お金

【無印良品週間の心得】買う前に気を付けておきたい3つのこと。

こんにちはミモザです^^

ただ今、絶賛良品週間中の無印。

一昨日、店舗に行き買い物をしてきました。

そこで買ってきたのはこれ。
定番品 (どれも買い替え、買い足し)
〇携帯用靴磨きシート
〇ポリプロピレン高透明フィルムアルバム・3段
〇ビジネス靴下(主人用)
〇スニーカーインソックス(自分用)
〇オーガニックコットン混ハーフパンツ(長男・次男用)
〇竹箸10膳入
〇竹橋

初購入のもの
〇柄つきスポンジ
〇祝儀袋
〇サーキューレーター(在庫切れのため注文)
と思ったらその日の夜お店から電話があり、取り置き商品のキャンセルが出たとのこと。
(そんなこともあるんだラッキー♪)
大きなサイズと迷いましたが、店員さんに聞いた話を参考にこれに決定。

片付けに目覚めたおよそ2年前は、無印良品週間の情報をゲットすると「待ってました!」と言わんばかりに、毎回たくさんのものを買っていました。

しかし、自分にとって必要なものが分かり、十分揃っていると思っている今はちがいます。

「無印良品週間が始まる!」と聞いても以前のようにピンとこず、全く買わないことだってあります。

大変穏やかな気持ちで良品週間を迎えられているわけです^^

でもそうなるまでには失敗もありました。

今日は、私がそこから学んだ、買い物をする前に気を付けておきたい『無印良品週間の心得3つ』をお話します。


1 無印良品週間が終わっても「定価」ではいつでも買えることを肝に銘じておく

今回の良品週間は6月20日(土)~6月25日(月)(ネットストアは26日(火)午前10時まで)。

例年からすると、この良品週間が終われば次は9月。とても期間が開くことが予想されます。

すると、「今買っておかなきゃ!!」と思うわけです。

でも、ちょっとよく考えてみてください!

10%オフで買うことはできなくても、定価ならいつでも買えるのです。

仮に気になっていた「定価5000円」の商品を、今回10%オフの「4500円」で買ったとします。

どうしようか迷っていたけれど、せっかくだから…。

もしもそれが本当に活用されればいいのですが、「やっぱり必要なかった」ということになると、500円得したどころか、4500円丸々無駄にしてしまったことになります。

“経済を回”すという意味では、お金を遣うことは歓迎すべきことですが、一人の主婦、消費者としてはそうばかりも言ってられません^^;

良品週間を逃しても「いつでも買える!」

そう肝に銘じておくことで、焦って買うことがなくなり、本当に買うべきものが厳選されます。

2 10%オフになってもお店は損することはなく、「むしろ利益」になることを知っておく

人間は、同じ金額であっても、「得」するよりも「損」することに敏感に反応することが分かっています。

「1万円が当たる」という喜びよりも「1万円を失う」というショックの方が大きいのです。

そのため今回の10%オフを逃してしまったらもったいない!という感情が沸いてきます。
「今回500円得してラッキー♪」と思うよりも「今回逃したら500円損する(もったいない)」という感情の方が強くありませんか?

でも、ちょっとまってください!

お店は10%オフにすることで、商品一つあたりの利益は少なくなりますが、総合的にみるとむしろ利益になります。

・普段買わない人たちにも買ってもらえるかもしれない。

・迷っていた商品もこの機会に買ってもらえる。

・一人当たりの購入金額も自然と多くなる。

良品週間の期間は、お店は損するのではなく「むしろ利益になることが多い」。

そういう考えを持っているだけで、自分の中の「損してしまう!」という感情を抑え、冷静に買い物をすることができます。


3 初めて購入するものは、レビューよりも「自分の想像力」を大切にする

魅力的な商品がたくさんある無印良品。

気になっていた商品も「この機会に!」と思う人も多いはず。

ネットなどで検索すると、無印の商品を使った収納やアイデアがたくさん出てきます。

でもちょっとまって!

それ、本当に使いますか?

情報を利用することはよいことですが、それをそのまま鵜呑みにしてしまうと「結局自分には合わなかった」ということになりかねません。

年齢も、生活形態も、家族構成もみんな違う。

最後は、実際に使っているところを自分で想像することが大切です。

・誰が使うのか。
・どんな時に使うのか。
・自分に使いこなせるのか。

今回私が初めて購入したものは、どれも使っているところをしっかりイメージできたもの。

実は、この買い物の2日前にも同じ無印の店舗に行きました。

以前から、夏用の腕カバーに替わる薄手の羽織ものを探していました。

いいなと思えるものがあり、価格は2900円の10%オフ

さらに明日までポイント3倍というではありませんか!
以前の私ならこの時点で確実に買っていたな(笑)

でも、3つの心得を思い出し、とりあえず保留に。

そうすると

〇そんなに使わないかもしれない
〇100%気に入ったものではない

冷静になり、買わないことにしました。

およそ2700円無駄にせずに済みました(ホッ)
すぐ買わなかったという時点で、ある程度答えは見えていたのかもしれません。
でも10%オフという言葉でその判断が鈍ってしまいますね。

おわりに

今日は、無印良品の心得なるものを書きましたが、個人的には大好きで、店員さんも親切、心から応援したいと思うお店です^^

冷静に判断して、自分にとって満足いく買い物ができるといいですね♪
無印週間が終わろうとする今ではなく、もう少し早く書けたらよかったのですが…

でも、もし失敗したなと思ったら、サクッと反省して次に生かせたらいい!

そんな風に考えています。

お読みいただきありがとうございました。

大量の服を捨てて分かった!洋服の選び方6つのポイント!こんにちはミモザです^^ まさか洋服の写真を掲載する日が来るなんて… 私はスタイルがよいわけでもなく、おしゃれが上手でもない...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
広報誌で子ども対象の#生け花教室 を見つけ、「娘は絶対好きだと思う!」と応募しました。写真は先生からアドバイスをもらいながら完成させた#娘の生け花 。案の定楽しかったようで「毎日やりたい!」と言っていました。『#身の回りは楽しいことがいっぱい 』そんな思いをもって大きくなってほしいです。一回で終わりでなく今後も数回あるので楽しみです。
朝7時35分、小学生組が出発。最近はだいたいいつもパジャマが#脱ぎっぱなし ですが、元気に「いってきます!」と言って出ていくだけでいいと思うと「まいっか」と思えます。#小三の長女 は、一年生のときは泣いたり、二年生くらいまで不安定だなぁと思うことがちらほら。今元気なだけでいい、と心から思えるのは、きっとそんな過去があるから。#大変なことも悪いことばかりじゃない ですね。#脱ぎっぱなしのパジャマ #朝の一コマ
用事があり、帰りの幼稚園バスまでの間に#小一の長男 とちょっとそこまで。前から車が来たので私が手を伸ばすと、すかさず長男が「ママ危ない!」と身を挺してくれました笑  あんなに泣いてばかりだったのに。いつの間にか成長してるんですねー。相変わらず#毎日半袖半ズボン です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です