反省と学び(自分を大切に)

子どもを生んだら、自分の人生は犠牲にしないといけないの?

一昨日、大学の後輩と会ってきました。

半年程前、偶然道の駅で会ったのです!

およそ10年ぶりでした。

子どもを産んでからは一度も会っておらず、その後輩も一児の母になっていました。(久しぶりすぎてびっくりしましたが、当時はかなり濃い時間を共にし、すぐに話が盛り上がりました!)

改めてまたランチにでもいこう!と再び会ってきました。(次男は週2の教室のため私一人で)

話題は専ら子育てのこと。いろいろ悩んでいることを話してくれました。

そして、自分のお母さんから「子どもを産んだら自分の人生は犠牲にしなさい」と言われたと教えてくれました。

今日は、そのことについて、私の想いを書いてみたいと思います。
※彼女にはブログのことを伝え、この話をしてもいいことを了承済みです。


自分を犠牲にした、その先にあるもの。

自分を犠牲にして我慢ばかりしていると、夫や子ども、周りに対して、こんなふうに思いませんか?

  • 私はこんなに我慢しているのに、ズルイ…
  • 私はやりたいことができないのに、どうしてそんなに楽しそうなの?

そんなふうに思ってしまう自分もまた、嫌になります。

以前紹介した『幸せになる勇気』に、こんな記述がありました。

大切なのは、ここからです。不幸を抱えた人間による救済は、自己満足を脱することがなく、誰ひとりとして幸せにしません。

すごい表現ですが(笑)そうかもしれません・・・

自分が幸せでない状態で、人の幸せを心から喜ぶなんて、きっとできないでしょう。
少なくとも私には無理です。
だからこそ私は、自分を大切にして、心を満たしていたい!

親が子どものために我慢ばかりして、子どもは幸せ?

親が自分を犠牲にして我慢している姿を見て、子どもは嬉しいでしょうか?

「自分はいいからあなたは幸せになって」という親の姿を見て、子どもは幸せを感じるでしょうか?

私が子どもなら、そんな姿を見たら心から楽しめないし、何だか幸せになってはいけないような気がします。

子どものためにと思った行為が、逆に子どもを傷付けてしまいます。
私も幸せ、あなたも幸せ。やっぱりこれがいいです。

長女が生まれたとき。熊本の産院で。
少し体温が低いとのことで、帽子をかぶっていました^^

「犠牲」ではなく、自分自身が「変化」していく。

確かに子どもがいると、制限されることはあります。子どもがいないときと全く同じようにはいかないでしょう。・働き方

  • 人との付き合い方
  • 自分自身の楽しみ…

これらは、子どもを生んで大きく変わりました。

特に、子どもを産んですぐは突然のことに戸惑いましたが、今振り返ると(今の状況を受け入れるのに5年近くかかりましたが…)それらの変化は「子どもとの暮らし(新たな幸せ)」を優先していくため、ごく自然なことだったのだと感じています。

彼女に、私も以前苦しい思いをしたことを話すと

「先輩、ほんと大学の時は何でもしっかりやるって感じでした~」と当時の印象を話してくれました。
うん、自分でもそう思う(笑)

自分のことだけ考えればよかったときはそれでもよかったのです。

しかし、子どもが生まれ、そういかなくなったとき支障が出ました。

でもそれも
「もっとラクに生きていいんだよ」
「もっと自分の心の声を聞いて」
「もっと手を抜いて」
そんなメッセージだったのだと思っています。

今は、

  • 大変なら大変でやり方を変える
  • 自分にとって大切なことを見極める。
  • 不要なモノ・コト・思考を手放す。

そんな大切なことを学びました。
これからも、変化を恐れず、柔軟に対応していきたい!


おわりに

このブログで、自分を満たすことがいかに大切か伝えている私にとって、

『子育て=自分を犠牲にすることではない』ということははっきり言えます。実際その後輩にもそう伝えました。
腹を割って本音で話せる相手です。
何もその話ばかりしたわけではありません(笑)楽しい時間を過ごしました♪

でも、私がそうだったように、「こうじゃなきゃ」にとらわれてしまうのもよく分かるし、親から言われてきた言葉を当たり前のように信じてしまう気持ちも分かります。

でも、今ならこう思います。

私たちが今「こうしなきゃ」と思っていること、当然だと感じていることは、生まれてこれまでに少しずつ身に着けてきた習慣。

もしも自分がそのために苦しんだり辛い思いをしているのならば、 “今ここから”それを手放し、自分にとって楽しい、心地よい考え方・行動を取り入れていったらよいと。

そう、人は変われる、いつからでも変われる!

後輩との話は、改めて私に”子育て”と”自分の幸せ”について考えさせてくれました。

暮らしの中にワクワクを!最近のわが家の楽しみ♪一つ楽しいことをしたら次は我慢しなきゃ… そんなふうに思っていませんか? 私はずっとそうでした。 でも、たくさんの本を...

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
日々のこと、想い。
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
Instagram post 2196216631747526827_22440816252 昨日昼間の写真です。冬は寒いですが、太陽の位置が低いため部屋に光がたくさん差し込みます。夏は逆に太陽の位置が高く、あまり光は入ってきません。自然ってすごいです。
Instagram post 2194773814525500282_22440816252 今朝の朝食の時に長男に撮って!と言われた写真。年長の長男、先週、幼稚園バスから降りてくるなり「今日幼稚園で泣いた」と言った日がありました。理由を聞くと、お遊戯会のリハーサルの際踊りの立ち位置を間違い、後でクラスの男の子から「〇〇くんのせいで…」と言われたそうです。家に帰ってからもその話をしていると、小二の娘が弟(長男)へ「そりゃーいやだね!「△△くんも間違うことあるでしょ!失敗は成功のもと」って言ってやれー!」とアドバイスしてました。子どもはいろんな経験の中で揉まれながら、少しずつ成長していくんですね。
Instagram post 2193410916695820251_22440816252 3歳の次男、月火と風邪で幼稚園をお休みしましたがもう元気になりました。昨日、幼稚園の先生からお電話がありました。お遊戯会のリハーサル&写真撮影の際、ママがいい!と泣いて、目が赤いまま写ってますと。息子によく話を聞いてみると、お手伝いのお母さんたちが着替えを手伝ってくれている中、私がいなかった(私は運動会の委員で運動会のお手伝い担当だった)ため、泣いたそうです(何で他のお母さんたちがいる中自分のママはいないのかと)。まだ状況を上手くつかめず、ママがいいと泣いてくれる次男、誰かに必要とされることは本当に嬉しいことです。いつまで泣いてくれるのでしょうか。
Instagram post 2191807476085470184_22440816252 朝、息子二人を幼稚園バスに送る際、社宅にビニール袋が落ちていました。来週社宅の掃除があるので、見て見ぬ振りをしようと思ったのですが…。年長の長男に「風でとんで海に落ちたら魚が苦しむからとっといて(送った後に拾っておいて)」と言われたので拾って家に持ち帰りました。息子に戒められました。
Instagram post 2191141594522780359_22440816252 昨日テレビに出演された栗原はるみさん。大学の頃から大好きです。(一言一句聞き逃してなるものか!と、風邪でお休みしていた次男にはスマホを持たせていました)いつ見ても、凛とした美しさ、可愛さ、芯の強さを感じます。とてもよい刺激をもらいました。これまではるみさんからは、「ちょっとした心がけ・工夫で、毎日はとても楽しいものになる」そんなことを教わった気がします。
Instagram post 2191133362353985781_22440816252 二日間幼稚園をお休みしていた次男、熱も下がり、今日から登園しました。久しぶりに部屋をリセットでき、ホッと一息。改めて一人時間の大切さを再確認しました。といっても今日は、生協の配達、娘の持久走大会、幼稚園へのお迎え(いつもはバスですが念のため)…ゆっくりはできません。でも、やることがあるって幸せなことだなぁと、ふと感じました。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    なださんありがとうございます(T_T)
    最近、
    伝えたい想いはあるのにそれを上手く言葉にできない…
    と思っていて。
    そんなところにこのコメント、とても嬉しかったです!!
    本当にありがとうございます(T-T)
    インスタ、そのような想いで始められたのですね!素敵です☆
    いいねは、楽しくやっています♪( ´▽`)☆
    二人のうちの一人にさせていただき光栄です!
    ブログを通じて出会えたご縁、これからもどうぞよろしくお願いします^^
    大変なこともたくさんですが(笑)その中でも楽しみを見つけていきたいですね☆

  2. なだ より:

    いつも、いいねありがとうございます(笑)
    私、勢いでインスタグラム始めたけど、
    誰かに見せたくてというか、
    育児をミモザさんのように楽しみたくて、
    始めたので、二人しか友達いないから、
    気を遣わせてたらすみません!(^_^;)
    脱線しましたが…
    私も専業主婦だった母に、
    子どもを一番にと言われていて、
    当たり前のように受け入れていましたが、
    その言葉通りにしていたときは、
    楽しいことを楽しめなくて苦しかったです。
    罪悪感みたいなものがあって…
    そして、
    不満をためてしまい、
    心から家族を大切に出来ていなかったような
    気がします。
    今は、母に言われても、
    (子どもたちも大事。
    でも私はまず自分を一番だいじにして、
    余裕持って育児をするんだ!)
    と思えるようになりました。
    もっともっとミモザさんの言葉が、
    他のママたちにも届いて、
    みんなが楽しい毎日になるといいなと思います♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です