野菜たっぷり!お醤油パスタの作り方!

今日は、私が最近お昼によく作っている、野菜たっぷりのお醤油パスタの作り方をご紹介します。

"お醤油パスタ"という名前は、以前この料理を教えた、友人がつけてくれたもの。

その友人の子どもたちもこのパスタが好きで、何度も作ってくれたとか。「わが家では、お醤油パスタって呼んでるよ~」と教えてくれました。

冷蔵庫にある野菜を使い、調味料も自宅にあるもので、本当に簡単にできます。

一品でボリュームもあり野菜もたっぷり摂れるので、知っていると重宝します(と私は思ってます!)☆


材料

  • パスタ
  • 好みの野菜
  • 塩コショウ
  • ニンニク
  • ウインナー(ベーコンやツナなどでも)
  • オリーブオイル
  • (あれば柑橘系)

材料も、分量も、特に決まっていません。

「今日は野菜たっぷりがいいな~」
「ウインナーたっぷり入れたいな~」
「がっつり食べたいからパスタ多め」
など、その日の気分に応じて用意します。

作り方

①フライパンと鍋を用意する。フライパンにはニンニクとオリーブオイルを入れ、鍋ではお湯を沸かす。

こんな感じでいつもやっています。

 

②フライパンに火をつけ、ニンニクチップを作る。できたら取り出しておく。

最後にこれをかけると超おいしくなります!試行錯誤の末、一度取り出しておくのがよいことに気付きました。

 

③お湯が沸いたら塩を加えてパスタを茹でる。フライパンでは、野菜とウインナーを炒める(火の通りにくいものから順に入れ、オリーブオイルを加えながら焼き付けるように)。

同時にやります。何度か作っているとタイミングが分かってきます。この日の具材は、かぶ・ズッキーニ・ナス・しめじ・つるむらさき・ウインナー。野菜には、しっかりめに塩コショウを。本当に何を入れても合います!

 

④フライパンにパスタを加え、混ぜ合わせる(ゆで汁も少量加える)。ここで小さじ1杯弱の醤油を加える。

パスタは少し芯が残っているくらいでよい。
醤油は、醤油味!というのが分からない程度。具材の量にもよりますが、小さじ半分~1杯弱。

 

⑤あたためた皿にパスタを盛り、ニンニクチップ・オリーブオイル・黒コショウをかける。

これらをかけると、本当に美味しくなります!(お皿はパスタのゆで汁を入れてあたためます)

 

⑥好みで、柑橘系(レモン・カボス・シークワーサーなど何でも)をかけていただく。

最初はそのまま。途中から柑橘系を絞っていただきます。これが本当に合う!

 


おわりに

私は大学二年生から一人暮らしをしていますが(一年生の時は寮)、その際「パスタってどんな具材とも相性がいいんだ!」ということに気付きました。

普通は組み合わせない野菜でも、パスタにすると自然とまとまるのです!

本当によく作りました。

その中でも、今日ご紹介したお醤油パスタは、塩コショウと少しのお醤油だけのシンプルな味つけ。

以前は、コンソメを入れていましたが、あるレストランで「入れない方がいい(コンソメ味になってしまって素材の味がぼける)」と聞いたことを機に、今は入れなくなりました。ニンニクの味も際立ちます。

また、前は材料を厚めに切っていましたが、「具材が柔らかい方がパスタとよく馴染む」ということを聞いてから、薄く切るようになりました。
こういう少しの違いで出来上がりが違ってくるので、料理って面白いな~と思います。

 

アレンジとしては、

お醤油の代わりに生クリーム(私は牛乳とバターで代用)を加えたらクリームパスタ、
フレッシュトマトやトマト缶を加えたらトマトパスタ、
バジルペーストを加えたり、
バジルクリームにしたり…と、

本当に自由自在です(私はその日の気分で味付けを変えています)。

パスタは、具材が何でも合うので、作れると便利だな~と思います。

日中毎日子どもがいたときは、お昼に作って一緒に食べることもありました(わが子も大好き!)。

 

家にある材料と調味料でできる、野菜たっぷりのお醤油パスタのご紹介でした♪

誰かの食卓が少しでも豊かに、食の楽しみが少しでも増えたら幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です