子どもの遠足のお弁当づくりをラクにする8つのポイント♪

おはようございますミモザです^^

昨日の親子遠足、無事終わりました!

記事を書いた後、長男に「明日ママと遠足行くの楽しみ~♪」と言われ、親子遠足なんてなくていいのに!って思ったことに罪悪感^^;

気持ちを切り替え、楽しむ気持ちで臨みました♪

でも朝出発までが大変でした(汗)

弁当づくりの途中で一度娘を小学校まで送り、朝はどれだけ忙しいと思ってんの!と言いたいのをぐっとこらえ…。

でもやっぱり言わなくてよかった!!!そんなこと言うと子どもが行った後に必ず後悔します。

さて、今日は子どものお弁当について。

主人にはほぼ毎日10~15分程で簡単に弁当をつくっていますが、子ども用となると違う!

入れるものや食べやすさ、どうしても大人のものよりもあれこれ考えてしまいます。当然時間もかかる。

でも、そう思っていた私も、今ではお弁当作りをラクに考えられるようになりました^^

そのポイントをまとめてみたいと思います。

1 遠足の楽しみはお弁当だけじゃない!

遠足での楽しみは
・普段行かない公園の遊具で遊ぶ。
・みんなで散策する。
・おやつを食べる。
色々あります。

お弁当だけが全てではありません。

お弁当って重要に考えがちだけど、それがメインではなく、楽しみの一つとして考えています。

こう考えると気がラクになります。
とても気持ちのよい一日でした。

2 量は少し控えめに

遠足のお弁当は、ついつい作る方も気合が入ってしまいます。あれもこれも入れたくなり、気づけば量もたくさん。

でもちょっと待って!

子どもにとってお弁当は楽しみなものに間違いはないのだけれど、その後のおやつ、遊びだって大事

あまり量が多いと食べるのも大変。小食な子はなおさら。

なので普段より少なめを心がけます。品数もそんなに多くなくて大丈夫♪

3 卵焼きは巻かない

お弁当の定番、卵焼き。時間がかかるので巻きません!オムレツを作る要領でまとめます。

これで十分おいしい!うちの子どもたちも大好き。
卵3つ分ほうれん草入り卵焼き。
お弁当にブロッコリーを入れようと思っていたのですが、お店になく、前日の晩御飯のほうれん草を取っておいて入れました。ブロッコリーのためだけに何軒もお店を回りません。

味付けは、長男のリクエストで白だし。

他にも
〇砂糖と少量の塩で甘めの味
〇醤油を入れてしっかり味
〇チーズを入れてケチャップをかける洋風味
色んなバリエーションができます。

他のおかずとのバランスを考え、味付けをします。

4 遠足の時はおにぎりにする

お弁当のご飯、詰めるだけにするか、おにぎりにするか迷いませんか?

でも遠足の際はおにぎり一択!考える余地なし!

おにぎりを握るのは少々面倒に感じます。ご飯をつめるだけの方が圧倒的にラク。

でもここは子どもの食べやすさを考え、外でお弁当を食べるときは必ずおにぎりにします。考えないでチャッチャカ握ってしまいましょう!

※昨年、おにぎりにしていなかったら食べにくそうでした(´д`;) わが子を見て感じた私の反省点。1~2歳の子はまだおにぎりを上手に食べられない。
そんなときは棒状のおにぎりが大活躍♪焼き海苔1/4枚を巻きます。
上の子たちにも人気。

5 おかずはキッチンバサミで一口サイズに切る

おかずはそのまま入れる方がラクだけど、子どもの食べやすさを考えたら切った方がいい。

キッチンばさみで切ると簡単です。

6 好きなものを中心に、苦手なものは一つまで

お弁当に、ついつい子どもの苦手なものをたくさん入れていませんか?

私も以前はせっせと工夫して、苦手なものを食べられるようにと頑張っていました。でも正直大変です。その一品作るだけで疲れてしまう…。

その考えを捨ててからすごくラクになりました!

遠足など外で食べる時は基本的に苦手なものは入れません。もっとほかにしてほしいことがあるから。自然の気持ちよさを感じたり、日頃できない遊びをしたり、お友達と遊んだり。

普段の幼稚園のお弁当も、苦手なものを入れたとしても一つまで。何種類もチャレンジするのはお家で。お弁当の時間を苦手なものを食べる時間にしてはかわいそう。子どもには、食べる楽しみも味わってほしいと思っています♪

遠足の時は何入れてほしい~?と聞き、なるべく要望に応えるようにしています。

7 キャラ弁は作らなくていい

楽しみでつくる分はいいですが、私には凝ったことはできません。

でも子どもたちには喜んでもらいたい

そこで考えたのがこれ♪
おにぎりに、キッチンばさみで切った海苔を乗せます。
つめただけのご飯の上にもできます。

長男に、食べながら「髪の毛もつけて~」と言われました^^;今度はつけるね。

中身→ほうれん草入り卵焼き、アルファベットポテト(生協のもの)、お魚ソーセージ(生協のモノ)、カボチャの甘煮、ミートボール(生協のもの)、チキンカツ(大好物)、いちご

8 当日全部一から手作りしない

朝の忙しい時間に、弁当を一から作っていたら大変です。

親子遠足の場合には自分の用意、下の子の用意もあります。

そこで
〇市販品を利用する。
・ポテト
・ソーセージ
・ミートボール

〇前日までに下ごしらえしておく。
・チキンカツは先週多めに作って冷凍
・ほうれん草を取り置いておく。

これだけで当日朝の負担がだいぶ軽減されます。

おわりに

以上、子どもの遠足のお弁当作りをラクにする8つのポイントでした。

子どものお弁当は、忙しい朝にパパっとできるものではないけれど、やっぱり喜んでほしい♪

もし私が子どもだったら、イライラしながら手の込んだお弁当を作ってもらうよりも、簡単でいいから楽しく機嫌よくつくってもらうほうか嬉しい^^♪

自分にできることを、自分ができる範囲で作っていきたいです。

お読みいただきありがとうございました。

子どもが喜ぶ、簡単、卵料理!思い出の卵ステーキ♪ただ今、熊本に帰省中です。 花火をしたり、スイカ割りをしたり、日頃できないことを楽しんでいます^^ 今日は、思い出の「卵ステ...
フライの衣付けをラクにする3つのポイント。とんかつを例に。天ぷら・唐揚げ・フライ、みんなが大好きな揚げ物! わが家も家族全員大好きです♪ でも、調理は少し大変。 揚げ物の日は、いつ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。