経験から学んだよりよい生き方

「感じいい人」では満たされない…。あと一つ、私に足りなかったもの

昨日、こんな記事を書きました。

「あの人感じいいよね!」という人の共通点。「あの人感じいいよね!」 そんな人がみなさんの周りにもいませんか? 私は最近、その人たちにはある共通点があることに気づき...

私自身、

  • 自分から元気に挨拶をする。
  • 困っている人を見かけたら助ける。
  • 社宅でも「子どもみとくよ!」と快く引き受ける。

人からみて、感じがいいかどうかは分かりませんが、感じが悪い、ということはなかったと思います(笑)

でも、満たされなかった…。

自分が心から好きになれなかった…。

それはどうしてかというと、あと一つ、私に足りないものがあったからです。

今となればそれが何だったのかきちんと分かるのですが、私はそれがよく分からないまま、これまでの人生を歩んできたように思います。

でも、それが分かるようになった今、ありのままの自分を受け入れることができ、‟私はこれでいいんだ~”という穏やかな気持ちで毎日を過ごせるようになりました。

そのあと一つが何だったのか、書いてみたいと思います。

社宅の庭?草むら?
11月に草刈がありますが、今はこんな状態(笑)
子どもにはとても楽しい場所♪
いつも8人くらいで遊んでいます。
一年前は何だか毎日に満足せず、今この瞬間を思いっきり楽しめなかった。
でも今は違う!


自分の心の声が聞こえないふりをしていた。

少し前まで私はこんな感じでした。

〇子育てで辛いのに「助けて!」「きついよ!」と言えない。
私は怒りとしてその感情を出していたように思います。本当は悲しかったのに。

〇好きな服があっても、高いからという理由で、安い他の服を買う。
その結果大量の服を断捨離することに。

〇人には「子どもみとくよ!」と言えるのに、「自分の子どもをみてて!」とはなかなか言えない。
何か悪いような気がして…

〇外でレストランやカフェにいっても値段を気にする自分がいる。
他の無駄な買い物からするとわずかな金額なのに。

 

周りの目、値段、「こうしなきゃ!」

そんな考えにあまりにとらわれ過ぎて、自分の本当の心の声を聞かずに生きてきました。

つまり、私にあと一つ足りなかったものって…

私に足りなかったものとは、そう、

『自分を大切にすること』

辛いときはきついよ、という。
本当に好きなものを買う。
自分はこうしたい!とはっきり言う。
嫌なら断る。
他人に頼る。


これらは全て自分を大切にすることに繋がっています。

遠慮する。
我慢する。
周りの目を気にする。

これらを必要以上にやっていた私は、自分を大切にできていなかったのです。


どうして自分を大切にできなかったのか?

ではどうして自分を大切にできなかったかと言えば、ただそのやり方が分からなかっただけ。

自分の母親もまた

・遠慮する。
・我慢する。
・周りの目を気にする

そんな様子が多くありました。

そんな姿を見て育ってくれば、生きていくってそんなものだろうと思ってしまうのです。

一時は「もー!」と思ったこともあります。

でも、母だってそんな風に振舞うことしか知らなかったそれが習慣になっていた

そう考えればまた母にも自分を大切にしてほしいなーと思うわけです。

結局人からどんなに大切にされても、自分が自分を大切にしていなかったら、自分を大切にすることはできません。

気づいた時が始まり!これからに生かす

私は30代になってはじめて‟自分を大切にする”という本当の意味が分かったような気がします。

昨日の、人に与えるということと同じで、『自分を大切にする』ということも決して難しいことではありません。

自分は本当はどうしたいのか?その心の声に蓋をせず、正直になってみる。

たったそれだけのことなのです。

これからの人生の中で、今が一番若い!今気づけて良かった!これから変えていけばいい!


そして、子どもたちへ

私は30代でそのことに気づき、それまでがあまりに長かったため、このようにブログに書くくらい関心があります。

ただ、自分の子どもには、今のうちから自分を大切に生きていってほしい。

そのためには、まずは親がハッピーでいること!

それが何よりの子育てだと私は思っています。

おわりに

ありのままの自分を受け入れ、幸せに穏やかな気持ちで過ごすには、

〇自分のできることを人に与える。

〇自分の心の声を聞いて自分を大切にする。

この2つが必要なんだと感じます。

与えるだけでもダメ分ばかり大切にしてもダメ。

両方必要!

 

あと一つ、私に足りなかった『自分を大切にすること』。

  • 今は夫にも「ちょっと一人になりたい!」と素直にお願いできます。
  • 先日は小学校の用事のために、社宅のママさんに下の子二人を「お願いします!」と頼みました。
  • 買い物に行ったら、まずはモノに注目。(もちろん自分に使いこなせるか最後は値段を確認することは必要ですが。だって大切なお金!)
  • 自分にできそうにないことは断る。
  • ママはこれがしたい!とちゃんと意見を言う。

はじめこそ勇気が必要ですが、やっていくうちにだんだんそれにも慣れてきます。

もちろんお礼を伝えることは忘れずに。
夫とはケンカはしますよ(笑)

自分を大切にできるのは自分しかいない!

何だか満たされなと思ったら、これまでの行動と少しやり方を変えてみる。

そして自分にとって心地よいものに再インストールしていく。

その繰り返しで、人生はいくらでも修正可能です!

お読みいただきありがとうございました。

子育てママがひとり時間を確保するために、一番最初にすべきこと夏休みが始まって一週間。 子どもたちの成長と共に「今年の夏休みは昨年よりもだいぶラク」とは思っていますが、やはりひとり時間がない今...
自分は大切な存在!自分を満たす3つの方法。他人に優しく、子どもに穏やかに、夫に愛情を持って接したい。 本当は誰もがこう望んでいるのではないでしょうか。でもそれがなかなかでき...
私たちは『悩みを生む考え方』を‟どこから”学んだのか?前回、悩みは自分が人に期待したり理想を強く持つことによって生まれるということを書きました。 前回の記事はこちら。 https...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
先日急に夕方に用事が入り、帰ってすぐ食べられるようにと、唯一冷蔵庫にあったお肉、鶏の挽き肉を使って#親子丼 を作りました(わが家の親子丼は、母がそうだったように、にんじんが入っています!)。調理も簡単、子どもにも大好評でした。普段ならば#挽き肉で親子丼 なんて考えませんが、困った、というのは#思わぬアイデア が浮かぶものだと思いました。
#年中の次男 、朝の登園時#つゆくさ を摘み、帰ったら#いろみず をつくるそうです。「家に(つゆくさ)おいとって」と言われました。以前一度だけ#色水作り をやったことがありますが、しっかり覚えているようです。私も子どもの頃にたくさん作った覚えがあります。こういうことも親から子へと繋がっていくんだなぁと思います。
今年、#バルミューダの扇風機 を買いました。高いけれど長く愛せるものがいいと思って。結果すごくよかった!一日中フル稼働で気持ちよい風。そして見た目(デザイン)って大事だなと、改めて感じました。#バルミューダ
ブログへのコメントをきっかけに知った#本田晃一さん の『#人生でもっとも大切なこと 』を読み始めました。読み終えたらブログ記事にしようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です