経験から学んだよりよい生き方

熊本地震から三年。私が学んだ、日々大切にしたいこと2つ。

三年前の今日、私と次男(当時生後一か月)は、実家の熊本に里帰り中でした。

そして、熊本地震を経験しました。

大阪の地震に想うこと。2年前、熊本地震で被災して。今日、大阪で地震がありました。 大阪は大変なことになっているのに、私の住む福岡は普段と何も変わらない時間が流れています。 9...

それから三年。

息子はすくすくと大きくなり、毎日元気すぎるほどです。

春休み中の次男。当時のことを思い出すと、しみじみとした気持ちになります。

地震大国、日本。

地震に備えるため、テレビやネットでは、あらゆる情報が流れています。

もちろん、どれも大切なことです。

ただ、私が地震の経験を通して学んだ「何より日々大切にしたいこと」が2つあります。

今日は、当時の写真とともに、そのことについてお伝えします。


1.家の中を安全にしておく

私が日々大切にしたいこと。

一つ目は、モノによって命を落とさないよう、家の中を安全にしておくということです。

三年前、本震(4月16日 1時25分)がきたときは夜中で、私も次男も熟睡中でした。

前震(4月14日 21時26分)があって怖かったため、当日はいつもより部屋の中央で寝ていました。(前震さえもこれまでに経験したことのない揺れでした。怖くてその日は車で寝ました。まさかその後本震がくるなんて…)

すると、次男がいつも寝ている場所に、大きなテレビが落ちていました。

当日朝の写真。まさにテレビが落ちているこの場所に、いつも次男が寝ていました。

わずか4000gの体の上に、こんなに重いものが落ちていたら…。

考えるだけでゾッとします。

ガラス窓も、サッシから外れ、私と次男の上に落ちてきました。

私たちが寝ていた部屋

まさかこんなことが起こるなんて…これまで考えたこともありませんでした。

近寄ってみるとこんな感じ。

二重のガラス窓。大人一人では持ち上げられない重さです。これが真っ暗な中、突然覆いかぶさってきました。※私たちを助けるため、妹と母が持ち上げてくれたので、窓ガラスの位置は多少ズレています。

真っ暗で何も見えなかったので、私は家が崩壊したのだと思いました。

幸い、

  • (体の大きい)私だけが衝撃を受けた
  • 羽毛布団がクッション代わりになった
  • 授乳のため、私は横向きに寝ていた

それらのことが重なり、私も次男も、けがはありませんでした。

実際に、どんなに備えていても、不測の事態は起こります。

ただ、

  • 落ちてきて危ないものを放置しない
  • 倒れてきそうなものをそのままにしない

片付けよりも何よりも、モノによって命を落とすことがないよう、できる限り家の中は安全にしておきたいものです。(食料や水、防災グッズも大切ですが、それは命あってのこと。まずは自分の命を守ることが最優先です)

2.後悔のないように生きる

私が学んだ大切なこと。

もう一つは、後悔のないように生きるということです。

以前の記事を引用します。

当たり前に来ると思っている明日が、本当に来るとは限らない。

自分の命が明日もあるという保証はどこにもない。

家族や大切な人と、明日も会えるとは限らない。

大きな地震…このようなことがあると、生活は一変します。

これまで、当然のようにやっていたことが、できなくなります。

「また明日やればいっか」が、できないことだってあります。

だから。

悔いのないように、一日一日を大切に生きていきたいものです。

熊本地震が起こる、数日前の写真。

ひいおじいちゃんに抱かれる次男(当時1か月)

本震当日の朝。

みんなで車中泊

長い長い夜でした。暗い闇が終わり、空が明るんできた時は、本当に嬉しかったです。

おわりに

熊本地震を経験し、私が学んだ、日々大切にしたいこと2つについて書きました。

1.モノによって命を落とさないよう、家をできる限り安全にしておく。

2.明日が必ずくるとは限らない。悔いなく生きる。

本当は、毎日強く意識したいことです。

しかし、人間すぐ気が緩んでしまうもので、私自身「まあ大丈夫だろう。ちょっとくらいならいいかな。」と思う時もあります。

ただ、忘れるということは何も悪いことではなく、嫌なことを忘れられるという、人間に備わった特性です。

大切なのは、たまにふと立ち止まって考えたり、何かの節目に思い出し、自分を見つめ直したりすることではないでしょうか。

みなさんの、考えるきっかけになれば嬉しいです。

大阪の地震に想うこと。2年前、熊本地震で被災して。今日、大阪で地震がありました。 大阪は大変なことになっているのに、私の住む福岡は普段と何も変わらない時間が流れています。 9...

お読みいただきありがとうございました。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
今日は当番で、小学生の下校時に横断歩道に立ちました。信号を待っていると、ある一年生の子どもたちが#鬼滅の刃 の話をしていました。面識のない子たちでしたが、思わず「面白いよね〜」とか「映画観に行ったよ〜」とか言っちゃいました😆笑
今月初めに、生まれて初めて砥石で研いだ包丁。今もすごく切れ味がいいです。これまでは簡易的なものでやっていましたが、やっぱり一時的なものなのだと改めて感じています(使った直後は切れ味が戻るのですが)。夫の実家の使っていない砥石を借りている(たぶんもらってもよい)のですが、だいぶ年季が入っていて台も平らではないため😆(それでも研ぐ前と後では大違い!)新しく砥石を購入しようかなぁと検討中。平らな砥石で研いだらどんな感じなのだろう〜とワクワクします。最近お金を使うのは専ら料理関係です。
お風呂から上がったら、子どもたち三人寝ていました。今も一緒に寝ることは多いのですが、今日は晩ご飯が遅くなりバタついたため、「三人で寝ててね」と。  子どもたちだけで寝れるなんて!前は、夢のまた夢、だったのになぁ。今も蹴られて朝まで爆睡、はほぼありませんが、いつかそれも懐かしく思う日が来るのでしょうか。
#年中の次男 、週末に靴を買い、嬉しそうに幼稚園へ履いていっています☺️子どもたちの靴は、大抵、家から近く(歩いて行ける距離ではないですが)の靴屋さんで買っています。よくみてくださり、専門的なアドバイスももらえ、安心して買い物できます。
#障子の張り替え をしました(数カ所穴があいていたため)。3月末に転勤があるかもしれず、もし転勤になれば約二週間で引っ越しとなり、障子を張り替える余裕はないなと…。社宅の人から「YouTubeがすごく参考になる」と聞いたので、見てみると本当に!難しそうと思っていましたが、やってみると意外にも簡単にできました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です