きました。私がフウセンカズラを知ったのは、以前一年生を担任していたとき。ある女の子がツルと種を学校へ持ってきてくれました。ハートの形が特徴のかわいらしい種と、繊細できれいな黄緑色のツルがとても素敵で、その時から#大好きな植物 に。物事は繋がっているんだなーと思います(嫌なことはもちろん断ち切っていいと思う!)。わが子も好きで、はじめて風船?袋?ができたときはみんなで大興奮。枯れて種をとるのが楽しみです。ちなみに#年中の次男 は我慢できず先日種をとっていましたが、まだ緑色でした👦笑
以前図書館で立ち読みしたのがきっかけでたくさん借りてきた#有元葉子 さんの本。共感と、へーなるほどー!と家事の参考になることがいっぱいです。さらに住い方や物選びも洗練されていてうっとり。久しぶりに片付け熱がヒートアップし、捨てようか迷っていたものも処分しました。たくさんの本を出されていて、一度には借りきれなかったので、また来週借りに行くのが楽しみです☺️#有元葉子さんの本
今晩は#カレーライス 。以前は習い事のスイミングの日の定番でしたが辞めた今もたまに作ります。最近はヨーグルトを入れることが多いです。爽やかさとまろやかさがアップ!料理は、もっと美味しく!と思うと、終わりがなく、そこが楽しいところだと思います。また今日は、夕方じゃがいもがないことに気づき、#サツマイモ を代わりに入れました🍠はじめ家族は誰も気づきませんでした😆#カレーにサツマイモ  #カレーにヨーグルト #料理の楽しさ
昨日購入した夫の雨の日用の靴。これまでは、雨の日には一番古い革靴(少し痛んだ?)を履いていました。でもそれもどうかと思い(私は雨の日こそよいものでテンションあげたい!)、仕事が休みだった夫と一緒に靴をみに。とてもよいものが見つかりました(店員さんもすごく親切でした)!(値段も半額😆)表面は革なのに、#ゴアテックス で、防水スプレーもいらないとのこと!お手入れ簡単なのも嬉しい。#マドラス #マドラスの靴  #雨の日用の靴
#最近よく作る料理 、#きゅうりのゴママヨネーズ和え 。塩もみしたきゅうりに、すりごま・マヨネーズ・ほんの少しの砂糖を加えて混ぜただけ。簡単なのに家族みんな大好きで、作り甲斐があります。特に夫と娘が気に入っていて、いくらでも食べれる〜と言います。#家族が好きな料理

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です