人,本,経験から学んだよりよい生き方

自分は大切な存在!自分を満たす3つの方法。

他人に優しく、子どもに穏やかに、夫に愛情を持って接したい。

本当は誰もがこう望んでいるのではないでしょうか。でもそれがなかなかできない…

色んな理由が考えられますが、自分が満たされていないことも理由の一つではないでしょうか。(自分がいっぱいいいっぱいのときは人に優しくなんてできません。)

私も、そんな時は、とげとげしい態度をとってしまいます。一番の標的は主人かな(笑)

でも最近では、それもだいぶなくなりました^^それは意識して、普段から‟3つのこと”をやっているから。

今日は、自分を満たす3つの方法をご紹介します♪

1 お腹を満たす

まず一つ目の方法は‟お腹を満たす”

食べることは、生きるために必要なこと。でも、それだけではありません。美味しいな~幸せ~!と心も元気にしてくれます。

美味しいご飯を食べると、それだけで悩んでいたことがどうでもよくなる時もあります。逆に空腹が続くと、知らず知らずのうちにイライラ…。主人の職場は忙しく、お昼ご飯を食べない上司もいて、午後になると明らかに機嫌が悪くなるとか(笑)

私は、食べることが大好き!

でも、子どもが生まれると、なかなか自分の好きなものを食べる機会はなくなります。

だからといっていつも子どもに合わせたり、子どもの残したものを食べてばかりいると、だんだん悲しくなってきませんか?やっぱり自分の好きなものを、一人で食べたい!

私が一人でゆっくり食べられるのはお昼。子どもがお昼寝をした後、自分のためだけに作り、ゆっくり食べます。至福のひと時♡

もちろん毎日ではなく、早くお昼を済ませてブログを書きたいな~と思ったときは次男と一緒に食べます。その時も基本的には自分が食べたいものを!

あんかけ焼きそば
市販の焼きそば麺を焼き付け、炒めた肉と野菜で作ったあんをかけて。熱々を食べるのが幸せ。

パスタこの日はセリを使ったパスタ。春だけの楽しみ♪茹でたパスタと炒めた野菜を合わせたら完成。

ピザ生協のピザクラフトに好きな具(この日は今が旬のアスパラ、ウインナー、チーズ、マヨネーズ)を乗せて。グリルで3分で焼きあがります。なのでよくこんな風に焦がしてしまいます^^;

だいたいこのどれかがお昼ご飯になります。どれも10~15分でパパっと作れるもの。

・次男だけあるものを先に食べさせ、お昼寝後に一人ランチを楽しむ。

・2歳の次男と一緒にこれらのメニューを楽しむ。

最近は、このどちらかです。(2歳の次男は何でもよく食べる)

その日の時間や、やりたいこと、私の都合優先で決めます(笑)
ごめんよ次男、ママも好きなものを食べたいのだよ・・・
(お昼寝はお手製のおんぶ紐でおんぶすると100%寝ます!)

毎日必ずある食事、そのうち一回でも食べる楽しみを味わえたら、こんなに素敵なことはありません!

2 財布を満たす

2つ目の方法は、‟財布を満たす”

自分にお金を使っていますか?節約も必要ですが、そればかりでは生活に潤いがなくなってしまいます。

どんなに物をもたない生活をしていても、洋服や大切な友人とのランチなど、自分の好きなことにお金を使うことは心を満たすために絶対に必要だと思っています。

先日行ったランチ。美味しいものを食べて、楽しくおしゃべりをして。女子っていいなと思った瞬間でした♪

その時のこと

選択に迷っても、自ずと答えが見えてくる方法。おはようございますミモザです^^ 一年生の娘、昨日はまた振り出しに戻ったかのようにバイバイする予定のところで不安な様子。もう少しつ...

専業主婦の私もお小遣いはあります。基本はその中で、どうしても足りない場合は教員時代の貯金から(笑)。

でもミニマリストを知って、お金についてもしっかりと見直し、自分なりの買い物の基準が明確になった今、無駄に遣うことはほぼありません。

家計の見直しに勤しんでいた頃、切り詰めて一時私の小遣いはゼロ(買いたいときは貯金から)ということもありましたが、大変不公平感があり、その矛先は主人に…(笑)

以来私もしっかり小遣いがあります!ちなみに、今は毎月1万円+α(年2回のボーナスからその時に応じて)

お金を使うことは本来楽しいこと!自分のためにも堂々と使います。決められた範囲内なら大丈夫!

3 時間を満たす

最後の3つ目の方法は‟時間を満たす”

子どもが生まれる前は、一人の時間が欲しいなんて、特に思ったことはなかったのに…

一人の時間は絶対に必要です!!一人になるとざわざわした心をリセットできるし、子どもと少し離れることでまた笑顔で関わることができます。

自分だって大切な存在!自分のためだけの時間を確保しましょう。

一人時間に好きな飲み物をゆっくりいただけることは私にとって大切な時間。この時間があるからこそ、その後も頑張れます。

ここまで終わったらティータイム♪と思うと家事もはかどります^^

最近のお気に入りは、友人に教えてもらった牛乳+甘酒。アイスでもホットでも。

今の私の一人時間の確保の仕方は、

①朝3時~4時に起きる。

子どもと一緒に8時半就寝。目覚ましはかけません。夜中子どもから起こされると遅くなってしまいますが、それはそれでまいっか♪

②子どものお昼寝時間

おんぶ紐のおかげで確実に寝ます。これがないと午後頑張れない!

③休日、次男のお昼寝の時間。

主人に上の二人を外に連れ出してもらう。

④次男の週2回の教室

9時~14時。送り迎え、お弁当が必要。お休みのときもあるので月平均6日程度。

※昨年度までは次男が常に家にいたため、平日の夜主人が早く帰ってきたときに外出させてもらったこともあります。(寝かしつけまでお願いして。やってみると意外とやれます!本屋さんなど一人でゆっくり行きたい場所へ)

正直やらなければならないことが多いときは、これでもまだ足りません…。

自分でも段々イライラしてくることが分かるので、そんなときは主人に「一人の時間が欲しい」と率直に伝えます。

時間がない、時間がないといっても向こうからはやってきません!自分で作ります!

おわりに

以上、お腹を満たす・財布を満たす・時間を満たすこの3つが私が自分を満たす方法です。

これらを意識するようになってから無意味にイライラすることがなくなりました。余裕がなくなってきたなと感じたら、3つのうちのどれかを試してみる。

そうすることで“私は小川のようなさらさらした心で、毎日機嫌よく過ごしたい!”という本来の目標を思い出すことができます。

大切な人がいるからといって尽くしてばかりいては、自分の大切さを見失ってしまいませんか?

まずは自分を満たしてあげて、今一度、自分の大切さを確認してみましょう。

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です